5月 13, 2009
tronmc

ガンダム無双2に飽きる瞬間

結論から言えば今もぼちぼちやって実績解除もしていますが、少し前、「もう飽きた!」と思ったときがありました。
それは、ミッションモードのエクストラミッションにつまづいたとき。

エクストラミッションは、モビルスーツパーツの最上級ランクの解禁条件などに関わる、クリアできると有利なミッション(ただし全ミッション遂行の実績があるので、実績解除には不可避)です。
しかし、基本難易度も高く、任意の難易度選択(イージー、ノーマル、ハードがある)でもハードしか選べません。その体裁に違わず鬼のような仕様でして、まずザコが砲撃の嵐です。もちろん通常よりダメージは大きく、ザコの射撃武装が実弾(バズーカ)系なら吹き飛ばされ、ビーム系なら知らないうちに体力がごっそりもっていかれます。エース機(名前のあるパイロットが搭乗しているもの)も攻撃ダメージが大きく、こちらから仕掛けても受け身をガンガン取られ、一方的な攻撃継続ができません。

つまり、普通「無双」と言われるような一方的に攻撃してザクザク敵を倒していく、ということが普通できません。この作品はチャージ攻撃(いわゆる強攻撃)の後に「ダッシュ」することによって攻撃をつなぐことができ、通常はかなり一方的に攻めることができます。個人的にも賛否の両方を感じるシステムですが、「賛」があることは事実です。それがエクストラミッションではできません。
まずここに一つストレスがあります。

ただし、クリアにとても技量を要するかというとそうでもなくて、機体やパイロットスキルの運用によっては簡単にクリアできます。
例えば、∀ガンダムはコンビネーションSP攻撃で広範囲にダメージが及ぶ「核爆弾の投擲」が行えるのですが、これを全SPゲージ(3本)を消費して放てば、エクストラミッションでもザコを一瞬で葬れる攻撃力になります。
これを頻繁に使えるようスキルやパーツを揃えていきます。単体でコンビネーションSP攻撃を使えるようパイロットスキルに「オーバードライブ」。ゲージ増補助として、機体に「バイオコンピューター」、パイロットスキルに「明鏡止水」。そして、エース機と渡り合うため、撃墜数に応じて攻防能力が上昇するパイロットスキル「エースパイロット」を装備。
これでエース機を敵エリアに誘い込み、核を投げるとエース機がエリア防衛隊長(落とすまでエリアが陥落しない)になり、ザコの出現が途切れなくなります。この状態で核投擲を繰り返し、ザコの撃墜数を挙げて能力上昇をさせつつ、エース機にじわじわダメージを与えます。そのままじわじわ削って撃墜するのもよし、頃合いを見てタイマンに持ち込むのもよし。これで大抵はクリアできます。

ところが、自分が飽きを感じた「少し前」のときの話ですが、これが通用しにくいシチュエーションのミッションが形成されました。というのも、ミッションモードではミッション構成の一部(マップ、ザコ、一部エース機/パイロットの選定、最終勝利条件出現までの過程等)がランダムに形成されるものがほとんどなので、エクストラミッションでは場合によってはゲロムズなものが出てきたりもするのです。
で、エース機を誘導しようとしても遊軍機に浮気する、エリア制圧が進んだ段階でないと倒すべきエース機が出てこない、複数機で合流するエース機が出てくる、等の要素が重なって、自軍エリアで明鏡止水の効果でSPが溜まるのを短くない間待ちつつ、スキルスロット数の関係上全方位ガードができないので複数エース機体の攻撃を回避/ガードできるよう立ち回り、やっと使った核はわずかしか削れず(ジャンプSPの月光蝶はガードされずに相手に当てるのが骨が折れる)…なんてことをやっているうちにプチッ、と何かがキレてしましました(笑)。

結果、後日再チャレンジすると良い具合にランダム形成され、クリアすることはできました。
しかし、エキストラミッションはまだまだ残っています。正直、これからが心配です…。
やっぱり作業ゲーですなぁ…。

Leave a comment

Recent Tweet

category