10月 8, 2012
tronmc

ガンダムAGE キオ編・三世代編の感想 ブレる親父とブレない爺

三世代編からのキオの主張はいまひとつ地に足がついていない印象だったが、主張がどこか空々しいのはアセムも同じで(そこまでたいした主張もなかったが)、両者の戦力を削るという方向性に対し、それに徹していたとは見えず、連邦、もしくは親子びいきにも。
そういう行動も、両者の強大すぎない均衡を保つためのことだったのだろうか?
そういう観点だと、実はAGE-3の鹵獲で、ヴェイガン側にパワーバランスが傾くことを危惧したのかも?なんて想像もできるが、それはそれで、有効利用できなかったヴェイガンはアセムに謝れ、データ渡したキオもアセムに謝れ。

アセムは、アセム編での経験に因らずに行動原理を構築したが、アセム編が生きないというのも、見ている側としては複雑な気持ちだ。
結局アセム編は、伏線と言うのもおこがましいような、壮大なネタふりでしかなかったように見える。
アセムがXラウンダー能力で勝るゼハートに打ち勝つ場面は、人生経験と人間力の差を思わせ、アセム編あってのものだと感じられるが、それ以外何かあったかっていうと、オブライトが家だから、とMSデッキを掃除しているくらいなような。物語としては、そういうことと、世界観くらいしか影響を与えていないように見える。

なんでもかんでもバックボーンを求めるのはよろしくないとは思えども、「人間の感情などとうに捨て」たと言うゼハートに「人が人であるためのエデン」と説くところも、どうしてこの人がこういうことを言っているのか、腑に落ちない感じがあった。

ブレまくりに見えたアセムと対照的に、フリットのブレないことブレないこと。キオ編序盤こそいい爺という映りだったが、次第にエスカレートしたヴェイガンへの敵意を見せる。
子や孫と意見をぶつかり合い、こういう流れであればいつユリンが出るかと楽しみにしていたが、最後までおあずけ。フリットは考えを改め、謎の求心力で両軍をセカンドムーンの救助という方向でまとめ上げてしまった。本当になんだったのだろう、アレは。Xラウンダーの能力を使うならまだしも、言葉だけでああなろうとは。

なんにせよ、この人だけは一貫したキャラクターとして見ることができ、感情移入とまではいかないけれども、違和感なく見ることができたな、と思う。
善悪の判断は難しいけれど、悪役としても筋が通っているのは事実だと思うし…。

Leave a comment

Recent Tweet

category