10月 27, 2011
tronmc

カオスヘッドノア:個別ルート終了雑感(ネタバレ有)

珍しく真面目にゲームしております。(ゲームと呼べるのかはさておき)
だってやりはじめちゃったら気になるんだもの!(ちょっと前の経緯はこちら
個別ルートが終わったので、備忘録チックに感想でも。
ネタバレ有り。

●優愛ルート

共通ルートでは後ろになるほど影が薄かったので気になり、二番目に始めたが、SF的成分に乏しく、事態の解決にはほど遠いバッドエンドで、個別ルートはやっぱりたいしたことないものか?とさらに不安になった。
○が描きたかっただけなんちゃうか、と。
いや、別に事態が解決しなくてもハッピーエンドじゃなくてもいいんだけど、個別ルートなんだから、主人公(タク)とヒロインの関係性を煮詰めて、落とすところに落としてほしいと思う。で、このルートは煮詰め方が悪かった感じ。
起承転結としては悪くないし、つじつまも合うんだけど、どうしてもサードメルトがデウス・エクス・マキナすぎる(二人とも邪心に負けたんだろうけどさ)感じは抜けないし、結末に至るまでの登場人物の感情推移にも同情できなかった。
ただし、ギガロマニアックス、プロジェクト・ノア云々という本筋から外れるルートが存在するという意味では悪くない方向だと思う。

・サードメルト仕事しすぎ

 

●セナルート

ここで個別ルートの印象が変わる。これ、とてもおもしろかった。
露骨にプロジェクト・ノアやギガロマニアックスに関係するキャラなので、ある程度の展開は期待していたけど、予想以上。
尺がけっこうあって、シリアスはもちろん、コミカルもあり、萌えに限らず燃えもあり盛りだくさん。
その上、ラストは不憫なものの、事態も解決するし、言うことなし。壮絶だった。
セナはキツい性格のキャラということもあってか、タクとの感情のぶつかり合い、もたれ合いといった起伏に富んだドラマになっていたところも好印象。

・諏訪ちゃん仕事しすぎ

 

●七海ルート

共通ルートでは最大瞬間風速的なグロさでダントツクラスだったため期待がかかったが、期待してwktkしているうちに終わっていた。
右手を軸とした謎があるため、プレイ中の「これから何が起こるのか!?」というワクワク、ゾクゾク感はハンパなかったのだが、無難な妹萌え話で終わってしまった印象。
謎や期待が外されたこととカブるけど、結局本当の七海と向き合ってないんじゃないのか?という部分が突っかかる。タクが破滅的に力を使いますエンド、という方向としてはいいんだけど、「七海ルート」として適当だったのだろうか。
もっとも、入退院のつじつま等、よく咀嚼できていないカラクリもあるから、この疑問が的を射ているのか(右手側は真性の贋作と言い切れるのか)は自信が無い。
ここでもサードメルトが仕事したが、それでタクが本当にブチ壊れた、と取れる具合で終わっているので、あまりご都合さ、うさんくささは感じない。

・諏訪ちゃん仕事した
・サードメルト仕事した

 

●あやせルート

もう少し京介にデレて欲しかったセナ同様、話のカラクリとなる要素に深く関わりがありながら、その中二な世界観が独特すぎて、フェードアウト気味…と他ではちょっと残念な扱いだったが、個別ではこれぞまさしく個別ルート!という展開に。
邪心、グラジオール(肝心の本の中身は不明だったが…)といった中二事項や、自殺未遂にもきっちり説明をつけ、電波行動の意味はしっかり解消。さらに歌あり、エロあり、とこれまた盛りだくさん。何気に貴重なハッピーエンドくさいのも見逃せない。
たしかにラストの畳みかけは超展開くさいというか、なぜそうなる、という話だが、おおむね省エネの中、あの投擲を連続2枚もCG(しかも1枚は顔すら見えない!)使って描いた心意気に圧倒された。
ハンパない。

 

●梢ルート

このルートのグロは継続的なグロっていうかするめみたいな噛むと味が出るグロだと思うのです。んで、最初っから塩コショウふりまくったような、最大瞬間風速的なグロでは、七海の右手や、9章の犯行ネタバラしの方がよっぽど、と思える。
タクの発言、感情にもう少し動機付けが欲しかった。こずぴぃはあれでもう成立しているキャラだろうから、描きこめるとしたら、タクの方だろう。ただ、やたらふらふらした上でなかなかキレイな末路を辿るので、最初から最後まで目が離せず、おもしろいルートだったと思う。

・諏訪ちゃん仕事しすぎ
・サードメルト仕事した

 

●まとめ、及び梨深ルート再考

…やる順番間違えてたかもしれない。というか、初回、梨深ルートやるときに期待しすぎてたかも。
それでも、後付け感は拭えない。(共通ルートでの)キャラが元来持っている設定、物語に寄り添ったり、掘り下げていくのが個別ルートなんだな、というのがわかったけど、梨深ルートだけは外伝というか、アナザーというか、そんな印象が拭えない。メインヒロインであるがゆえ、大事なところは共通ルートで出してしまっているからなのかな。

しかしながら、そんな煮え切らない話のおかげさんで、放置しまくってたゲームを雪崩の如く進められたワケなので…まぁいっか。個別ルート、概ね満足。五つ星評価だったら四つかな、というくらいで。

 

Leave a comment

Recent Tweet

category