10月 9, 2011
tronmc

カオスヘッドノア:梨深ルート終了雑感

かなりのろのろと進めているカオスヘッドノア。
強制の一周目(ノーマルエンド?)、バッドエンドと来て、次は個別ルート…というところで半年以上かかってるような感じですが、やっとひとつ、梨深ルートが終わりました。

正直な感想としては、短い!物足りない!不完全燃焼!
分岐するまでスキップせず読み直していたということもあってか、苦労に見合う情動がなかったなぁ、と思います。

梨深の過去バラしや、戦闘描写の凄惨さは相変わらず痛々しく、読んでいて苦しいのですが、ノーマルやバッドで見られた、いい意味でコロコロ驚きの展開をしていくような描き込みは鳴りを潜め「すわカオヘ!」という感じは薄かったです。

個別ルートというからには、作風上ラブとはいかなくとも、関係性の描き込みに期待したいところでしたが、多分にご都合主義的で、共通シナリオで描いた部分をちょっとkwskしたくらいに見えました。

一番よくわからないのは、終盤の終盤、妙に全体の雰囲気がポジティブだったこと。
事件は微妙に終わっておらず、キーパーソンの存命も絶望的に見える状況なのに、タクはポジティブだし、ED曲もやたら明るい感じだったのが…ミスリードしてたのかなぁ、と思うほど。
ED後に一芝居あれば二時間ドラマ的な感じで丸く収まろうか、とも思ったのですが、一切ナシ。うーん。

積んでるゲームもそこそこあるし、梨深ルートが終わったら一旦カオヘはやめようと思っていましたが、物足りなくて逆にやめられなくなりました。
もう少し、この世界観の話を読んでいたい。そう思えるのは悪い作品じゃないってことのはずですが…他の個別ルートもこういう感じなのかな…と思うと少し不安感も。

Leave a comment

Recent Tweet

category