4月 14, 2010
tronmc

Xbox360のオンライン修理依頼には気をつけろ!?

最大限の自戒といささかの抗議を込めて……。

Xbox360が土曜夜から故障?(まだ先方から正確な見解がないので「?」の段階)し、オンラインで手続きした後リペアセンターに送付したのだけれど、それについて昨日カスタマーセンターから電話があった。
曰く、送付されてきた本体は受け取ったが、Webのフォームから入力した情報が正しく受け取れなかったので、対応がストップしている、と。

で、何を求めてきたかって、クレジットカード情報
Webフォームでも、クレジットカードの場合修理依頼と同時にカード情報を入力して決済をしなければならないのだけれど(ここについて思うところは後述)、それが行ってないので、とのこと。その場でオペレーターが入力をして修理プロセスを再開させるので教えてくれ、と。
それでやっちまったんです。ちょっと戸惑ったけど、しゃべってしまった。。
Webフォームに入れるものと同じだから、番号はもとより、名義、有効期限、セキュリティコードまで……。

考えてみるとこれはとても危ないこと。
相手の電話番号は0120-220-340。調べてみるとXboxカスタマーサポートのものだ。しかし、それはいい。
盗聴云々とかも言いだしたらきりがない。(SSLも同様だと思う)
問題は、人づてにしてしまったことなのだ。システム云々はともかく、人は安全かどうかわからない。しかも電話ごし。相手がどのようにその情報を扱っているかもわからないのだ。

尋ねてくる方もどうかと思うが、そんなことを言っても先方は情報保護には万全を…だのなんのかんの言って済ますだろう。なんのかんの言っても水掛け論になるだろう。
だからこういうところに対しては自分できちんと考えて、意識していないといけないのだ。ということでものすごーく自戒!

その後よくよく聞いてみたら行っていなかったのは決済情報だけとのこと。症状の記載なんかは伝わっているらしい。さして重要なことではないようだけど(ここについても後述)。なんだかなぁ…。
ちなみに本日、何時間か前にオンラインから現状の進捗を確認したら、本体の受け取り待ちというステータスになっていた。プロセス進行が正常なら、リスク冒してしゃべっても進捗してないのかよ、ということになる。これまたなんだかなぁ…。

そして、後述って書いた部分。
今回はオンラインで修理依頼をしたのだけれど、これはもちろん電話でもできる。ただ、修理費が電話での依頼だと11,235 円、オンラインだと9,240 円と、高くなる。
この1,995円をケチってオンライン依頼にしたのだが、今回はそれ以上の損害リスクが出てしまった形だorz

また、修理と言っても基本的に良品(整備品)交換らしい。そのためか(RRoDを除き)症状はあまり問題にならないようだし、修理費も定額、オマケにクレジットカードの場合前述の通り先に決済処理となる(他には代引きが選択可能。どちらにせよ、本体を送る前に修理額が突きつけられる)。
1万円弱と、あまり安くない値段を症状の判断をする前から突きつけられるのは相当気分が悪いなんだなぁ。
定額だから、電話でもおそらく「修理に出して下さい」って言われるくらいで変わりはないだろう。
外傷については知らないが、分解等していない本体ならば1万円前後でどんな症状でも直してくれる(交換してくれる)という見方もできるが……なんか対応がサポートっぽくないというか、システマチックすぎて信頼性が無いというか。
結局交換になったのか、修理になったのかや、原因症状の記載があるか、等々今後どうなるかによっても評価は変わってくるが、ちょっと印象悪い。幸いまだソニーに世話になる状況になったことはないし、任天堂も同様、ただしここは親切と聞く……ので比較とかはできないけど、サポートが他と比べてイメージを悪くする原因にはしてほしくないものだ。
(ちなみに2年ちょい前かな。RRoDが起きたときは、3年保証が発表された後で料金徴収もなかったし、「マザーボード、アルゴンボードを交換した」旨記載の文書があり、一見普通の修理プロセスを経たように見えて、とくにサポートが悪いとは思わなかったんだけど…)

Leave a comment

Recent Tweet

category