9月 24, 2008
tronmc

待ちに待った元祖の続編!「ロックマン9」

018

ステージを選択したときの、ボスがポーズを取るおなじみの画面で流れる、「♪てれってれ~れ~…」という音楽を聞いて、母が言った。

「聞いたことある音楽が流れてきたねぇ。」
「え?覚えてるの?」
「そりゃぁ、あんたに何回も聞かされたもの。」

私はなんだか、とてもうれしくなった。

 

この日をどれだけ待ちわびたか!
ナンバリングタイトルとしては12年ぶりだろうか?
元祖ロックマンの新作、「ロックマン9 野望の復活!!」が Wiiウェアで配信された。

海外ではXbox360やPS3でも配信されているようだが、日本では今のところWiiのみ。
360とかだと実績がついて嬉しいので、ちょっと残念。

しかし、新作が出たことは本当に嬉しい。

017

ファミコン以後、SFCやPS、SSでも続編が出たが、音と映像は原点回帰のファミコン風味。
ハードの進化に合わせた元祖ロックマンも見たかった(PSPの「ロックマンロックマン」のような感じもアリだと思う)が、これはこれで幼い頃の興奮が蘇る感じがあって Good。

ロックマンのアクションは、3からのスライディング、4からのチャージショットもなくなり、シンプルな1,2の頃のものに戻った。
それもあり難易度は少し高めだが、7から実装されたネジを使ってのアイテム交換が救済手段として残っているので、ゲロムズという域までは行っていない。
トライ&エラーで確実に解決してはいけるゲームになってると言える。

私がファミコンでロックマンを遊んでいたのは小学生の頃だったが、その頃私の家庭では「家庭用ゲームは一年に一本しか買ってはいけない!」と決められていて、毎年暮れに出るロックマンシリーズを親に買ってもらうのが慣例だった。
そこには変わらないテイストがあって、安心して遊べた。他方、新しい舞台があって、興奮もあった。
ロックマン9は、こういう気持ちを再び与えてくれる一本に仕上がっている。
リリースしてくれたカプコンには本当に感謝したいものだ。

Leave a comment

Recent Tweet

category