11月 29, 2009
tronmc

XBLA版オラタン:ツインスティックキタ!

DSCF3197

朝(時間的には昼に近かったが)起きたら足下にありました(爆)。
家族にバレないように受け取りたかったので、発送日をズラして欲しかったんだけど、ホリから来ると案内があった「ヤマト運輸からの発送メール」が来ないのでどうしようもありませんでした。

DSCF3198

まぁうちの家族は箱見て何者かわかるような人たちじゃありませんが、箱は中身バレバレな仕様!
バーチャロンロゴがかっこいいぞ!
開封写真や感想は、以下の続きから。

DSCF3201 DSCF3200

開封。アーケードスティックとかの例に漏れず幼児用テーブルに設置。これしか持ってないんだもん(;´д⊂
コントローラーとしてはなかなかのデカさ。右の写真はDSLiteとの比較です。横幅も広めですが、それ以上に土台がけっこう厚くて驚かされます。

ぶっちゃけツインスティックなんてもう何年も触っていないので、他の物と比べてどうかとかわかりません(爆)。でも、普通に良いスティックだと思います。ハイ。
ターボボタンってこんなにデカくてクリック感無かったっけか?とかは思いますが。

あとは、今日オラタンをプレイしたら更新(タイトルアップデート)があって、届いたツインスティックの説明書によればツインスティックを差した際に操作方法を自動でそれ専用にアサインする…というプチアップデートだったようですが、ゲームプレイ以外の部分ではスティックで操作が完結しないのがちょっと残念。DC版等はメニュー操作なんかをトリガーで決定、ターボでキャンセル、と操作できてわかりやすかったのですが、このスティックはあくまでボタンアサインをして使うもの…という仕様(思想?)だからなのか、そういうことができません。上部に用意してあるキーから操作することになります。すぐ慣れましたが、最初は違和感がありましたね。
また、アーケードの機体選択なんかはトリガーでいけるのですが、カスタマイズロードをすると、VMはトリガーで選択可能→メモリ選択がOS依存のUIなので通常のボタン操作…という遷移になって、仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、なんか腑に落ちないボタン操作が必要になります。

さて、これまでパッドのスタンダードでプレイしてきたのですが、スティックになってまず思ったのは、パッドが1ボタンでしゃがみができるのは便利すぎた!ということ。スライド攻撃が入力によるラグもなくポンポン出せていたのですが、スティックでそれはツラい!
あと、十字キーも便利だったんだな、と思います。後ろダッシュとか、上手くいかんのですよ…。
対してスティックの利点は、とにかくQSが出しやすいこと!パッドでもXBLA版で出てから練習してかなり出せるようになったのですが(DC版のときは出せませんでした)、その比じゃないです。
また、なぜかパッドだとダッシュ近接が非常に出しにくかったのですが、スティックではポンポン出ます。操縦桿が二本で、どっちかを後ろに倒すだけで出せるのはありがたいです。ただし、もう片方が間違って前に入っていて、旋回しながらの発動になっちゃって上手く狙えないことも。
そういうとこも含めて、やっぱり久しぶりなのでまだ慣れないところもあります。高々の金払って買ったんだし、ガシガシ使って慣れていくぞ!(`・ω・´ゞ

2 Comments

  • でっかいのwwww

    でもって おめでとうございます。
    万万がんばってください。

    しかしなかなかすごいダンボールですな。

  • しばらくはこれに慣れるので精一杯でロクに戦えないと思いますが、ここまで来てしまったからには慣れてやってやるしかないよな!

Leave a comment

category