6月 13, 2009
tronmc

XBLA版オラタン:Liveパーク バーチャロンナイトとツインスティック

結局上級者向けタグとフレ登録しましたが、出番はありませんでした!
恥を晒さずに済んだ?
いえ、既に恥は全世界に露呈してますから…。360のオラタンプレイヤー限定ですが。

エスポワールさんのライデンは非常に興味深かったです。
「置き」がスゴかったですね。「置き」といえばレーザーが通常orRTレーザーが想像されますが、ネットレーザーやグランドボムも含めると言えばいいでしょうか?システムによる当てどころはもとより、それらを使って空間的に相手を追い詰めるところが印象的でした。
改めて、バーチャロン(オラタン以降)は自由に動けるシステムなんだということを感じました。

そして、プレオーダーが開始された待望のツインスティックですが、「※レバーユニットは筐体に標準装備されているものとは異なります。」というのが残念です。私は今のところ、プレオーダーはしていません。
スティック品質については、極論を言えば、HORIやセガを信じるかどうか。
そこに尽きると思います。
触ってみて結論を出したいのですが、現実的には触る前に結論を出さないといけません。
心配なところはないわけではありません。まず、レバー形状に違和感を感じないかどうかということがありますが、たぶん感じるでしょうし、たぶん慣れれば使えるでしょう。右レバーが右スティックにアサインされているようですが、レバー部分自体は物理的にデジタルで、カチカチ動かないとおかしいでしょう。ターボボタンの押下感がキモで、それが悪いならいらないと思いますが、確かめようもありません。
こういう部分にはもう半ば開き直っています。反面、パッドの存在が大きいところがあります。パッド操作でパッド操作なりの展開をある程度できているワケで、それが少なくとも11月までは続くワケです。その頃にはオラタンをもうやっていない、ということにはならないと思いますし、そうしたくもありませんが、そこに(アーケードで触ってきたものと違う形状の)ツインスティックをねじ込む意義を明確にできていないところがあります。エスポワールさんのライデンは、そういうところにも幾ばくかの意義の提示をしてくれたのですが…。
70%くらいは買う方向に傾いていますが、最後の決断を下せていないのが現状です。

それはさておき、視聴者に終始したものの、楽しいイベントだったのは事実でした。出演者の方々にもお疲れ様でしたと言いたいです。最後こそエトワイヤーに負けていましたが、西田さんはおもしろかったです。Dr.ワタリのまったりというかテンション低いというか、そこもまたw
終盤「来週」とか「来月」という書き込みが多かった気がしますが、同じく今後もあると嬉しいだろうし、発展もあると妄想してしまうイベントでした。続編希望(いろんな意味で)。

Leave a comment

Recent Tweet

category