4月 7, 2009
tronmc

XBLA版オラタン:Xbox公式側の情報開示と、ゲーマガについて

コラム第6回の通り、Xbox公式にインタビューが掲載されています。
また、XboxLive上から動画を見られる、Inside XboxでのDr.ワタリのインタビュー、商品情報ページも開示

いくつか興味深いところはありました。ゲーマガはおいといて、まずInside Xboxから。

Inside Xboxでは、作成された理由を尋ねられていますが、一つとして、気付いたらできていたという旨の発言がありました。AM2、してやったり!というところなのでしょうか。それはそれでどういう経緯でAM2が動いたのか気になりますね。ユーザーの熱意が伝わった結果だったり、開発陣自体、必要だったりリスペクトすべき存在として捉えている結果であればうれしいです。
また、ネット対戦のラグについてはかなり自信があるようで、「相当大丈夫と言える」と発言がありました。DC版では東京と北海道でやってもキツかったものが、今では日本と米国の間でもラグは問題にならないという旨の言葉もありました。

…ホントか?

DCのときドリマガで散々レイテンシー、レイテンシーと言っていたDr.ワタリがこうまで言う、というのはある意味衝撃的です。…本当に期待してもいいのでしょうか!?
いやまぁ、実際はユーザー側の回線や機器のところ等で、何かしらトラブルはあるんじゃないかと思います。というか、皆無だったら「神」ですよ。しかし、メーカーレベルの検証の上では問題ないと言っているようなものと解釈すれば、それ相応です。そうだとしても、それを言うのも相当勇気が要ることだと思います。なので、期待します!

むしろ今後のことを考えると、少し話しは逸れますが、オラタンのせいでLive側というか、MS側がパンクするくらいになってくれればそれもおもしろいとおもいます(笑)

さて、ゲーマガの話ですが…ここまででも相当長くなったので続きで。ただしこっちについてはあまりネタバレしない程度の抽象的な話にします。

はい、ここからが続きの抽象論です。

016

買いましたよ!ええ、買いましたよ!この見開き2ページのために980円!
付録付きだから立ち読みさえさせてくれませんからね!

今はまだこのDr.ワタリのインタビュー部分だけで、他のページはよく読んでいないのですが、ペラペラッ、と見てみると…なんというか…媚びた雑誌になっちゃいましたね。しかも媚び方が曖昧且つ濃い!ファイナルファンタジー周りのものに大幅にページ割いたかと思えば、あとは萌え萌えしたものばっかりなんですもの。
…こういう体験前にもしたな………伝説の少女Aコレクションブックを手に入れるためだけにコンプティーク買ったときだ………。
ドリマガからの流れとして、なるべくしてこうなったのか。それともセガが熱くないからこうなったのか。とにかくなんというかねぇ…と思うところはあります。

どうでもいい話でしたね。また後日ちゃんと目を通したら書こうと思います。

Xbox公式にインタビューがありますが、もし、もう少し情報を補完したい、深いところを見てみたい、というのであれば、このゲーマガのインタビューを見ることを強烈にオススメします。ワタリ体験のあるチャロナさんなら、一字一句きちんと読んで頂きたい。自分のように「見開き2ページのために980円!」という損しちゃうような懸念があっても、です。なので、残念ですが、ネタバレしない抽象論で書きます。

Dr.ワタリの語りですが、Xbox公式のインタビューだと、それこそDC版オラタンやマーズのときのような「ワタリ感、健在!」という感じですが、ゲーマガのを読むと、オラタン、亙氏の見た目(笑)と同等かそれ以上に、「ワタリ語り」も進化していることが感じられると思います。

その上で個人的な感想を言いますと、まずはPS2版のOMG、買おうかな、というのが一つ(笑)。

次に、「安心」です。写真でも大きいコピーにしてある部分がちょっと見えちゃってますが、そういう部分ですね。カトキハジメさんのことも含みます。もちろんその一言で片付けられないことが書いてありますので、しつこいですがワタリ体験のあるチャロナさんならきちんと読んで欲しいです。

で、やっぱりここに帰結するんですけど、今回のXbox360で配信される「オラトリオ・タングラム ver.5.66」。これの動きが、今後のバーチャロンの動きを左右すると思います。
というかアレです、動かしたくありません?

一ユーザーとして声を大にして言いたい。「みんなで橋頭堡作ろうぜ!」と。

Leave a comment

Recent Tweet

category