7月 8, 2005
tronmc

ショートレビュー:みんな大好き塊魂


発売日の7日の夕方、仙台駅東口のヨドバシカメラをうろいついていたのだが、「みんな大好き塊魂」をレジに持っていく女性のなんと多いこと!
しかもちゃっかり初回特典の王子発光ストラップももらってやんの。俺ももらったけど(でもFOMAには対応してないらしいので使えない)。

塊魂は、単純に動かすことが楽しいゲームだ。アナログスティック2本の操作は小難しくもあるが簡単なようでもある。そんなムズかゆさがたまらないゲームである。
続編である今作では、ありがちなゲーム進行に決定的な影響を及ぼすようなアクション追加(例えばShinobi→Kunoichiで言えば蹴りや小刀みたいなの)もなく、前作で楽しんだ人はとくに苦労なく、そして初めて遊ぶ人も乗り遅れることなく世界に入っていくことができる。

相変わらず王様は憎めないキャラで、彼に振り回される王子も相変わらず小さい。つーかイトコハトコ、デカい。
今回は「ファンの夢を叶える」という大義名分の元に王子が塊を転がす。このあたりは続編の悪さを露骨に出してしまった感もあるが、塊魂は元々悪ノリのゲームなので許せてしまう。
悪ノリと言えば、ステキソングが前作よりも「普通の名曲」になってしまい、ユーモアに欠ける傾向があるのはちょっと残念。

二人プレイの充実も嬉しい。対戦以外にも、協力プレイも実装された。
まぁ正直言うと、普段一人やる作業を左右に分割してプレイする協力プレイはムズかゆさを通り越して疲れる感じもある(つーかそんなことコントローラ一本でも似たようなことはできることに今更気付いてしまうのが情けない)ので、メニュー画面で□ボタンダッシュでキャラ(王子やイトコハトコ)をぶつけ合い、はね飛ばし合う方が断然楽しかったりする(至極無意味な行為ではある)

ステージ数が増えた余裕からなのか、序盤からでもけっこう大きな塊を作ることができるようになったのだが、そこで気付いたのが、このゲームはありえなさが一つのウリだということ。民家の中といい路上といい、ムダに物が多い。ありえないものばかり、ありえない形で散乱している。
そして塊が大きくなると、さらなる真実が見えてくる。動物や人間、公共物まで平気で巻き込めるようになる。そうして大きなものを巻き込めることは快感なのだが、そこにあるのは一種の「アンモラル」である。流行の洋ゲーのように直接的ではないが、ちょっとしたブラックユーモア、という感じのアンモラルである。それはこのゲーム全体の世界観が一気に凝縮し、且つ最も確かな形で表出する瞬間でもあるのだが、こういうカタルシス、アブナイ?それとも、ゲームならでは?
是非プレイしているユーザーの声が聞きたいところである。

GAMEwatchレビュー
ITmediaレビュー

Leave a comment

Recent Tweet

category