6月 9, 2005
tronmc

インプレ:ファンタシースタージェネレーション1(SEGA AGES2500)

可もなく不可もない普通のRPGになってる感じ。
しかし、最近の凝ったRPGばかりやっているユーザーにはその点が不可なポイントになるんだろうなぁ。
普段あまり文系ゲームをやらない自分には結構楽しめてオリマス。
上記のファンタジーゾーンと違って、こっちは全てにおいてレスポンスも良好。エフェクトや演出がスゴイワケでもないので、PS2じゃなくていんじゃ・・・と思うこともあったけど、レスポンスの良さを感じるとPS2で納得。PSじゃこうはいかない(ハズ)。
あ、一つだけ挙げれば、3Dダンジョンの左右方向の対応がちょいヘンです。

戦闘周りの難易度も難しすぎず、簡単すぎず、いい感じ。
ただし、初めての戦闘は結構コワい。
街にいる人が「赤い文字の敵には気をつけろ」とアドバイスしてくれます。パーティのレベルに見合わなく強い敵が赤文字になるんですが、最初の最初は全ての敵が赤文字。ゲームはじめて、最初のイベントが済んで、「さ?戦ってレベル上げるぞ?!」なんてもってのほか。アリサ一人ではゲームオーバーの確立大
結局自分はアリサ、ミャウ、タイロンが揃うまで無戦闘(笑)。エンカウントしてもひたすら逃げ。でも、一度レベルが上がればそこからは前述の難易度バランス(ストーリーに沿った場合ネ・・・)で結構よく戦える。こうなるとレベル上げも燃えマス。ケーキ屋が奥深くに眠る洞窟にひたすら血をまいていたのはワタシデス。メアリーさんごめんなさい。お兄様は生臭くなるでせう。

イベントではアニメ調だが動かない絵が挿入されるのだが、
アルバムモードはないんデスカ?と。
絵はセガガガと比べると・・・
個人的にはセガガガのほが好みかなw
タイロン、ルツは絶対セガガガverの方が良いね。男らしくて。
でも、アリサとミャウは・・・僅差でセガガガ。
とくにアリサはのぉ・・・( ´Д`)y-~~
今作はアクのないデザインだがイベントでの崩れがちょっとイヤ。
セガガガのアリサもベストとは言えんからのぉ・・・とくに秘書時は。

とにかく、今回のラインナップの中ではイチオシの一本。
なんだかんだ言ってるけどかなりハマっております。

Leave a comment

Recent Tweet

category