3月 4, 2011
tronmc

ニンテンドー”らしくない!”3DS(3DSファーストインプレッション)

RIMG0561

考えてみると、今持っているLiteを買ったのは何年前だったか。出てあまり経ってない品薄の頃、たまたま居合わせた家電量販店で販売のお知らせがあったので、即座に列に入って購入したのは覚えている。
考えたらなんだか遠い昔のような気がして、無線LANもWEPなのでつないでないし、そろそろ換えどき?ということで本体のみ購入でございます。

昨年母にDSiLLを贈ったのだけれど、そのときは電源スイッチのボタン化、ボリュームボタンのデジタル化になんだか違うハードのようだ、と驚いたけれど、今回の3DSはまた違った驚きがあった。

なんだか、任天堂の携帯ゲーム機らしくないんだ!
何がっていうと、大きく二つ。

一つは画面、グラフィック周り。
3D表示については、思ったよりも自然に、且つキレイに見られると感じた。
この裸眼3D表示なのだが、先んじてドコモのLYNX 3D、ソフトバンクのガラパゴス003SH等実装されたスマートフォンが出ていて、それはお世辞にもキレイなものではなかった。LYNX 3Dのは寄り目が必要なような感覚があって、見ていて酔いそうなものだった。003SH(現在出ている005SHも同じだが)はそれよりは見られる3Dだが、解像度は良くなかった。2D表示にすると非常にキレイな画面が体感できたので、本当に残念極まりなかったものだ。
それが3DSときたら、きちんと見られる絵ヅラ、解像度で裸眼3Dを実現している!テクノロジでこんな時代の最先端みたいなことをするのはなんだか任天堂らしくない!

もう一つは、音。
代を重ねるごとにもちろん改善はされているものの、任天堂の携帯ゲーム機というと、音質や音色が2世代くらい前じゃないのか、というのが定番の感覚があった。ゲームは十分なクオリティでも、音が残念。移植ものだったりすると、そういうところが露骨が出ていた。
DSなんかはちょうどPSPという対抗馬が出てきて、グラフィックはもちろんだが、音についてもわかりやすく水を空けられていた。
…が、3DSは内蔵スピーカーの音も良く、内蔵ソフトで体感した限りだが、使っている音も悪くない。PSPにひけをとらない…いや、内蔵スピーカーならこちらの方がいいかもしれない。とにかく、こんなところも任天堂らしくない!

ここまでらしくないんだったら、ぜひともらしくないゲームもですね…。
まだ専用ソフトを買ってません。ローンチのはちょっちょ押しが弱いですかね。。何かおもしろいの、ないかなぁ…。

Leave a comment

Recent Tweet

category