4月 12, 2009
tronmc

RPGは携帯機で良いかどうか

日々是遊戯:いっそJRPGは全部ポータブル化すべき? 海外ユーザーから大胆な提言 – ITmedia +D Games:

ううむ、本質を突いているなぁ、という部分もあり、ピーキーかな、という面もあり…。

リアルタイム制を求めない作りで、やりくりとストーリーが本質なんじゃない、だったら据え置きじゃなくていい、という面では大いに同意する。あまりRPGが好きではない人間からしても、そういう静的なゲームで「テレビの前に拘束」されるのも歓迎しない。
PS2のSEGA AGESでファンタシースターが出る度、PSPだったらなぁ…と何度も思ったよ。

ただ、RPGの本質ではないだろうけど、容量やハードスペックに頼っている面もあるんだよなぁ。
とくに「イベントシーン」「ムービー」と呼ばれるものだけれど。
前者はリアルタイムCGで進行するところで、ハードスペックに因るところが大きい。それが同じように戦闘やフィールドの画面で使われるリッチ感は、否定しない。
後者のムービーは、それこそ容量。あとはコーデック(?)。「容量さえあれば別に据え置きでなくてもいい」部分である一方で、「ムービー」って言葉が示す通り映画的なんだから、それはいい画質、いい音質で楽しみたいものだ。

でも、一つだけ。DSで3GRPGだけは勘弁してくれ。
もうあのCG描画能力は見られたもんじゃない。

Leave a comment

Recent Tweet

category