2月 5, 2006
tronmc

PSPとアンプ(ドルビープロロジックII)

ITmedia +D Games:簡単接続・低価格――ヘッドフォンで簡単サラウンド

驚いたのは、PSPのモンスターハンターポータブルがプロロジックIIに対応しているという事実。

この記事だとヘッドホンシステムで紹介してるから騙されてしまいそうなものの、要は携帯ゲーム機のPSPをやるのにわざわざアンプに繋ぐことで立体音響が味わえます、ということだ。
(たしかにSCEのエライ誰かさんは、PSPを「家での使用を想定してる」と言ってたけど)

なんか滑稽。でもおもしろい。まとめると、バカゲーって感じか。
ソフトがバカゲーなんじゃなくて、ゲームプレイのスタイルがバカゲーってか。そういう意味では嫌いじゃないw

実際自分もルミネスやってるときにAVアンプに繋ごうかちょっと迷ったんだよね。結局ケーブル買わなくてやってないけど。

PSPといい、ルミネスといい、任天堂系の携帯ハードとは音質もソースも比べものにならない高レベルだったので…。

PSPがDSほど売れてないのは、ソフトの面から見ればもっともだと思う。自分も一昨年以降全くソフト買ってないし。
でもやっぱり、Xbox360もそうなんだけど「高クオリティ」が大衆に浸透しないのは残念。

 

そもそもクオリティ自体がニッチなんだろうな。
高クオリティに慣れれば慣れるほど追究してしまう。金がかかる。
「美人は三日で飽きる」という感じか。

もちろん中身や実用性は先に立たなければならないけど、だからって高クオリティの感動がオミットされちゃうのは悲しい。

だいたい売れるモノはパブとかサービスとかの側面が主で、必ずしも技術、品質、実用性が高いとは言えなかったりする。
けど、技術に傾倒する開発者はそういうレベルが高い「良いものを作れば売れる」と思い込むらしい。

自分の考え方は、どちらかと言えば後者なんだろうな。

 

Leave a comment

Recent Tweet

category