9月 4, 2013
tronmc

映画:劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない

俺妹めだってましたなー。しかし今回はもったいないことをした!

自分はこれを100%楽しめてないな、テレビのを全部見ていたらもっと楽しめたな、というのが見ている最中にひしひしと感じれた。
TV版は5話まで視聴。再放送にあわせて見始めたのだけれど、公開までに最後まで行かないようだったし、総集編的な部分もあるということで、まぁいいだろう…と考えていたのだが、甘かった!

なんとなく雰囲気はわかるから、クリティカルな問題ではないんだけれど、回想として描かれるシーンの順序が直感的にわかりづらいのが本当にもったいない。
とくに成仏周辺、お別れ会前後の流れは、けっこうぶつ切りで入ってくるので、頭のなかで整理しなきゃなくて集中しきれず。
全体的に時系列より伏線のつながりを追うことを優先した総集編っぷりで、これは見ていればより生きるタイプに思えた。

また、5話まで見たという視点だと、じんたんがひきこもりだったということは、もっと強く表すべきではないかと思った。アルバイトをしている場面が割りと平然と出てくるが、それが彼にとってはすごく異常なことだと描ければ、めんまへの気持ちというのもより伝わるし、それくらい気持ちがあれば、成仏に戸惑うような部分も説得力が出てくるのでは。花火のためなんだろうけど、そこもわかりにくかったかな。

青春モノ等などけっこう涙ボロボロしてしまうものが多い自分としては、「ここ、なんか泣けそうなんだけど、でも…」という部分が多かった。グッと来る部分もほとんどは「○○だから泣ける」というような、どこから来た気持ちで、どこへ行く気持ちなのかがわからなくて。
ああ、これは感情移入ではなくて、同情なんだな……と空虚に思えたり。

だからこそ、しっかり物事や登場人物の気持ちの流れを細かく追うことで、感情移入に変わるのだろう、感動できるのだろう、という期待ができる。そういうところがもったいな、と思う次第。
よし、しっかりテレビの再放送を見るぞ!という気持ちになっているのだが、これは映画としてありやなしや。ううむ。

とにもかくにも、作品のこと、お話のことを知るための総集編ではなくて、懐古すること自体が物語で、そのために総集編という体を取ったような作りだから、見てないのもったいなかったわ。うん。

Leave a comment

Recent Tweet

category