7月 5, 2012
tronmc

続編キャストがっつり変更こそ、テレ朝ドラマかな

最近釘宮理恵のミニアルバムばかり聞いており、新種の釘宮病の気配をひしひしと感じている次第。

今日から今年の京都地検の女(8シリーズ)、がスタート。
継続出演してほしいな、と思っていた大塚千弘はやっぱり交代。ま、木8なんてそんなもんだとは思いつつも、やっぱり残念。後釜はゴーオンブルーの片岡信和。他の人が煙たがるおばさんにホイホイ捜査情報を渡したりしちゃうんだろう。
長期レギュラーだった渡辺いっけいがいなくなり、大杉漣がレギュラーに!なんて方が一大事なんでしょうけど。とにかく、鶴丸検事の動きにも変化がついていくだろう。
前枠の新おみやさんは京野ことみに変わってとても良い雰囲気だったけど、こちらはいかに。

また、来週から始まる「遺留捜査」。水9から木9に移動だけれど、主人公の糸村が左遷で、キャストは総とっかえみたい。これまた前作の小田くん(貫地谷しほり)のさらなるデレに期待していただけに、ある種の身悶えすら感じる!

新9係その2は無事だったけれど、相棒も今度は成宮寛貴と、今年のテレ朝ドラマは何かとキャスト変更ばかりの印象。

キャスト変更といえば、終盤で合流があったので少し語弊があるが、昨年末の昼ドラ「花嫁のれん」第二シリーズが印象的だったのを思い出す。
旧キャストがどんどん抜けていくリストラ状態だったが、最初は出して、きちんと抜ける過程を描いていた。リストラエピソードは序盤に連続的に行われたため、当時はあざとさを感じたものだが、今のテレ朝ドラマを見ていると、それはそれで幸せなことだったんだな、と思えるようになった。テレ朝は予告なき変更(笑)が多いので、このような形態でも、ちょっと考慮してくれないものかと思ったりもする。(本当に思ったりする程度で、こんなもんか、と割り切っているのが実情だが)

今期はとりあえず日9、月8、月9はスルーの方向。

Leave a comment

Recent Tweet

category