11月 30, 2011
tronmc

3話:花咲くいろは雑感

いよいよ真打ち「ホビロン」 が登場。
ツッコミを中心になかなかの質量感を持って扱われた「死ね」ともしばらくお別れでしょうか。

●エイジング?

電車と車2台が同じ画面に収まるシーンがあり、ちらもCGによるものだと一発でわかる動きなのだが、なぜか意外とアニメ部分との違和感が少ない。今はCGもここまで馴染むものなのか、と感心。

●わかりやすいギャグ要因

この回でギャグ要因として猛威をふるった豆爺と次郎丸。次郎丸が喜翆荘で働くことになったことで、今後はギャグ要因レースみたいな面も楽しめそう。
といっても、豆爺はリアクション・天然タイプだし、スイとのパイプもあるので、次郎丸が今後どこまで食いついてくるか、という話でしかない…というのも事実ではあるが。

●ちゃっかり?菜子さん

菜子が見せ場を迎える。衣装も相まってその姿はまさしくマーメイドだが…女将さん!そこで「かっぱっぱ」言っちゃうか!救出劇の後の、力が抜けた感じの表情もいとをかし。
また、苦手な理由(しゃべるとき視線をそらさない、声が大きくちょっと怖い)もぶっちゃけつつ、緒花が嫌いでないとの言も。そんな菜子とは対照的に、民子は「全力で嫌」った結果「ホビロン」を見出すに至り、前話で一緒くたに怒りをぶつけられた二人の立場の違いがくっきりする。
物語上見える範囲では、民子は結局ほうれん草を食べた一方、菜子は嫌いな里芋を回避出来たようにみえるが…あの里芋をどうしたかも気になるところ。

●輝きたいんです!

そんなに輝きたいなら宇宙刑事がおススメですぜ。
ある意味エクストリームな状況とはいえ、エロ目で見ているのが露見するのも構わず読ませる次郎丸と、そんなに気にしていない緒花の滑稽なこと!
民子と菜子、及び前話の緒花はけっこう狼狽したリアクションを取っていたが…一度目読んで驚くには値しなくなったのか、それとも緒花は「皐月にそっくり」で潜在的に「性に乱れて」いるのだろうか?
冗談はともかく、緒花の当座の目標が出来上がったのは事実。具体的にどういう方向、方法でそれを達成していこうかとするかが、今後の見所。

●今後のwktk

上記の通り。

●その他

KYなのは母譲りかもしれない。トラブルを収める器量?も母譲りかもしれない(スイの発言より)
考ちゃんは見送りに「行けなかった」のではなく「行かなかった」。



Leave a comment

Recent Tweet

category