7月 26, 2005
tronmc

サザン不信と「ROCK AND ROLL HERO」

最近バイトが変わった都合かめっきり新譜をチェックしない人になってしまった。
そんな中、今更サザンに新譜があったことを知る。
昔はかなりサザン好きだったんだが…。


 

自分も「東京」頃のソロ曲が好き。
この時期のソロは「バラッド3」で完璧に感化された後だったので、通るべき道だった。

「東京」が収録されていたアルバム「ROCK AND ROLL HERO」はものすごくインパクトがあった。

ただ、このソロ時期は典型的な「売れ線」形を作った、功罪両面多い時期でもあると言えるのではないだろうか。
その結果今のつまらないサザンがあるのだから。
「TSUNAMI」に味をしめ、「波乗りジョニー」「白い恋人達」などで掴み、「可愛いミーナ」や桑田名義のベスト「TOP OF THE POPS」に収録の「素敵な未来を見て欲しい」などで大成した路線だ。春先発売が話題となった「彩 ~Aja~」なんかはその最たるもので、買ってしまった自分をどれだけ後悔したことか。

対して「ROCK AND ROLL HERO」は、「真夜中のダンディー」が収録されているアルバム「孤独の太陽」でその鱗片を見せた、風刺と過激さ、そこに潜む黒さを描いた曲の数々が収録されており、その陰陽のあるゆえに説得力の強いアルバムになっている。

「孤独の太陽」のファーストトラックは「漫画ドリーム」、「ROCK AND ROLL HERO」は「HOLD ON(It’s Alright)」となっているが、この2曲などはその世界観を端的に表す最たるもの。
どちらも軽いノリで重みのある時事風刺が描かれ、世間の、桑田自身の、そしてひいては自分自身の時間の流れとそれが映すものを感じることができた。「負」というか「愚」というか、そういうわかりやすいテーマで変わるもの、変わらないものの存在を見られた。

こういった意味で、桑田佳祐のソロ楽曲の数々は、今後も揺らぎ無い「鏡」として存在し続けるのだが…サザンは…サザンは、どうなるのだろう…。

Leave a comment

Recent Tweet

category