Browsing articles in "プラモデル"
10月 1, 2013
tronmc

HGUCユニコーンができたと思ったが。

円卓の騎士も終わって次はどうなるのやらと思っていた、モバゲーのナイトガンダムカードダス戦記が終わってしまうようで、ちょっとさみしさを感じている次第。日課がひとつ減ってしまう。

IMG_1342

HGUCユニコーン。
完成だし一枚撮っておくか、というところで抜けに気付く、わりとよくあるパターン発動。
シールドのサイコフレームのピンを塗ってない!
説明書の完成写真でも塗っていないようだけれど、少なくとも丸はあんまり見た目良くないから塗っておくべきだろうなぁ。

9月 17, 2013
tronmc

芸コマなHGUCヅダ

ネプテューヌとプリズマイリヤをリタイヤ致しました。

IMG_1320

HGUCのヅダをパチ。…無駄にカッコイイ。
こんな機体があればジオンシンパになるというのもわかるというもの。
シールドがレールで動いたり、足の武器を取るためにちょこっと腕が伸びたり…というギミックがあるのも心憎い。

 

RIMG0503

このキット、何がめんどくさいスゴイって、モールドがやたら細かくて細かくて!
とくに腕や足に配されている細いラインは繊細ながらも目をひく。濃い目にスミ入れしたらおもしろいだろうなぁ~!!
深さはないので、そのままではちょっとヤスリを当てればアウト。一応掘りつつやってるけど、難しいところもあって、失敗も少々。
それを埋めたりだとか、あとは合わせ目も目立つので、パテと長いお付き合いをすることになりそう。

8月 11, 2013
tronmc

恐るべしウレタンクリア

ネットでバッファローウイングのレシピを見て、バター&タバスコ多めに作ったら確かにおいしかったんだけれど、本当はどんなもんなのか、外食で味わってみたいところ。
アイリッシュパブにあるみたいだけど、お酒を飲むより、そんな暇あったらやりたいことに時間費やしたい系なので、ランチか何かで喰わせてくださいお願いします。

20130811-012551.jpg

ボデーペンを何度も吹いて厚ぼったい光沢を作るのが面倒になり、一念発起して初めてのウレタンクリア。
何年前に買ったんだ…というロックペイントのウレタンクリアだけれど、問題なく使うことができた。とくに劣化するもんではないのかな。
一発でヌルッとしたテカテカが出るんだから恐ろしい。

RIMG0492

痛車なんか背景、キャラ、タイトルコピーと三枚貼りで4,5回吹いても段差があったのに、ウレタンクリア一発で段差が消えて、デカールの段差消しでの研ぎ出しは不要に。

硬化までは、24時間だと足りず、若干粘りけがある状態。
48時間ではきちんと固まっているようで、手触りは固くスベスベだった。
時間がかかるのでホコリ避けは大変。乾燥機みたいな大きな置き場所用意すべきかな。

あとは、エアブラシは入念に洗浄が必要。
とりあえず今回は一回でも、全部バラしての掃除が必要だった。洗浄はガイアのツールウォッシュでOKだった。
加えて塗装中も徐々に通りが悪くなっていったので、短時間でも弱いながら硬化が始まるのかも。
これはこれで面倒なんだけれど、この光沢が一発で手に入るのはすごい。やみつきになりそう。

エアブラシの調子に注意しながら、今後必要なときはバンバン使って行きたいなぁ。

8月 4, 2013
tronmc

HGデンドロパチ完了

今週はTBSチャンネルで深夜食堂を一気にやるようで、録画をがっつり入れておいた。
一回だけ見たことがあるけど、少しだけしんみりするような情緒のある感じが好きだったので、見られるのが楽しみ。ちゃんと録画できますように。

20130804-233133.jpg

またクリア吹いたりで手が空いていたので、HGデンドロビウムをパチ。
パーツ数は多くないので、ゲート処理をしながらでも二日で完成。
合わせ目はけっこう出るけれど、そんなに難しくはなさそう。接着での位置決めもかなり必要そうだし、やり甲斐ありそう。

とりあえず今は他に仕上げたいものがあるので放置。

8月 1, 2013
tronmc

お研ぎ(出し)バナシ

プライズ桐乃痛車。デカール貼った後、ゆったりクリア吹いてたら一ヶ月くらい経っていた。
雨が多かったから仕方ないような、ゲームする時間が増えてサボってしまったような…。その代わりシュタゲがもうちょいで終わるので、気分はだいぶスッキリ。

RIMG0484

何回かクリアを吹いたものを、1500番くらいで適当にこすると、デカールの段差にだけ光沢が見える状態になる。

RIMG0485

1000番くらいで、段差のあたりをこすっていくと光沢が消える。
貼ったとこにこれをやっていくお仕事なのだが、重ね貼りしている部分などは視覚的にも掴みづらくて難しい。
いつになったら終わるんだべ。

8月 1, 2013
tronmc

カップヌードルは積んでいない

なかなか初回2時間の一話が見られずにいたけれど、「半沢直樹」見たらおもしろいやんけ。諦めて消そうかとも思ってたけれど、残しておいてよかった…。
こういう経験により、「積み」は美化されていくのだ。

 

RIMG0491

ワンフェスで細かめのキットをちょこちょこと買ってきた。
こういうものに魅力を感じてしまう性分だからしょうがない。

ただ、色塗りがエクストリームそうなものがいくつかあり、チャレンジといえば聞こえはいいが、どちらかといえばM・U・B・O・U。そこで取り出しますは……

RIMG0478

いつぞやのカップガンプラ(1/380)と、これも買ってきたHGデンドロ(1/550)。
これで練習をしようと考えた。

こうやって何か引き出しが欲しくなったとき、すぐにキットを出して練習ができるのが、積みプラ人生のいいところかもしれない。

7月 30, 2013
tronmc

ワンフェス2013夏に行ってきた

ワンフェス2013夏に行ってきた。生で模型がたくさん見られて夢のようだった。
どうもこのブログを見ると、前回の目的はほとんどグッスマにあったようだが、今回はそれはほとんど意識しておらず、変心しすぎ芯ブレすぎだろう自分と感じた。

全部のブースをくまなく回ろうとしたけれど、時間が足りない!
もっとネットやガイドブックでリサーチをしておくべきだったなぁ、というのが反省点。
撮ってきた写真を見てみるとホワイトバランスが適切じゃないものが多くて、ここいらをちゃんとしていけばもっと時間がかかるワケだし…などと、また次に行くことがあるかもわからないのにいらん反省ばかりしている。

 

RIMG0346RIMG0397

ボークスのテムジンとチェインバーに乗る巨人くんさんばっかり撮ってた気がする。

RIMG0339RIMG0447

意外に妖精さんが多かった気がする。美少女ものほど難しくないだろうし、もうちょい買えれば良かったなぁ。

6月 19, 2013
tronmc

HGUCズゴック(S):胴体の後ハメを試みる

今週末プレミアムバンダイのROBOT魂Ξガンダムが出るらしい。
顔が悪いだのなんだのブーブーいいながら、やはりΞはすごく好きなのでとても気になって夜も眠れず毎晩夜更かしエクバエクバ五劫の擦り切れごこうと言えば五更さんが出てきた俺妹5巻がさっぱり読み終わらないと思ったらエクバばっかりやってるからか。

RIMG0227

尼でAWASEGAIになってしまったHGUCシャア専用ズゴック。別にシャーさんのじゃなくてもいいのだが、作ってみたくなった。

RIMG0228RIMG0229

大ぶりでパーツが少ないので、一日でゲート処理が終わるカタルシスたるや。
その代わり合わせ目がいっぱいなのでそっちでめいっぱいヤスリジョリジョリできる。

RIMG0235

とりあえず後ハメにすべく胴体内部のパーツをぶった切る。

RIMG0236RIMG0237

骨は斜めに切っただけ。
インテーク等々は半分に切ってダボ受けを切り欠いたり…一応のすりあわせはしたけれど、接着したらその段階でもう一度やる(←忘れそう)。
切ったものは全部上から入れる。(←忘れそう)

RIMG0238

ではくっついてらっしゃいませ。

6月 11, 2013
tronmc

FD3S桐乃Ver. パテ盛りおしまい

父がボディの形状を見て「サバンナ?」と言ったのだが、さてなんでそう書いてないのだろう。
ググったら、このFD-3S型からサバンナって呼ばなくなったんだってさ。68へえ。

RIMG0204RIMG0205

6月8日。白サフを吹く。
結局、薄く感じた後方へはポリパテを盛った。晴れててエアブラシを触りたかったのでなんとなく白サフを吹く。
スが見つかったので、溶きパテ。

RIMG0206RIMG0213

6月9日。溶きパテをならして、再度白サフ。
やっと見る限り平滑になる。撮るのにカメラのオートフォーカスが効かなくなったくらいだから、そうなんだろう。
本塗装前にいくらかならしておく必要もあるかしら、と思い、粗めのコンパウンドで磨く。
……いや、コンパウンドが触りたかっただけです。
ああ、でもヤスリでやりにくいところも楽にやれるから…。

6月 5, 2013
tronmc

桐乃Ver. ポリパテ盛って 三週間

RIMG0203

ゴールデンウィークに中古屋で買ってきたプライズの痛車プラモ。けいおんで有名(?)なヤツのなかま。セガのプライズだけど、ものはどう見てもアオシマ。しかし、なにげに箱説にはなんとも書いてないようだ。
正式名称はなんだろう?「ハイクオリティ痛車ディスプレイモデル マツダ RX-7 FD-3S型 桐乃Ver.」でいいのかな?
普通の痛車プラモと比べてお値段もお手頃で作りも簡素で、ちゃちゃっと組んでじっくりデカール貼りを楽しむのがオツなところ。塗装とデカールくらいなら一週間くらいで作れるかなー、と思って片手間で手をつける。

IMG_1101

…のだが、5月14日、ここ(リアウイング)が肉抜きだとわかり……

RIMG0189RIMG0190

さらに足付けにペーパー当てたらルーフがへこんでいるのも気になり、結局がっつりパテ盛り。ポリパテを盛って、スにラッカーパテを盛って、形状が悪かったのでその後さらにポリパテる。ぜんぜんちゃちゃっとじゃない。

IMG_1132

サフチェックして、5月27日。手で触ると若干肉厚が足りないところがあるな~、などと思い、

IMG_1147

さらに何回かポリパテ。その後一通り溶きパテして、磨いて…6月5日。もう三週間じゃん。ぐだぐだ延び延びさすが自分。

指触り的にはOK……あー、いや、触ってたら今度は後ろの方薄い気がしてきた。まだまだ続く模様。
手を抜く気マンマンのくせにどこにこだわってんだアホか…と思うけれど、まぁ、楽しい。

IMG_1097

ちゃんとしたヤツは一ヶ月どころの話じゃないんだろうなぁ。

ページ:«123456789...28»

Recent Tweet

category