Browsing articles in "プラモデル"
2月 17, 2015
tronmc

HG Gセルフ…失敗!

RIMG0800RIMG0802

HG Gセルフは本体の基本塗装が終わりつつあり。
オプション類もできたらウェザリングをしようかと思っております。
単体だと頼りない印象だけれど、バックパックをつけてスタンドに浮かせるとそんなに悪くなく見えるから不思議。

RIMG0804

そして今回の失敗。
苦労して消した頭の合わせ目がスミ入れでパックリ。
あとは額の曲線の塗り分けも甘い!
青を塗ってからマスキングテープを貼りつけ、ラインに合わせてカッターで余分なところを切ってから白を塗ったのだけれど、うまく切れてなかったということだすなこれは(´・ω・`)
塗り(吹き)方が厚ぼったかった、というのもあるのかも。

残りはライフル、シールド、宇宙用バックパック。
ちょっと上の件でモチベ下がり気味で、なかなか進まない…

pso20140805_000210_000pso20150214_144752_000

…PSO2やってばっかりっていうのもあるけれども。

1月 14, 2015
tronmc

HG Gセルフ ヒザ可動範囲の拡大(2)

2015-01-13 15.08.38

AmazonでアルフのDVDが800円ちょいで、ポチらずにはいられず。
配送が別だったので写真にないけれど、1stシーズンのセット1,2がそれぞれそんな値段で、2つポチポチ。
TV版は久しぶりに見たけれど、あの動きとしゃべりはいつ見てもいいもんです。

RIMG0794

さて、Gセルフ。ヒザは前回で決めた通り一段ズラして伸ばすように進めております。

 

RIMG0796

関節側は、後ハメできるように適当にピンを削って、要らないところは切り離し、コトブキヤのUバーニア(角だったかな?)を貼り付け。
プラ板で囲ったりしなきゃかなー、と思ったけれど、仮合わせをしているうちに、あんまりこだわらなくてもいいと判断。

RIMG0795

足パーツの後ろ側は、フタと接着しろを兼ねて適当にプラ版を積み重ね。

RIMG0797RIMG0798

適当感溢れる加工だけれど、だいぶ隠れてそれなりに見える!
むしろ、たぶん元のより見栄えいいぞ(ホントか?)

ということで、ヒザの可動範囲拡大の取り組みはおしまい。
しかし、合わせ目消し中心にまだまだやることがいっぱい。

・頭→ツノを尖らせる(どの面を攻めりゃいいんだ?)
・胸→側面の合わせ目を消すために違うところで分割
・胴体→合わせ目消し
・足→くるぶしの可動範囲拡大、合わせ目消し
・腰→フロントアーマー可動化の続き
・肩→合わせ目消し(というか側面中央のダクトの隙間をどうにかする)
・足側面の別パーツ→合わせ目消しして後ハメ分割

本体だけでこれよ!しばらくかかりそうだなぁ。

 

 

1月 1, 2015
tronmc

HG Gセルフ ヒザ可動範囲の拡大(1)

ここはまだ要検討レベル。

RIMG0765RIMG0766

ふくらはぎの装甲がネック。関節自体は二軸でめちゃくちゃ曲がる。

RIMG0767RIMG0768

なお、ふとももは全く外装の影響なし。

RIMG0780RIMG0771

こっちはティテールもあるので、肘なんかとは比べ物にならないほど切る削るが難儀なので、同じく関節の位置ズラしで逃げようかと。
通常、このように接続されているものを…

RIMG0770

こうズラす。
前側上下2本、後ろ側1本で接続されているピンを、前側の上にのみ接続。

RIMG0772

ハイ、バッチリ曲がります!

RIMG0776RIMG0773

が、もちろん見た目の影響もだいぶデカい。
最低限、露出するピンのあたりを加工して誤魔化さないと。
ここらへんはけっこうデザイン的にうまいことなってると思ってた部分なので、それを乱す罪悪感も多少。

RIMG0780

でもこんだけ曲げられるんだったらやるしかないじゃない!

2014-10-05 22.07.33

なにせ元々がこれだかんな!
やりたくなくても、やる!(次回予告風)

1月 1, 2015
tronmc

HG Gセルフ 肘可動範囲の拡大

RIMG0749

Gセルフの肘は、通常でこんだけ曲がります。

RIMG0750

上腕、前腕の上の装甲がぶつかっちゃうので曲がらんのです。

RIMG0754

内部の骨の位置をズラして、上記の箇所がぶつからないように曲げると、こんだけ曲がります。

RIMG0755RIMG0756

上腕の装甲です。茶色の線の内側が干渉する部分です。
なので、仮に上腕の装甲を削って対処しようとすると…うーん。すごく骨が折れそう。

RIMG0757RIMG0758

なので、削りません。
上腕の装甲の取り付け位置を上にズラす!
これなら内側のストッパーを適当にプラ版の切れ端でも貼って延長して、接続軸を安定させるために少し伸ばしてやる程度で済む。
露出部分は増えるけれど、これならそこまで違和感ないと思う。たぶん。
好みだろうけれど、露出部の分の装甲の延長はしない方がよさそう。
アレだったら内側に水色のシール貼って「ここにもフォトンの発光が!」とかいうことにすればいいのでは(適当

RIMG0759

本体(上半身)にくっつけるとこうなり…

RIMG0760

こんだけ可動範囲に違いが出る。めでたし!
すごい逃げっぽい方法だけどめでたし!

1月 1, 2015
tronmc

HG Gセルフ フロントアーマー可動化(1)

グリモアミーティングに何か…と思っているくせにGセルフをイジりはじめてしまう罠。
寒くて長い時間塗装作業したくないので、つい切ったり削ったりする方に。

2014-10-05 22.07.332014-10-05 22.07.54

素組み。もうちょっと動いてほしいですねぇ…と思うのは、最近のHGに慣れ過ぎか。
でも、関節に入るパーツ自体はよく動くようになっているのだけれど、外に組み付くパーツが制限している、というところが多いので、「ちょっとイジればなんとかなるんじゃないの」とか安易に思ってしまう構成だったりもするキットです。

ということで、もうちょっと動くように工夫していく方向で作ろうと思います。

2014-10-04 13.02.44

手足は関節が上述の通りなのでなんとなく希望が持てる。
が、絶望的に感じたのが腰のフロントアーマー。跳ね上げるとかっこ悪い。足を上げられない以前に、上げたくなくなる。
しかし形状として正しい付き方だしどうしたものかと思っていたところ…

RIMG0792

こんなものがザンクト・ポルトから降りてきた。
宇宙用バックパックのパケ絵。そう、ハの字に開くように、横にも可動できればいいんだ!

 

RIMG0734RIMG0741

はじめはこういう可動軸を仕込んで、前後及び横への可動を試みたけれど、案外安定して動かせず、断念。

RIMG0742

KPSのランナータグ入れてみたけれど、問題はそういうことじゃなかった。軸が動くのに十分な深さをもたせられない。こういうパーツが豊富なお店も近くにないのでこの方向は断念。

RIMG0743RIMG0744

そして、手持ちにイエサブの非ポリのボールジョイントがあったので、そっちを仕込む方向で考えはじめる。(それの写真を撮ってないというバカ!)
適当にプラ板で箱作って、両面テープで仮止めして様子を見てみる。

2014-12-28 23.19.462014-12-28 23.19.29

様子を見た結果がこちら。
正面から見ると違和感があるけれど、以前の中途半端なのよりは断然満足。
この方向で、今後ゆっくり接着や位置合わせを進めます。

RIMG0745RIMG0746

ついでに余ったプラ版で股の軸受けにフタをしたり。

RIMG0747

前にも。

隙間埋めたり、ここはたっぷり時間がかけられそう。その頃には暖かくなって塗装も苦にならなくなってるかな?

12月 15, 2014
tronmc

MG ダブルオークアンタ 完成!

2014-12-09 12.54.04

意外とすんなり完成。基本マスキング塗装が要る箇所もないし、そりゃそうか…。
デカールも結局左肩に一つ増やしたのみ。枚数はかなり少ないし、こちらもあっさり。

2014-12-04 01.10.472014-12-04 01.11.23

本体を素組と並べてみたところ。
頭部アンテナの位置を調整したらだいぶ顔がキリッと。
くるぶしを延長したんだけれど、誤差の範囲にしか見えないなぁ…w

2014-12-07 02.00.402014-12-07 02.02.02

今回の使用色等。
白はMr. カラーGXのクールホワイトにガイアの純色バイオレット。
黄色はみるきぃぱすてるのグリーンのセットのカスタードイエロー…をどうしたんだっけ。
赤はもはやよくわからず。失敗した下地はたぶんVRピンクあたりで間に合いそう。それをMr.クリアカラーGXのGXディープクリアレッドでコート。
青はバーチャロンカラーの風青まんま。
スミ入れはパープルにとグレーを混ぜたもの、及びブラックを混ぜたもの。
青は半ツヤ。その他はつや消し。

2014-12-07 14.03.08

太もも装甲の延長をいつまでもぐーたらやっていて、結局表面処理してからどんだけ(年単位?)経ってるんだよ!というパーツがたくさんあって、今の処理の仕方と合わないところもあったのが、地味に大変だった。やっぱりすぐ塗りなさいってことじゃね。。
しかしながら、だいぶ構造も思い出したし、落ち着いたらダブルオー系も手をつけたいところ。
それとQBもいつかは…

11月 30, 2014
tronmc

MGクアンタを塗り始める

MGのダブルオークアンタを塗っとります。
バーチャロンカラーで良い色もあるし、ここらで一個作っておくのもいいかな、と。
ブライトロイヤルブルーと迷ったけれど、風青を使用。

image

赤はなかなかイメージ通りの色が作れず。00RとかOYW版RX-78の赤みたいにしたいけれど、どうしてもピンク寄りでカッコ悪い色しか作れなかった。
白は紫寄りにしたけれど、塗り重ねで色が出るタイプで、発色が甘いパーツがチラホラ。要修正。

image

貼れるところはデカールも進行中。
水転写版の買い置きがあることもあり、珍しく指示通りに貼っている。
あんまり多くないってのもあるけれど。
マーキング多いやつはめんどくもあり、見た目にもあんまり好きじゃないから指示通りに貼らないことが多いけれど、このMGクアンタのはちょうどいい!

11月 1, 2014
tronmc

フェイイェンVHと景清[火]

2014-10-17 00.03.132014-09-18 00.32.52

なんと、今年はハセガワのバーチャロンキットを2つも作ってしまった!
ターンXが終わってから、フェイ・イェンVHを作っておりやした。
友人とメールで、PSO2版どうなんだろう、デカールとかデカールとか…なんて話題をしていたら、試したくなりちゃちゃっと作成。
いや、ちゃちゃっとやれるものじゃないはずなんだけれど、自分にしてはちゃちゃっとできてしまった。

ファイナル14版のBH/PHに、昔仮組みだけしてあった無印VHのツインテと武器を使用。ツインテのデカールくらいしかこのキットを使う意味はない。でもPSO2で持ってるのがこの色なので、まずはこの色が作りたかった。
おっ…ソーラクスはキットデフォのサイズ。
頬とニーソの上端は好みで濃い青(ブライトロイヤルブルー)に変更。

RIMG06912014-09-11 21.29.32

それらしいことをしたのは、以前仮組みしたとき、肘がスポスポ抜ける感じがしたので、ここは接着前にマニキュアを仕込んだくらい。
あとはスカートのC面(?)を消してしまったりと、順調に小さなへまをするのはいつも通り(ぉぃ

2014-10-13 01.18.31

けれど、バーチャロンものでは珍しく見た目に大きく響く失敗をしなかった。バイザーがここまでキレイなのも初めて。
水色はバーチャロンカラーのセルリアンブルーを買っていなかったので調色したけれど、あとは概ね基本説明書の指示通りのバーチャロンカラーを使用。
ブライトロイヤルブルーがきれいでぶったまげた。これでオラタンテムジン塗ったら良さそうだし、ガンダム…とくにダブルオー系に合いそう。

2014-10-20 10.19.43

せっかく2体できたので、並べて飾ってみる。
バイザーの色が違うのでチームではないようです(^^;)

意外とすんなりできて、調子に乗ってもっとバーチャロンキットを作ってしまいたい気分だけれど、その他の積みの様子も見ながら…。

9月 23, 2014
tronmc

MGターンX、終了

2014-08-27 02.17.312014-08-27 02.19.27

すったもんだのMGターンXは、8月の末に終了しておりました。

塗り分けを楽しもうという方針で作っていたのだけれど、他に例のないカラーリングやディテールで、自分のいつものガンプラ文法がなかなか通じず、納得して作れなかったのが悔しくもあり、キットに申し訳なくもあり…もっといろいろと作ったり見たりして、引き出しを広げたいものだ。

すごくモヤモヤして辛かったけれど、まぁ今となってはいい思い出…なのかなぁ。

2014-08-27 02.16.052014-08-27 02.16.24

今回はデカール不使用。
イマイチマーキングがついているイメージがなかったから。
付属のデカールも、とくに文字付きのが好きになれなくて、組む前にけっこうゲンナリしたのを覚えている。
でも、うーん…今ならちょっとあのデザインが目指す意味がわかりそうな気がするし、違う気持ちで扱えるかもしれない。(あれ貼るならもうちょっとメカニカルに作りこむのがよさそう)

8月 3, 2014
tronmc

MGターンXのさらにもう一ヶ月

▼迷う▼

7月第4週。
一ヶ月経ってやっと塗装が始まったMGターンX。

2014-07-22 22.49.22

しかし、外装をグラデ塗装しているうちに「こんな色で大丈夫なのか?」と、とても不安に。なので、一旦中断し、先に骨を吹いてもう一度仮組みをし、様子を見ることに。

2014-07-21 15.38.42

モバマスで言うと、アイプロ「みんなのなつやすみ」をやってるあたりの話。

2014-07-23 20.26.172014-07-23 20.26.30

で、組み上げてみて別に変ではないや、と一安心。この段階だとまだ腕を塗装していなかったけれど、あまりにも不安で、持ち手を使って肩も一緒にパシャリ。

2014-07-24 15.43.042014-07-24 15.43.17

安心感からか、ちょうど追加で解禁されたみうさぎ攻略にがっつりアイテムをつぎ込む。

2014-07-25 23.34.022014-07-25 23.34.43

腕のフレームもエアブラシ塗装し、取り急ぎ組み上げ。うん、悪くない!
とくにグラデはウザくないか心配で、場合によっては潰すかとも考えていたけれど、それもしなくて良さそうというので、かなり気が楽になった。
グラデに時間も精神力も使ったので、ムダにするのがなんだか怖かったのだ。

いや、とても怖かったのだ。とても。

 

▼細部塗装開始▼

2014-07-28 00.34.012014-07-28 00.35.24

7月第5週。
外装の発色を直しながら、細部の筆塗りを開始。
このキットは細かいディテールが多いので、グレー系の色をたくさん使って塗り分けて楽しもう、というのを仮組みしたときから考えていた。
まずは小手調べにかかとのフレーム部分。暗くて地味すぎるだろうか?!しかし明るい色で悪目立ちもしてほしくないし…。

2014-07-31 14.27.37

暑い中、楽しみだったのがもう一つ。セブン-イレブンで売っていた、オハヨーのキウイスムージーアイス。これはウマイ!ずっと売ってればいいのにナァ。

2014-07-28 23.59.342014-07-29 00.15.07

肩のクリアパーツから覗く部分に、胸の模様のシールの切れっ端を貼ってみる。
胸のは彫刻と模様で同期が取られているようだけれど、さすがにこれはそうはいかない。悪目立ちしちゃうかしら…?ダメならはがせばいいんだし、貼る。

2014-07-29 00.58.362014-07-29 00.58.59

んー…そこまで目立たない。それはそれで逆に寂しいなどとは思ってないぞ。

2014-07-30 14.44.34

このあたりで「みんなのなつやすみ」も終わり。これ以降モバマスのスクリーンショットがないので、なんかピークだったみたいです。
いやさぁAnzu-chang…

7月おしまい。

 

▼スローペースにもほどがある▼

元気に8月突入。嘘です。

2014-08-03 01.32.202014-08-03 01.32.41

いよいよ何やったときのだかわからない写真が増えてきた。タイムスタンプは8月3日。
溶断破砕マ(略)が塗ってあるようだ。そこ拡大して撮っとけよなアホ。
ここは、最初はスリット(?)の中の装甲の段をもう3色くらい使って塗っていたのだけれど、別の絵画に見えてきたのでリセットし、色を削減。銀と、下地に使ったストーングリーン程度に。

あっ、よく見たら肩アーマーも塗ってある!
ここいらは塗装で左右非対称感を出してはどうかと思い、

そういえば、スミ入れに関して方向転換したのはいつだったか…?
最初はブラックグリーンを使うつもりでいたのだけれど、肩アーマー(モールドびっしり)に流してみたところ、どうにも迫力がない。黙って真っ黒にした方がひきしまるようで、全部黒に。

この時期はあれやそれ以外にもいろいろと細部塗装をしているはずだが、写真がないので詳細が思い出せない。ただ、どこにどの色を塗るか?というルールがはっきりさせられなかった(文法的な問題?)ため、時間をかけてウダウダやっている日々だったのは覚えている。

2014-08-11 00.25.172014-08-11 00.25.35

そういうのに嫌気が差して、一念発起、キャラパス塗装。
8月第3週の出来事である。

2014-08-11 22.41.312014-08-11 22.41.59

バズーカも塗って…擦れて!
アブソーブドカウンターユニットと言うらしい、なんか後ろに伸びるやつをすっかり忘れていた。
ついでに、キャラパスの収納部とも擦れるってのもすっかり忘れていた。
な~んだ、擦れのこと全部頭になかったんじゃんアッハッハ。

2014-08-11 23.33.07

ライフルはオーソドックスにブラックグレーで塗ったけれど、バズーカもそれではなんだかおもしろくない気がしたので、こっちはちょっと冒険。スペリオルウォームグレーとグリッドグレーを使ってみる。

2014-08-16 10.15.072014-08-16 10.14.13

たいしたことしてないのにもう2ヶ月だよ!というところに若干後ろめたさを感じながら、ガンダムワールド2014in仙台を見てきたりもした。
物販が死んでたのが残念だったなぁ。

2014-08-21 00.26.04

もちろん擦れない方がいい。でも擦れないようにがっつり削ってしまうと、それはそれでキャラパスへの収まりが悪くなる。困ったもんだね。
悩むところじゃないのかもしれない、と思いながらなかなか自分で落とし所を決められず、ずるずると。
8月も4週目に入り、もう2ヶ月が経過したことに。
きちんと細部の配色のプランを持てないから時間がかかってしまっているんだなぁ、と反省ばかりしていたのはよく覚えている。
バシッと解決できないモヤモヤ感で時間を使った8月なのでありました。

ページ:«1234567...28»

Recent Tweet

category