Browsing articles in "プラモデル"
12月 1, 2015
tronmc

プレバンガンプラ初購入:MG アルトロンガンダムEW

20151121_150620

少し前ですが、初めてプレバンでガンプラを購入しました。
魂ウェブ商店でフィギュアーツやロボット魂を買ったことはあるのだけれど、ホビーオンラインショップは初めて。
流用のものが多くて割高感はあるとはいえ、最近は無視できない存在になりつつあるような気がします(諦観の意味でも)。

で、アルトロンEWを買ったわけでございます。
シェンロンEWがいまいちしっくりきていなかったので、発表があったときは喜んだんだけど、プレバンと知って相当覚悟というか、悩んだなぁ、、。
だって色以外変わったの武器だけだもの。。

20151121_15085420151121_150910

箱はお店に流通するものと違って色も一色で、完成品見本の写真もなし。
どちらも意外と楽しみなところなのに!
HGシリーズはインストにそこそこ写真があるけれど、MGは少ないことが多く、箱側面の見本写真ってけっこう参考になるんだけどなぁ~。

20151121_150810

中身もこう…普通のものと違って理路整然と並べられてる感がないような。
ちょっと隙間も多くて、ガンプラらしくないかも。
他のメーカーだとこういうのが多いようだけど。

20151121_150827

デカールが最初から水転写のやつなのはウレシイ!!
ガンダムデカール売ってくれないなら、みんなこうしてくれればいいのになぁ。
…しかしこの漢字(?)の「哪吒」、ちょっと似合わないような。

20151121_15102320151121_151108

インストでやっと表紙の箱絵のカラー版を拝める!
裏は水転写が付属するからか、ガンダムデカールのパッケージで見たような貼り方解説も。
やっぱりというかなんというか、インスト内に機体解説とかはないのね…(涙)。

うーん、なるほどプレバンとはこういうものか。
オマケ的要素を廃した最低限の体裁でも、キット化されるだけありがたい一方、好きな機体であればあるほど、ドキュメントがないのは寂しくなってしまいそう。

ガンダムWのMGも順調に増殖して参りました。クソ寒くてホント手が進まないけれど、少しずつがんばろう…

11月 3, 2015
tronmc

スジ彫りノギスを買ってみた

ガイアノーツのNAZCAシリーズの「スジ彫りノギス」を購入しました。

RIMG0006 RIMG0007

個人的には、これ良いなぁ、と思ってて、発売の際はお世話になってる模型屋さんにお願いしようと思ってたけど…意外にも販売はガイアノーツのオンラインショップだけ。
そこまで需要ないのかしら。きっと、これがなくてもできてる人が多いんだろうなぁ。
既存のノギスの片側研ぐってのも、精度を考えるといまいち自分ではできる気がしなかったもので…。

RIMG0010 RIMG0008

しかしながら、何かにそっくりです。うちにあった気がします。
そう、タミヤの精密ノギス!ケースまで同様!

RIMG0011 RIMG0013

もちろん印字部分以外の違いは、ジョウの形状。
左がスジ彫りノギス、右がタミヤ精密ノギス。
スジ彫りノギスの方は片側が少し奥まっていて、鋭利に。

RIMG0012 RIMG0014

ちょっと開くと、それぞれこんな感じ。

RIMG0015

色付きのプラ板がなかったので、サフを吹いたプラ板をけがいてみました。
3回ほど引いてこのくらい。このあとBMCタガネのZEROから始めるといい感じでした。
あくまでスジ彫りのスタートに使うものだと思うので、申し分ないと思います。

3,800円と、それなりにお値段もすることだし、あとは長持ちすることを祈るばかり…!

10月 2, 2015
tronmc

シリコンバリアーでのチッピングを試す

RIMG0957

HGUCのギラズールに塗装をしております。なんだこのカエル。

深緑が渋い機体だけど、もうちょいザクIIっぽい(いや、ザクIIでも色合いはいろいろあるけどさ)明るい緑にしてみたらどうだろう?地上版ギラズール…それを落ち延びた袖付き残党が末永く地上で使ってたら的なイメージにならないだろうか?という(書いてたら自分でもよくわかんなくなってきた)ことでやっており、ついでと言ってはなんだけど、シリコンバリアーでのチッピングを試してみた次第。

…と言っても、まだ剥がし作業はしていない。

していないけど、

RIMG0955

わぁ、スミ入れを兼ねたウォッシングして仮組みしてみたら、すでになんかいい感じに剥がれてるぞ!

RIMG0956

………いい感じどころかめちゃくちゃ剥がれてるんですけどぉぉぉぉぉ!

これはコントロールが難しそう。敗因はいろいろありそうだ。

1.手袋とかして、もっとこう…ふんわりタッチで触ってあげないといけなかった。
2.もしかして…塗り過ぎ?
3.剥がれて泣く部分があるなら全面に塗るなっつの。

とりあえず今後は3を意識するのが現実的かも。筆で塗っていくべきかな。
もしくは、エアブラシで全面にやるなら、砂吹きの要領がいいのかな?

9月 16, 2015
tronmc

RBコーションデカール貼りたい病

REディジェのマーキングがテトロンシールのみで、パッケージの写真でも厚くて浮いてる気がしたので、いっぱいついてるしまぁ良いだろう、となにげなく買ったハイキューパーツのRBデカール(1/100)

モデグラ2015年10月号の広告に「想像力を刺激する!」なんてコピーがあったものの、ふーん…と、そんなに心にも留めずにいたのだけれど、いざ使おうとよく見てみると、本当に刺激されてしまった。

RIMG0926

(※すでに使った後なので汚い見た目…)
まず、意外と読める感じで文字が入っている部分が多く、そのテキストがいちいち貼りたくさせる。
「CAUTION」「BEWARE」とかはともかく。
「NO SMOKING/NO OPEN/NO SPARK」火気厳禁なんだね!実弾系武器に貼りたくなるやろ!
「HOT SURFACE」熱いんだね!放熱部分とかに貼りたくなるやろ!
「LATCH」ウェポンラックに(ry

想像力の刺激というかただの貼りたい病な気もするけど、とにかく意図を持って貼りたくなる。

RIMG0925

あとはこういうタイプ。
これもモデグラで「かため貼り」として書かれているのだけれど、複数のマークを一箇所にまとめて貼るようなパターンが、これ一枚で!
もっとも、ある程度大きさがあるので広いスペース用(切り分けてしまうのも手といえば手?)だけれど、手軽にそれを味わえるのが嬉しい。
MSだとふくらはぎなどは広めなことが多いので、そのあたりに良いかも。

2015-09-04 19.02.29

そういえば「BLAST AIR」なんてコーションのあって、ディジェは割りとそれを貼りたくなる箇所が多い。バズーカあり、放熱フィンあり、ウェポンラックあり…うーん、これにピッタリじゃないか!
ということで、ディジェにリアリティが出るかもしれないので、ディジェりたい方にはとてもよろしいのではないでしょうか。

5月 8, 2015
tronmc

体のバランスにテンションが上がる RG ダブルオーライザー

RIMG0838

RG ダブルオーライザーは、連休で仮組みのほとんどがおしまい。
思っていた通りのやむなし感がある部位もあるけれど、組んで見ていてテンション上がる箇所も意外とあって、本当にナーメテーター。

RIMG0842RIMG0846

ダブルオーライザーもいいけれど、ダブルオーガンダムの状態がかっこいい!テンション上がる!
あまり気に入っていないMGも、オーライザーなしならそんなに悪くないなぁと思うときもあるし、単体が良いのは別に珍しいことでもないのだけど…

RIMG0849RIMG0852

今回のRGは、ダブルオーガンダム史上最もドライブ、バックパックのない状態がかっこいいと思う!すごい!最高!
これが大正解といいうワケではないのだけれど、とてもうまくまとまった体型になってる。程よいボトムヘビー、
とかくバインダー等で印象が薄くなりがちなところなのだけれど、今回は00R形態でも消えない。

RIMG0854RIMG0856

説明書の組み立て順が足→胴体→腕→頭だったのだけれど、このあたり…胴体がついてから、腕がつくまでの間が一番テンションが上がった。
きちんと足の引き立つ胴体になっているなぁ、と。
またdisりになってしまうけれど、この胴体のバランスがMGでは不満だったので、余計テンション上がったのかも。

RIMG0864RIMG0866

おトルソ的なあたり。
今回は割と角ばっているイメージがするけど、実はやたら角ばってるのはこの肩口くらい。これが全体にカッチリしたイメージを与えるというのだから!

RIMG0867

しかも、この肩口は合わせ目があるという!
背中はLEDは入らないけれど、MGと同等のディテール。

RIMG0857RIMG0859

そしてこの短めでがっしりした腕!

RIMG0860RIMG0861

腕は、前腕の前側がライトグレーに。うーん、やっぱりこの配色がよくわからん。

 

RIMG0862RIMG0863

フレーム流用の都合、ヒジはレンズ部が関節の軸とならないのが、今までとの大きな違い。
前のコネクターはそんなにハマりますオーラもなし。色分けされてるのは嬉しいや!

RIMG0868RIMG0870

肩は分割、段落ちがあるけれど、エクシアのように色分けはなし。こういうところは分けてもよさそうなところなのにね。

RIMG0877RIMG0878

今回のRG版の真骨頂は、この後ろ姿じゃないかと思う。
いいケツしてますよ。下半身のガッチリ具合が如実にわかる。後ろは後ろで、前に突き出てこないから感じる体型の良さがあるように思う。
エクシアもこれくらい肩が小さかったら、設定画通りになってたかな?

RIMG0879

これがバックパック付けると案外普通なんだけどなー!^^;
おもりしろいもんです。

4月 30, 2015
tronmc

フトモモまぁるい RG ダブルオーライザー

RIMG0836

あれから一年…。
結局エクシアに手を付けずに00Rが出てしまった!
あの青の色分けは何だったのだ!どうすればよいのか!とウダウダしているうちにこれである。

2015-04-28 14.04.46

ランナーわらわら。青が単色しかないぜ!
もうRGは変態的な色分けはしないのかな?

RIMG0833RIMG0834

とりあえず足と、上半身の骨だけ。ムッチムチ!!

モモ装甲の上部やヒザが丸みを帯びているのが新鮮。ものすごく新鮮!
折り目で曲がるデカール貼れないよ!

逆に、スネからくるぶしはこれまでより角ばった印象に。
また、フレームの都合かもしれないけれど、くるぶしが一周ぐるりと一段高くなっているのが大きな違い。ここは違和感というか、なかなか見慣れないというか。

過去記事でMGやMBの写真があるので比較にご覧ください。

RIMG0835

色分けについてはもうよくわからない…w
モモ後ろ装甲、スネ(前側)、くるぶし後ろ側がライトグレー、その他は白。
エクシアもそうだけど、これはどういう意図のカラーリングなんだろう?
また悩んで塗装前で止まりそうな雰囲気が…!?

3月 8, 2015
tronmc

HG Gセルフ 宇宙用パック作っておしまい

RIMG0828

本体は軽く緑のパステル擦り付けたり、リアルタッチマーカーを使ったりしてウェザリング。

RIMG0812

そして、宇宙用バックパックも作って終了!

RIMG0810RIMG0805

でっかい方のスラスターを接続するボール、動かしてたらねじ切れちゃったよ!
手元にあったボールジョイントがだいたいサイズ合ったので置き換え。
と言っても、少しゆるかったので、マニキュア塗って微調整だけれど。

RIMG0807RIMG0808

穴開けて入れただけなんだけれど、軸を引き出すことで、可動範囲が広がるぞ!
気休め程度に!

RIMG0824RIMG0820

ほらほら。(本当に気休めだ…)
劇中ではめっちゃ外に開いてることも少なくないけれど、そこまではさすがに。
グリグリ動いたらおもしろそうだなぁ。

2014-10-05 22.07.542015-03-08 18.11.25

なんだかんだで2ヶ月くらいこれで潰してしまった!
塗装とか合わせ目クラックとかしょっぱい感じで、寒い中でおざなりになっちゃったのは反省。
けれど、とても動くようになってポーズもつけやすくなったので、その点では大満足。
パーフェクトパックがあるならまた作りたいなぁ。

2015-03-08 17.49.42

下のデカい方も追々…(やらないフラグ)

2月 17, 2015
tronmc

HG Gセルフ…失敗!

RIMG0800RIMG0802

HG Gセルフは本体の基本塗装が終わりつつあり。
オプション類もできたらウェザリングをしようかと思っております。
単体だと頼りない印象だけれど、バックパックをつけてスタンドに浮かせるとそんなに悪くなく見えるから不思議。

RIMG0804

そして今回の失敗。
苦労して消した頭の合わせ目がスミ入れでパックリ。
あとは額の曲線の塗り分けも甘い!
青を塗ってからマスキングテープを貼りつけ、ラインに合わせてカッターで余分なところを切ってから白を塗ったのだけれど、うまく切れてなかったということだすなこれは(´・ω・`)
塗り(吹き)方が厚ぼったかった、というのもあるのかも。

残りはライフル、シールド、宇宙用バックパック。
ちょっと上の件でモチベ下がり気味で、なかなか進まない…

pso20140805_000210_000pso20150214_144752_000

…PSO2やってばっかりっていうのもあるけれども。

1月 14, 2015
tronmc

HG Gセルフ ヒザ可動範囲の拡大(2)

2015-01-13 15.08.38

AmazonでアルフのDVDが800円ちょいで、ポチらずにはいられず。
配送が別だったので写真にないけれど、1stシーズンのセット1,2がそれぞれそんな値段で、2つポチポチ。
TV版は久しぶりに見たけれど、あの動きとしゃべりはいつ見てもいいもんです。

RIMG0794

さて、Gセルフ。ヒザは前回で決めた通り一段ズラして伸ばすように進めております。

 

RIMG0796

関節側は、後ハメできるように適当にピンを削って、要らないところは切り離し、コトブキヤのUバーニア(角だったかな?)を貼り付け。
プラ板で囲ったりしなきゃかなー、と思ったけれど、仮合わせをしているうちに、あんまりこだわらなくてもいいと判断。

RIMG0795

足パーツの後ろ側は、フタと接着しろを兼ねて適当にプラ版を積み重ね。

RIMG0797RIMG0798

適当感溢れる加工だけれど、だいぶ隠れてそれなりに見える!
むしろ、たぶん元のより見栄えいいぞ(ホントか?)

ということで、ヒザの可動範囲拡大の取り組みはおしまい。
しかし、合わせ目消し中心にまだまだやることがいっぱい。

・頭→ツノを尖らせる(どの面を攻めりゃいいんだ?)
・胸→側面の合わせ目を消すために違うところで分割
・胴体→合わせ目消し
・足→くるぶしの可動範囲拡大、合わせ目消し
・腰→フロントアーマー可動化の続き
・肩→合わせ目消し(というか側面中央のダクトの隙間をどうにかする)
・足側面の別パーツ→合わせ目消しして後ハメ分割

本体だけでこれよ!しばらくかかりそうだなぁ。

 

 

1月 1, 2015
tronmc

HG Gセルフ ヒザ可動範囲の拡大(1)

ここはまだ要検討レベル。

RIMG0765RIMG0766

ふくらはぎの装甲がネック。関節自体は二軸でめちゃくちゃ曲がる。

RIMG0767RIMG0768

なお、ふとももは全く外装の影響なし。

RIMG0780RIMG0771

こっちはティテールもあるので、肘なんかとは比べ物にならないほど切る削るが難儀なので、同じく関節の位置ズラしで逃げようかと。
通常、このように接続されているものを…

RIMG0770

こうズラす。
前側上下2本、後ろ側1本で接続されているピンを、前側の上にのみ接続。

RIMG0772

ハイ、バッチリ曲がります!

RIMG0776RIMG0773

が、もちろん見た目の影響もだいぶデカい。
最低限、露出するピンのあたりを加工して誤魔化さないと。
ここらへんはけっこうデザイン的にうまいことなってると思ってた部分なので、それを乱す罪悪感も多少。

RIMG0780

でもこんだけ曲げられるんだったらやるしかないじゃない!

2014-10-05 22.07.33

なにせ元々がこれだかんな!
やりたくなくても、やる!(次回予告風)

ページ:«1234567...28»

Recent Tweet

category