Browsing articles in "プラモデル"
3月 21, 2016
tronmc

ガンプラEXPO in UTSUNOMIYA(2016年)

そっち方面に行ったついでですが、ガンプラEXPO in UTSUNOMIYAに行ってきました。

こじんまりとしていましたが、内容には満足。
来客の年齢層もなかなかに幅広いみたいで、小さな女の子が「バルバトス光ってるー!」なんて言ってるのが微笑ましかったり(ていうかバルバトス知ってるのね…)、きれいな若いお嬢さんがガッツリ写真撮ってカメラから顔を離したときに、恍惚とした表情を浮かべているのに癒やされたり……って女性の話ばっか!

そうそう、小中くらいの男の子たちが、

20160320_133911

この受賞作(昨年のジュニアコースチャンピオン)のジオラマを見て「なんでこのガンダム頭無いの?」なんて言っておりましたが、その理由を知っている人なんかいくらでもいるであろうこの空間で、誰も何も言わないあたりはホント「アニメじゃない!」。
ビルドファイターズとかだったら誰かが講釈始めるところだよなー(笑)。

20160320_133022_t

新製品は、全く期待していなかったRGクアンタに衝撃。
なんと、シールドの根本が可動しそうな雰囲気。斜めに接続されて飾ってあるので、できるということなんだろう。これでMGのときから気になっていたビームガンの再現ができるようになりそう。
素晴らしい!

20160320_132943

……ビットのヒケが気になる。見つけてしまうと気になってしまうイヤな習性。

20160320_132847_00220160320_132907

REイフリート改。
OVAのジ・オリジンに出られそうなディテールギッチリ感。
スラリとしたプロポーションとREのいつもの足首関節で、あんまり腰の入ったポージングはできないのかな、と感じた展示。
足のミサイルポッドに合わせ目っぽいものが…見つけてしまうと気になってしまうイヤな習性。

20160320_132802

HGCEフォースインパルスもけっこうスラッと。
定価高めだけど、色分けがすごいってことなんだろう、きっと。

20160320_13380720160320_13382020160320_133755

MGフリーダム2.0。
すごく攻めたアレンジで、今までのイメージからすると違和感があるけれど、RX-78の前例を考えると、RX-78以外もこういう道を歩めるのはいいことなんじゃないかな、と思ったり。
でもうちは最初のMGがあるのでとりあえずいいです(えっ)。

20160320_133936

新製品もいいけど、目玉はやっぱり受賞作や受賞者作品。
こちらは去年の日本大会のオープンコースチャンピオン作品。

20160320_13321920160320_133250

2014年のチャンピオンの方のMG V2。
何食えばこんなディテーリングを思い描けるんですかね…。

20160320_133359

2013年のチャンピオンの方の作品群。
Gセルフは、Gレコのガンプラコンテストのアイキャッチで使われていて、あのGセルフをかくや…!と感心していたものだったので、とくに興味深く拝見。

20160320_133338

2012年のチャンピオンの方のグレイズ。
なんとなーくゲ○ター2を思いおこしてしまう。
先月発売のホビージャパンに掲載されていて、「マオルヴ・グレイズ」というそう。

20160320_133457

2012年のチャンピオンの方のバルバトス。
小さい女の子の興味を惹いていたのはコレ。
目はともかく、肩、膝、胸のピンク部分が光るとは!

20160321_014020

せっかくなので限定品もちょろっと買ってきた。
中でも目を引いたのはこのプチッガイのパッケージ。
使い回しが基本の限定品にあるまじき気合の入ったパッケージ。
しかも一番安い商品だぞ!どうなってるんだ!

以上、きちんとやる気も積みも増して、充実した時間でした!(

3月 1, 2016
tronmc

おひげちん(HGCC ∀)続き

DSC_0002

以前モデグラで載っていた「ガンダム配色」で塗ってみた。
センチネルを経て編み出された色のようだけど、ネット界隈でうまい人たちが使う「センチネル塗り」ともちょっと違う。
ちょっと前はセンチネル=パステルみたいな論調をよく見たけど、今は蛍光カラーを足すのが主流なのかな。

さておき、ターンエーにはあまりイメージが合わなそうなタイプの色だけど、あんまり違和感も無かったり。
ただ、自分の調色がうまくいったかは…。
もうちょい「明度を上げ」たいところ。
胸部のマルチパーパスサイロの装甲を青系でスミ入れしったら目立たないのなんの!これはちょっと濃いいよね。

DSC_0022

で、結局黒を入れることに。これでハッキリ致しました。
目の周辺はMGっぽく黒めのグレーで。
申し訳程度にロランくんも塗装(赤と青で塗りつぶしと線入れただけ)。

本体は無難にこんな感じで…。いつものことながらビームライフルがめんどくさい。

 

1月 25, 2016
tronmc

HGCC ∀ガンダムの後ハメ加工

20160120_010845

先月、ターンエーガンダムシンに興味を持ってプレバンを覗いたところ、つい数日前に2次の受付が終わったばかりで大層ヘコんだのでありますが、すぐに3次がはじまり、テンあげで立ち直ることができたおかげで、今日の僕があります。

ということで届いたのですが、後ハメの確認も兼ねてまずはおひげちんの方をやってみるのが味わい深いのではないかと思い、手を付け始めた次第。

RIMG0007 (2)RIMG0006 (2)

肘関節と前腕。
肘関節側のピン切るだけ。差し込んで下側で接着します。
グラつくということはないようだけど、一応真鍮線を入れてガイドに。真鍮線分、接着しろを稼げるかもしれない(誤差でしょう…)。

RIMG0985

真鍮線は、手首関節のポリキャップが入るピンを低めに切って、ピンバイスで穴開けて通しただけ。
2本くらいやろうかと思ったけど、意外と一本の方が安定したのであった。

RIMG0979

スネ。
スラスターベーン側のピンを短くし、本体は茶色いとこ切除でダボ穴をC字に。
写真右手の方向から、ダボ穴上にあるラインをガイドに沿ってスラスターベーンを差し込んでいくと、難なく位置が決まる。

RIMG0008 (2)RIMG0009 (2)

頭。
首のボールの受け穴含め、下側をゴリゴリ広げて、目・口のパーツを入れられるように。
若干不安だけど受け穴は再接着で再利用の方向。接着だけで弱かったら詰め物でもしてやればいいだろう、きっと。

20160120_011349

おヒゲさんの方はいいけど、シンさんの頭はちょっと合わせ目消すの怖いカモ(-_-;)

1月 25, 2016
tronmc

Mr.ドブカラー2016

RIMG0010

ついにク●オスからドブ塗装用の塗料が登場!…ということではございませんごめんなさい。

余った塗料等をデタラメに混色していくと隠蔽力の高い謎の色が出来上がるということを以前どこかで目にし、実践しております。
その場で調色した等々の理由でビンに戻せない塗料などを、ひたすら同じ空きビンに入れていくこと……何年だろう?正確にはわからないけど、2,3年くらいはやってるのかなぁ。

RIMG0011

実はかきまぜて見るとそれはそれで違う色なんだけど、いっつも塗料を入れるときにやたらくすんでる黒ずんでるけど黒じゃない、根性腐ったような色をしているので「ドブカラー」などと勝手に呼んでいるのです。

で、なんとなく現時点での成果を確認してみようという気分に。

RIMG0980

エアブラシからの塗料の出具合を確認するため、塗装ブースの前に置いているダンボール。
今回もいろんな色が乗っかってますねー。これに、ドブ汁ブッシャァァー!

RIMG0981

おお!隠蔽できてるようなできてないような!

弱くはないけど、強くもない…とくに黒い下地にはまだまだ影響されてしまう模様。おおん…これではなんかネタ感に乏しいぞ!

ということで、まだまだ使い物にならないかもしれません。

…何に使うんだ?
………戦車とか?

1月 16, 2016
tronmc

RE GP-04 ガーベラを仮組み

20160110_005631

ディジェでだいぶ好感触だったREシリーズ。
次はガーベラを、塗装に移れるように表面処理をしながら仮組み。

やはり足首のロールが無かったり割り切ったところもあるけど、無くても破綻があるわけでもなし。むしろ安定していて質実剛健。だからプロペラントタンクの寂しさも……致し方あるまい…。

20160107_204744

ホント組み立てやすかったです。特筆すべきはゲートへの配慮。

キャビゲートだかくさびゲートだか忘れましたが、切り離し跡がかなり小さくなるゲートが目立ちにくい位置に配置されている部分が多くて楽でした。ヘタすりゃ爪でこすってゲート処理終わるんじゃない、というレベルのものも。HGとは雲泥の差です。

アンダーゲートも、今まであまり好きではなかったけれど、このキットに関しては大正解。
ディジェのときは、局面部分についていることが多く、切り出しも処理もめちゃくちゃ面倒だったので「そんなにメッキ版を出したいかバカヤロー!」みたいな愚痴を垂れましたが、こちらは直線部分についているので楽ちん&キレイ。
余計にディテールも潰さずに済みました。

20160109_161126

そして、今回アンダーゲートで一番感動したのがここ!
マルイチって普通側面にゲートついてるから、メンドクサくていつもテンション下がるんだよなぁ。そして後回しにしたりして。
でも、これならいくらあってもOK!どんとこいマルイチ!
もうビルダーズパーツでアンダーゲートのマルイチセットとかください。

今回もとても満足感の高いキットでした。
もうみんなREでいいよ(暴論)

12月 7, 2015
tronmc

100均ナイフがダンモになると聞いて買ってきた

20151117_175418

ダイソーでこんなものを買ってきた。
特殊刃・精密ナイフのタイプC。平べったいノミみたいな刃。
なんだか忘れたけど、なんかの本で、これの中央にプラ板なりなんなりをはっつけて、端何ミリだけを露出させた状態にすることで、段落ちモールドを掘る工具として…いわゆるBMCダンモ的に使えるんだそうな。なるほどなるほど。

RIMG0991

BMCダンモは、正直出番は少ないんだけど、合わせ目を段落ちに…というときに確実に使っております。ホントいい。とってもいい。
REのディジェでも、太ももの合わせ目でお世話になりました。
自分が持っているのは1mm/1.5mmのモデルで、このディジェの段落ちは1mm幅。このモデルだとガンプラだと1/100がちょうど良く、1/144などに使うには、もう一回り下の0.5mm/0.8mmのサイズのモデルが良さそう。

ガンプラでは合わせ目処理の必要性は1/144の方が高いから、どちらかと言えばそっちを持っておくべきだったか…?

というのはともかく、任意の幅でやるならば、最初のダイソー刃も出番があるのかも。
ただ、価格差にして41倍なので、そっち一本でぜんぜんイケる!!なんてことになっても、ダンモ買っちゃった身としては悲しいw
もっとも、BMCタガネで段落ちを作るというテク(→合わせ目にご使用する場合 2)も紹介されているので、BMCタガネの装備が整っているなら、そっちの方がいいのかも。

うちは整っておりませんので、もしお年玉がもらえるなら、BMCタガネお試しセットをポチらせていただきたいところ。
BMCタガネもダンモも一通り揃えられたら便利だろうなぁ。アコガレル!

12月 1, 2015
tronmc

プレバンガンプラ初購入:MG アルトロンガンダムEW

20151121_150620

少し前ですが、初めてプレバンでガンプラを購入しました。
魂ウェブ商店でフィギュアーツやロボット魂を買ったことはあるのだけれど、ホビーオンラインショップは初めて。
流用のものが多くて割高感はあるとはいえ、最近は無視できない存在になりつつあるような気がします(諦観の意味でも)。

で、アルトロンEWを買ったわけでございます。
シェンロンEWがいまいちしっくりきていなかったので、発表があったときは喜んだんだけど、プレバンと知って相当覚悟というか、悩んだなぁ、、。
だって色以外変わったの武器だけだもの。。

20151121_15085420151121_150910

箱はお店に流通するものと違って色も一色で、完成品見本の写真もなし。
どちらも意外と楽しみなところなのに!
HGシリーズはインストにそこそこ写真があるけれど、MGは少ないことが多く、箱側面の見本写真ってけっこう参考になるんだけどなぁ~。

20151121_150810

中身もこう…普通のものと違って理路整然と並べられてる感がないような。
ちょっと隙間も多くて、ガンプラらしくないかも。
他のメーカーだとこういうのが多いようだけど。

20151121_150827

デカールが最初から水転写のやつなのはウレシイ!!
ガンダムデカール売ってくれないなら、みんなこうしてくれればいいのになぁ。
…しかしこの漢字(?)の「哪吒」、ちょっと似合わないような。

20151121_15102320151121_151108

インストでやっと表紙の箱絵のカラー版を拝める!
裏は水転写が付属するからか、ガンダムデカールのパッケージで見たような貼り方解説も。
やっぱりというかなんというか、インスト内に機体解説とかはないのね…(涙)。

うーん、なるほどプレバンとはこういうものか。
オマケ的要素を廃した最低限の体裁でも、キット化されるだけありがたい一方、好きな機体であればあるほど、ドキュメントがないのは寂しくなってしまいそう。

ガンダムWのMGも順調に増殖して参りました。クソ寒くてホント手が進まないけれど、少しずつがんばろう…

11月 3, 2015
tronmc

スジ彫りノギスを買ってみた

ガイアノーツのNAZCAシリーズの「スジ彫りノギス」を購入しました。

RIMG0006 RIMG0007

個人的には、これ良いなぁ、と思ってて、発売の際はお世話になってる模型屋さんにお願いしようと思ってたけど…意外にも販売はガイアノーツのオンラインショップだけ。
そこまで需要ないのかしら。きっと、これがなくてもできてる人が多いんだろうなぁ。
既存のノギスの片側研ぐってのも、精度を考えるといまいち自分ではできる気がしなかったもので…。

RIMG0010 RIMG0008

しかしながら、何かにそっくりです。うちにあった気がします。
そう、タミヤの精密ノギス!ケースまで同様!

RIMG0011 RIMG0013

もちろん印字部分以外の違いは、ジョウの形状。
左がスジ彫りノギス、右がタミヤ精密ノギス。
スジ彫りノギスの方は片側が少し奥まっていて、鋭利に。

RIMG0012 RIMG0014

ちょっと開くと、それぞれこんな感じ。

RIMG0015

色付きのプラ板がなかったので、サフを吹いたプラ板をけがいてみました。
3回ほど引いてこのくらい。このあとBMCタガネのZEROから始めるといい感じでした。
あくまでスジ彫りのスタートに使うものだと思うので、申し分ないと思います。

3,800円と、それなりにお値段もすることだし、あとは長持ちすることを祈るばかり…!

10月 2, 2015
tronmc

シリコンバリアーでのチッピングを試す

RIMG0957

HGUCのギラズールに塗装をしております。なんだこのカエル。

深緑が渋い機体だけど、もうちょいザクIIっぽい(いや、ザクIIでも色合いはいろいろあるけどさ)明るい緑にしてみたらどうだろう?地上版ギラズール…それを落ち延びた袖付き残党が末永く地上で使ってたら的なイメージにならないだろうか?という(書いてたら自分でもよくわかんなくなってきた)ことでやっており、ついでと言ってはなんだけど、シリコンバリアーでのチッピングを試してみた次第。

…と言っても、まだ剥がし作業はしていない。

していないけど、

RIMG0955

わぁ、スミ入れを兼ねたウォッシングして仮組みしてみたら、すでになんかいい感じに剥がれてるぞ!

RIMG0956

………いい感じどころかめちゃくちゃ剥がれてるんですけどぉぉぉぉぉ!

これはコントロールが難しそう。敗因はいろいろありそうだ。

1.手袋とかして、もっとこう…ふんわりタッチで触ってあげないといけなかった。
2.もしかして…塗り過ぎ?
3.剥がれて泣く部分があるなら全面に塗るなっつの。

とりあえず今後は3を意識するのが現実的かも。筆で塗っていくべきかな。
もしくは、エアブラシで全面にやるなら、砂吹きの要領がいいのかな?

9月 16, 2015
tronmc

RBコーションデカール貼りたい病

REディジェのマーキングがテトロンシールのみで、パッケージの写真でも厚くて浮いてる気がしたので、いっぱいついてるしまぁ良いだろう、となにげなく買ったハイキューパーツのRBデカール(1/100)

モデグラ2015年10月号の広告に「想像力を刺激する!」なんてコピーがあったものの、ふーん…と、そんなに心にも留めずにいたのだけれど、いざ使おうとよく見てみると、本当に刺激されてしまった。

RIMG0926

(※すでに使った後なので汚い見た目…)
まず、意外と読める感じで文字が入っている部分が多く、そのテキストがいちいち貼りたくさせる。
「CAUTION」「BEWARE」とかはともかく。
「NO SMOKING/NO OPEN/NO SPARK」火気厳禁なんだね!実弾系武器に貼りたくなるやろ!
「HOT SURFACE」熱いんだね!放熱部分とかに貼りたくなるやろ!
「LATCH」ウェポンラックに(ry

想像力の刺激というかただの貼りたい病な気もするけど、とにかく意図を持って貼りたくなる。

RIMG0925

あとはこういうタイプ。
これもモデグラで「かため貼り」として書かれているのだけれど、複数のマークを一箇所にまとめて貼るようなパターンが、これ一枚で!
もっとも、ある程度大きさがあるので広いスペース用(切り分けてしまうのも手といえば手?)だけれど、手軽にそれを味わえるのが嬉しい。
MSだとふくらはぎなどは広めなことが多いので、そのあたりに良いかも。

2015-09-04 19.02.29

そういえば「BLAST AIR」なんてコーションのあって、ディジェは割りとそれを貼りたくなる箇所が多い。バズーカあり、放熱フィンあり、ウェポンラックあり…うーん、これにピッタリじゃないか!
ということで、ディジェにリアリティが出るかもしれないので、ディジェりたい方にはとてもよろしいのではないでしょうか。

ページ:«1234567...27»

Recent Tweet

category