Browsing articles in "HG ガンダム00"
10月 29, 2011
tronmc

HG ダブルオークアンタ(インスペクション風味)、完成!

RIMG1434

シールドフタの接着も、もういいだろう、、ということで完成。実はもう一個のも折れてます。どんだけやねん。
さぁ記念写真…と、撮っている間に尖らせたクリアパーツの折れること折れること。阿鼻叫喚なのでございました。南無。

Continue reading »

9月 16, 2011
tronmc

足りない「GN妄想力」

RIMG1282

たまにはプラモ(を、パチ組みだけじゃなくきちんと作ってますよという)話。
HG ダブルオークアンタフルセイバーが完成一歩手前まで来ました。シールドフタの接続軸が折れてしまい、完成はしばらくお預けです。それ以外はトップコートも済んでいます。

春頃からやってきたことですし、初めてのまともなクアンタなので、完成が近いここ最近は気分も良かったのですが、こうして組んでみる(レンズの都合上、00系はフルパーツの途中仮組みが難しいのです…ってバーチャロンもか)となーんか平凡だなぁ、と。
気になるのはカラーリング。めいっぱい考えた割には平凡に思えます。

というのも、設定的な説得力にも、アレンジにも(自分にしては)頭を使ったんです。
考えたこと、どうせしばらく書かないので書いてしまおう。

まず設定。ダブルオーガンダムセブンソード/Gインスペクションを参考に赤ベースに塗っています。
フルセイバーも、セブンソード/Gインスペクションと同じ00V戦記登場機体で、且つシェリリン・ハイドの手によってシミュレーション空間での戦闘が行われています。セブンソード/Gインスペクションはシェリリンの好みによって赤くカラーリングされたものですが、であればクアンタも赤くなってたかも…と考えてやってみました。
(実際のカラーについては、彼女がどれだけ手塩にかけたかの違いかな、と勝手に解釈しています)

そしてアレンジ。セ(略)インスペクションのカラーリングを厳密に適用すると、クアンタの場合胴がぐるっとピンクで目立ちすぎると思い、ワインレッドに。ただし、ドット迷彩モドキでピンクを少し入れています。また、黄色も目立つのでベージュっぽいグレーに。クリアの緑はどうしようもなくて、補色っぽいけどえいやっ、と。

RIMG1283

結果、補色負けしてますね(を
ってのはまずいいんだけど、なんだか情報量に欠けるような気がする。かといってスジボリ等々工作ディテールを増やしたいかというとそうでもなく(でも腰サイドアーマーはもうちょっと何かあった方がいいかな)、デカールもあんまりベタベタ貼りたくないからこんなもんかな、と思う。むしろ左肩や、マルチカウンターユニットは自画自賛モノ。この「FS」なんて、MGガンタンクのガンダムデカールなんだぜ!意外と合うじゃない、フォント買いした甲斐があったよ!

そしたら何が悪いって、この大半を占める赤だろうなぁ。この印鑑の朱肉みたいな色。高まらない。
クリアパーツとの兼ね合いもあるし、もっと鮮やかな赤になるべきだった。ここまで来るまで気付けない自分のボンクラ具合が骨身に染みる。
あとはやっぱり、元のデザインにとらわれない、ズン!として、ドン!とする塗り分けをしたいものだ。ガン!としてボン!でもいい。なんか靴屋見に行きたい気分だ。

4月 7, 2011
tronmc

プラモも暖機運転開始!

2011-04-06 21.22.32

ぼちぼち暖かくなってきたので、塗装の機会も増やしていきたいところです。
とりあえず百式のビームサーベルを完成としました。基部は本体の金色と同じ。サーベル部分は未加工なのでどうするか悩みましたが、ものすごーーーく薄く希釈した白をサッと吹いてなんとなく根元あたりを濁らせてみました。
微細キズに乗ってそれらしく…と思いきや、全くもって微細じゃないキズが混ざってますねorz

C360_2011-04-05 22-32-00

あとはダブルオークアンタ対応のGNソードIVフルセイバーに手をつけております。
クリアパーツにヤスリをかけてシャープ化しています。写真はガンブレイドのパーツで、上が未加工、下がヤスリで整形したもの。もう少しガッツリ尖らせたいところなのですが、あまりやると先端が折れる(というか、1ミリないのでは?というくらい細かいレベルですが一回折ったくさい)ので、ほどほどに。
グリップがない側は海老川氏のイラストだとツライチなのですが、キットだと曲線的な段差があり、その処理をどこまでやるか悩んでおります(^_^;)
ま、数も多いので気楽に……と思ったら1キットあたり3つしかないんですな、これ。。

1月 14, 2011
tronmc

HGダブルオー:コクピットブロック下部の接着

RIMG0397

きったね~なぁ、我ながら…w

前回切り離したコクピットブロック下部のパーツを接着です。
厚さは忘れましたが(ぉぃ)、支えのプラ番は薄めである程度曲げる・反らせるが可能なので、テンションどうこうとか厚み分の加工はスキップできる予定。あくまで予定です。

ついでに、色が白いのはエアブラシの白塗りの実験に使った余りだからです( ̄▽ ̄;
ということで、塗膜分もあるので厚さはさらに微妙な感じでございます。どう考えても今後役に立ちません。ケチってこういうことしてるとロクなことないんです。
…とか言いつつ他にもいろいろケチって使い回しをしながら作業をしておりますが、それはまた次の機会にでも。。

1月 7, 2011
tronmc

HGダブルオーの胸部後ハメ&合わせ目消し

RIMG0392

HGダブルオーライザーのジャンクをゲットしたので、ジャンクならば、とゴリゴリ切り刻んでおります。
またHGダブルオー派生でカテゴリ増やすのもアレなんで(というか単品、+GNソードIII、セブンソード、コンデンオー、そしてこれ…ともう五体もいる罠)、以前のザンライザーセブンソード素組みのとこにまとめさせて頂きました。
もちろん、五体もあるくせに未だに一体も完成させておりません( ̄▽ ̄;

諸々事情もあり、すぐ完成に向かうかは別として、完成させるに足るような工作をしております。
足周りを(こだわらなければ)やらなくていいのがすごく助かるダブルオーですが、胴体の後ハメがちょっと厄介です。そこで、上の写真のように胸部を切断しました。
一年ほど前の模型誌でPGの構造を見ると胸中央の縦ブロックは別パーツで良いようですし、たぶん塗装の便(つながっていると奥まったところへの塗装という面倒が待っている)を考えるとベターかな、と。

RIMG0390

バックパックは胸部後ろから合わせ目が出るフタ部分を切断して接着し、オーライザーの余りのポリを埋め込みました(たしかHJのザンライザーの作例で載ってたんだっけかな?)。
微妙に本体とフタの間に繋がりがありますがそれはごっそりカットです。

RIMG0402

腹部上。上の写真だと真ん中の小さいパーツですが、胸部真ん中の部分の端についているもので、塗り分けの都合上切り離しが定番だとか。
悩ましいところなんですが、結局切っちゃいました。
今回は胸部を上通りの分割にしているので工作的には不要です。たぶん。しかしPGの構成を見ると、右のグレーのパーツと連なるというか、同種のブロックに分類されるパーツに見えるので、そちらにくっつけることにしました。現在はその支えになるプラ板を接着しているところです。

と、こんな感じでゆ~っくり進めていきつつ、今後他の四体の作成にも生かせるようにじゃんじゃん手を入れてみたいと思います!

6月 1, 2010
tronmc

HTC Desireでプラモを撮ってみる!

Desireでの撮影テストということで、この間作ったアストレアを撮ってみました。

FxCam_1275293917204 DSCF3798

左がDesireで撮ったもの、右がいつも使っているコンデジ(FinePix F31fd)で撮ったものです。
DesireはFxCameraのノーマルを使用しています。
若干赤みが違いますねー。

FxCam_1275293865101  FxCam_1275293988740

これは両方Desireです。
手ぶれ補正がなく、形状的や操作的にもブレを抑えるのが大変で大変で…。
はっきり言ってカメラ機能は使えないに等しいです!(;´д⊂

5月 26, 2010
tronmc

HG 1/144 ガンダムアストレア(HGエクシア+電ホビ付録) 完成!

DSCF3787

はい、エクシア改めアストレア、完成しました!(ということにしちゃった、かな?)
エクシアの肩アーマーの変な大きさが気に喰わず、電撃ホビー付録の改造パーツを使ってアストレアにしました。
これもこれで肩やフロントアーマーがデカめだと思うんですが、エクシアよりは様になっているので問題ナシ!

Continue reading »

5月 22, 2010
tronmc

まだまだ悩めるアストレア

DSCF3771

もう少し色を入れようかな?という感じがしたけど、イメージが掴みきれないのでとりあえずスミ入れまでして組んでみました。GNドライブレンズは入れていません(これもまだ色が決まらない…)。
バーチャロンマーズのテムジン747J練習機(ハセガワからデカールオプションが出ているカトキハジメカラーのやつ)のカラーリングをパクりオマージュという感じで塗ってみました。オリジナルのカラーよりも明るめにしたつもりです。
適当マスキングでスプリッター風?にレッドを入れたのですが、ちょっと寂しい部分がありますね…。とくにヒザとか。

さらに適当マスキングして赤を入れるのもいいけど、すでに有り体なラインが入ってるからなんか芸がないなぁ…

と悩み、そして数時間後…

Continue reading »

5月 19, 2010
tronmc

アストレアに2色目3色め…っと

DSCF3770

即興でスプリッター迷彩風?なマスキングをして、モンザレッドを吹いたらなんか民○党のマークみたいな色合いになってしまってちょっとヘコんでおります。少し黒っぽい赤に寄せるべきだったわ…。

それよりなにより、ご覧の通りマスキングをミスって不要なところに色が乗ってしまい、ああもうダメだ感(-_-;)
色が色なんで上乗せも微妙だし、マスキングが即興なおかげで再度やるのもむずかしく……こそぎ取ったりで誤魔化します…。

そしてさらに!またしてもやっちまいました。
GNドライブ全面の皿と、足の付け根にマスキングゾル改を使ってしまい、剥がれないこと剥がれないこと!
テムジンのときで懲りとけよ俺…。
いったいどう使えばいいんだこれは!?
結局水にしばらく浸して、歯ブラシやピンセットで除去しましたが、もちろんキズがついたワケで。
とりあえず複数色塗装に使うのはやめとこう…。

5月 18, 2010
tronmc

アストレア塗装開始。まずは白…。

DSCF3764

塗装イメージが固まってきた(でも塗り分けとかは即興になると思うけど)ので、アストレアを塗装開始しました!
とりあえず白!ということで何の芸もなくMr.カラーGXホワイトをブシューっと(-_-;)

今までは塗装時の保持は目玉クリップのみでしたが、電気クリップ、たけひご、油ねんどをホームセンターで買ってきて、写真のような感じにしてみました。目玉クリップも併用でやっていますが、それだと保持や塗装がしずらいものもあるので…。
電気クリップはあまり在庫がなくて多くは買えませんでしたが、今後ぼちぼち買い足していきたいと思います。

とりあえず今日は次のためにマスキングをして終了。次の機会にまた別の色を吹きます。

固定ページ:1234»

category