Browsing articles in "1/144ガンプラ"
3月 18, 2012
tronmc

RGガンダム:腕にスミ入れ

20120318-012349.jpg

部分的にガンダムマーカーを使って手抜き…のはずが、すぐ拭き取るのを忘れてかえって大変なことに。いわゆる一種のクラッキンでございます。
どうも筆塗りは厚くやっちまっていけねぇや!厚くなるから拭うときに溶剤触れすぎて割れるんだな。

3月 12, 2012
tronmc

RGガンダム:シールドにエアブラシ

20120312-021532.jpg
筆塗りどうこう言ってる先から吹いております。
ヒケが多めで目立ったのでサフ吹いてペーパーかけて塗りなおし。

ペーパーかけた段階での写真も撮っておけばよかったなぁ。サフの残り方がなんだかおもしろく感じる見た目だったなぁ。

本体の赤は塗らないので色が異なってしまうけど…別にいいよなぁ?と今は思うけど、実際どうかはできてからのお楽しみかしら。

3月 7, 2012
tronmc

RGガンダム:肩を筆塗り

全塗装する度量(勇気、アイディア等々)はなかなか持てそうにないけれど、細かいディテールは筆塗り練習にもってこいだ!と思い込むことにし、箸休め的にのらりくらりとRGガンダムをイジっております。

IMG_0766

1/1は、肩に色の違うランプがあるようで、RGのパッケ絵でもそれが再現されていたので、シールかなんかあるもんだと思っていましたが、なんもないんでちょろっと塗り足し。でも赤が足りてません(-_-;)
外側下端も成型色とは違うらしく、寒い感じの白を乗せましたが、ちゃんと発色しておりません。ここはマスキングして吹いた方がいいところなんだろうけど、それを無理矢理筆でやるのもまた練習…かな?

1月 27, 2012
tronmc

HGUCバンシィ パチおしまい

最近パーツの削りカスがよく残る。空気が乾燥してるとか、そういう理屈?

IMG_0683

HGUCバンシィのパチ、おしまい。改めて見ると、アームド・アーマーで腕が長めに見えるせいか、通常のユニコーンよりも手足の長さが整っているような気がする。

RIMG1570RIMG1569

前から見るとおおよそガンプラらしくない、パチでの地味っぷりだけれど…

RIMG1575

後ろ姿は、バックパックの黒が効いていて、なかなか良かったり。アームド・アーマーやアンテナの形状と相まって、バーザム的な異様なかっこよさを感じる。

RIMG1571RIMG1572

そんなアームド・アーマー。パチだと、左腕のVNが末広がりのため割と外れやすいのが気になった。後ハメとか、考えたくない…w

1月 22, 2012
tronmc

HGUC デルタプラス 胴体加工

貴重な「まともに作業」のお時間の割にたいしたことしてないような…w

2012-01-22_18-21-31_671

脇腹を切ってふさぎ、胸部装甲は分割。

2012-01-22_18-46-22_478

真ん中には1mmプラ版を入れてみる。このプラ版を削って角度をつけて、真ん中のパーツの傾きを調整したらどうかな、という目論み。

1月 22, 2012
tronmc

下半身のやる気を求めて(※プラモの話)

寒さ、暗さでなかなか作業ができず、やはりパチばかり。早く春が来ないものか~。>プラモ

写真 12-01-21 22 45 53

そんなこんなで少し目標を見失いがちな中、とりあえずHGUCバンシィ。
このパチでの地味地味感が、やっぱり塗りたいよね、という意欲をかき立てる!早く春(ry

写真 12-01-21 22 51 30

しかしながら、様子見に、と白いのにパーツをつけてみると、これでいんじゃね?と思えたりするから厄介なもんです。上半分は終わったが、下半分は複雑な上に一緒だからなかなかやる気が…( ̄▽ ̄;

1月 16, 2012
tronmc

HGUC デルタプラス シールド後ハメ

20120116-234031.jpg

ビームガンとグレネードか?後ハメ加工。
グレネードは左右分割。
全て接続部を短くする必要があったけど、緩くなるので要接着。←忘れないようにせねば。

1月 12, 2012
tronmc

HGタイタス、スパローをパチる

初売りで買ってきたHGのタイタス、スパローをパチる。
さすがにパーツ配置覚える/読めるようになってきて、ほとんど説明書なしで組めた( ̄▽ ̄;

08 - 1

タイタスは意外と小さい。頭、体が不釣り合いなくらいのマッチョマンになるのかと思ったら、そうでもなかった。
柔らかい針が肩、膝にフルにつけられる量付属(4×2+3×2=14本)しているので、ゲート処理が大変だった。

写真 12-01-12 1 12 16

カッコイイとは言えないけれど、ジャパニーズニンジャスタイルで無性に気になるヤツ、スパロー。
ノーマル、タイタスと比べると隙が多めで、手の入れ甲斐がありそう。
ジャパニーズニンジャはアンテナ尖ってないので、その辺もどうにかするとおもしろそうだなぁ。

 

1月 10, 2012
tronmc

これで綴り覚えたよ、”BANSHEE”ね。

時期的にEXVSのDLCになったりしないかなー、と思ったこともありました。

RIMG1547

すんません、HGUCバンシィ二種買っちゃった。
AGEをイジりたいというのもあって、例によってパチ放置の予定だけど、HGUCのユニコーンは、素組みでおいといても比較的映える感じだったしとくに迷いはない。

RIMG1545RIMG1546

追加武装(アームド・アーマー)は、まだアニメ版を見ていないのでこのプラモが初めて。
パーツは可動なしの前後貼り合せ。シールドやライフルとは排他的な、ほぼ固定の武装と思ってもいいのかな。

RIMG1544

デストロイモードの説明書より。カラーガイドでリアルタッチマーカー推しってのもおもしろい。
説明書としては、普段MGやRGでやっているような(”ガンダムマーカー”でスミ入れしてみよう!っていうノリに近い)アプローチ。
サイコフレームのパーツは割とヒケ・透け・ウェルドが目立ちやすく、モールドが自己主張しにくい色かな、ってのもあるので、良いフォロー。

暗い色や、ツノなどいろいろと白ユニコーンより難易度が高そうだけど、スミ入れレベルでもやり方次第で白よりガラッと見栄えがかわりそう。そういう意味では高CPで手の入れ甲斐のあるキットと言えそう。そのうちパチろっと。

 

4月 7, 2011
tronmc

プラモも暖機運転開始!

2011-04-06 21.22.32

ぼちぼち暖かくなってきたので、塗装の機会も増やしていきたいところです。
とりあえず百式のビームサーベルを完成としました。基部は本体の金色と同じ。サーベル部分は未加工なのでどうするか悩みましたが、ものすごーーーく薄く希釈した白をサッと吹いてなんとなく根元あたりを濁らせてみました。
微細キズに乗ってそれらしく…と思いきや、全くもって微細じゃないキズが混ざってますねorz

C360_2011-04-05 22-32-00

あとはダブルオークアンタ対応のGNソードIVフルセイバーに手をつけております。
クリアパーツにヤスリをかけてシャープ化しています。写真はガンブレイドのパーツで、上が未加工、下がヤスリで整形したもの。もう少しガッツリ尖らせたいところなのですが、あまりやると先端が折れる(というか、1ミリないのでは?というくらい細かいレベルですが一回折ったくさい)ので、ほどほどに。
グリップがない側は海老川氏のイラストだとツライチなのですが、キットだと曲線的な段差があり、その処理をどこまでやるか悩んでおります(^_^;)
ま、数も多いので気楽に……と思ったら1キットあたり3つしかないんですな、これ。。

ページ:«123456»

Recent Tweet

category