Browsing articles in "1/144ガンプラ"
11月 4, 2016
tronmc

HGUC ペイルライダーができた話などなど

 

20161015_153452

モウ今年もあと2ヶ月しかねーよ。ちゃんと完成したの頭だけガンダムとターンエーライザーくらいじゃねーか!という焦りに溺れそうな10月半ば、HGUC ペイルライダー(陸戦重装備仕様)が完成しました。ストレートの全塗装。

20161015_15331420161015_153349

このキットは、友人は素組みしたものを「好きに塗っていいよ~」ということでビルダーズパーツのMSハンド01付きで預かったもので、その言葉に甘えてだいぶ色分けサボりました。

でもその分(?)スプリッター迷彩してみました。
……色の差異が小さくてあんまり目立ちません(涙)。

なんだかあともう一色欲しい感じに。オレンジめのコーションデカールとかあればよかっただろうか。

20161015_154118

しかしこれ、写真で撮るとクリアパーツで内部の目が屈折してか、しょぼんとしてるように見えます。
切ない(´・ω・`)

 

その他最近の出来事。

20161104_004801

プレバン再販でMGトールギスIIIを買ってみました。
ほどよいのっぺり感が、流行りの「情報量増やし」に挑戦するチャンスだぞと誘ってくれているようだけれど、仮組みしてもあまりイメージが浮かばず。やっぱり積み案件になりそうです。
ていうか今回も何箇所か接続部折れました(実はこれ、基部のボールが折れたのでメガキャノンつながってない)。
どうもガンダムW系のMGとは相性が悪いようで、ABSボールジョイントをハメたら最後、動かず折れるというのを必ず一回やらかすさだめらしい。

さだめとあれば 部品注文する そっとしておいてくれ

Screenshot_2016-10-31-16-58-52Screenshot_2016-10-31-17-04-53

デレステ。
使わないのに引きに行って散財する自分が憎い。
恒常を第一線で使っているので、ポテンシャル値11中10をVoに回しているんだけど、今度のSSRはDa。2枚目だからしょうがないけど、ぐぬぬ。どんだけファン稼げばもう10振れるのよ…。
イメージ的にはViで来るかと思ってたけど、関係なかった。

なお、今回は珍しく引き当てるまでのログを取っていました。

Screenshot_2016-10-31-16-33-25Screenshot_2016-10-31-16-33-54

1回目、2回目

Screenshot_2016-10-31-16-35-19Screenshot_2016-10-31-16-56-09

3回目、4回目

Screenshot_2016-10-31-16-57-29

5回目

引き当てるまでには5回。軽症で済んだといえば済んだか。

しかし5回目よ。
刺繍付きに虹色背景が2枚見えたときの、えも言えぬ感覚。

どっちかには来てくれるだろうか…いや、北条氏かもしれない、それはそれでまた引かなきゃで歯がゆい…いや待てよ、どっちも限定で一気に2枚コンプなんていうラッキーも……かーらーのー恒常2枚!なんでやー!
これで折れずにもう一回引きに行った自分を褒めてあげたい。

さだめとあれば 藍子を当てる 課金しておいてくれ

9月 13, 2016
tronmc

他のキットとの比較から見るRGクアンタ

RGのダブルオーガンダムについて、いろいろ比較など。
勢いで撮ってTwitterに載せたやつですが、改めて。いつもにましてピントが微妙なのが多くてちょっと凹む。

20160619_165414

以前作ったMGクアンタ(アンテナ下げ&太もも装甲上端延長)と。
とくに足なんだけど、MGはメリハリがある形状に見えます。RGはちょっと大根足気味。
胸なんかも、RGの方が平坦な感じで、MGは中央に向けて盛り上がってくる感じ。

RIMG1029

RGダブルオーライザー(00R)と。
ほとんど同じフレームを使いながら、かなり差別化している印象。
とくに、共通項多めな足。

RIMG1031RIMG1030

(クアンタの足のボケ、ホントすんません!)
00Rは、くるぶしが今までにないアレンジになっていたけれど、あまりしっくり来ていなくて、フレーム流用の都合を優先させたのかなぁ…なーんて勘ぐったりしてました!
00Rとクアンタでは形状としてほぼ同じであるここをきっちり修正してきたのは好感触。
その上で、アウトラインもかなり差別化、太ももですら全く違うという!

RIMG1032RIMG1033

あとはヒジのコンデンサの位置。
00Rではフレーム流用の都合か、コンデンサ部分が前腕と一体でしたが、クアンタではちゃんとヒジの軸に配置されております。
ここはフレームを使わず別パーツにして修正してきたので、大いに評価できるところです。

20160619_17312220160619_173142

なお、後ろ姿については00R(というかダブルオーガンダム)を推します。
やはりガッチリした足にこのケツがたまらん!()

RIMG1035RIMG1036

さて、ここでMGクアンタとの比較に戻ります。
MGクアンタとで大きく違うのが、胸部のGNドライブ周り。
劇中同様小さいユニットになっていて、GNドライブがなくてもバックパックが接続できます。
MGでは発光ギミックのためか(もしかして重量の問題もあるのかな?)おざなりになった部分で、付け外しという点でも不安が残る構造だったので、大いに評価できます。
GNドライブはちょっと外しにくいけどね。

RIMG1038RIMG1039

そして、なんと言ってもシールド上部のビームマシンガン。
RGではHG同様回転して前に向けるようになり、武器として使うようなポージングもできるように!
ちょっと形状が野暮ったくなりました。
ココに関しては、劇中通りのアームinアームの再現はまずムリなので、デザインのMG、アクションのRGという見立てになるでしょうか。

 

…ということで、RGクアンタ。集大成的な意味合いもあるのか、不満点の改善が目立ちました。
そこに関しては本当によくやって頂きました!と思うのだけれど、RGとして格別尖ったところもないのは致し方ないところでしょうか。そういう冒険は00Rの担当だったんですかね。

新ブランドとしても一段落。
MGといいRGといい、ダブルオー系の機体は流用に振り回された印象が強く、技術的に熟成しているであろう時期に商品化されており、恵まれた環境にも関わらず、ベストな仕様が突き詰められなかったのが残念です。

9月 11, 2016
tronmc

メタリックはヒケ処理が不安になる

RIMG1045

REVIVE百式です。
とりあえず表面にヤスリを当てたんだけれど…非常ーーーに不安。
処理した後なのに、こうやって裏のダボやらダボ受けやらが見えるんだもの。

いや、ちゃんと荒いのかけた状態で、角度変えて見てチェックして、ヒケはちゃんと取れてる(この段階では「はず」と言わざるをえない)んだけれど、こうもわかりやすいと、ボケて忘れたのがあっても気付きにくいし、なんとなく不安になってしまうのです。

RIMG1049

黒サフ吹いたらこの通り問題なし。ちゃんとやったもんね!
写真は撮ってないけれど、パーティングラインなんかも、処理してもそこだけ色が濃い線が残ってたりして…色にもよるんだろうけど、メタリック成型色は難儀なもんですね。

なお関係ないデレステ。

Screenshot_2016-09-10-16-51-15

一番やりやすい曲なので100万越えたい!
特技レベルとバクメン揃えをガンバロウ。

8月 12, 2016
tronmc

HGUC 百式(REVIVE) パチ組み!

20160811_183022

あんまり意識したことないけれど、百式好きなのかも。
楽しみにしていたREVIVE百式、さっそくパチ。
アンダーゲートの手間はあるけれど、パーツ数も多すぎず少なすぎず、とても組みやすかった!
オーソドックスな構造ということもあってか、オルフェンズのものよりもサクサク組めたような気すらします。

百万式と並べてみると…なかなか対照的。百万式ってこんなにグラマラスだったのね。とくに腰回り。

20160811_183504

シリンダーとヒザの合わせ目は埋めるのがベターかな。バインダーは…うん。
そういえば百万式は別ガードのアンクルガードがあったんだなぁ。ここらへんはあくまでデルタプラス/デルタガンダムベースだった、ということなんだろうなぁ。

20160811_183145

かなり前に作った旧HGUC百式と。左手は壊れてしまっております。
うわーっ、全然違うー!REVIVE版超スリムー!

20160811_18324620160811_183234

そして話題のバックパックのケーブル。
うーん。接続しないまでも、もうちょっと本体側にズラすとかってことにはできなかったのかな。

20160811_183541

上からのとこでもう一つ。
肩に合わせ目出ないのがうれしいところ。
上の写真で、消しきれてないんだかまたヒケてきてるんだかって感じになってるけど、旧版は前後貼り合わせだし、百万式にしても、モールド付けたデザインで対処しているとこなので、手をかけずに済むのはうれしいところ。

組みやすい上に合わせ目もあんまり目立たないし、色分けも完璧ではないけれど、かなり別パーツ化されているとこがポイント高い。なかなかに満足度の高いキットでございました。

 

なお関係ないデレステ。

Screenshot_2016-08-11-03-11-19

しゅがはさんの不具合がおいしすぎる。

8月 11, 2016
tronmc

HGBF ZZII パチ組み!

20160810_223520

先週(8/6発売日)はRGのシナンジュを…と思っていたのだけれど、直前になってめんどくさくなってヤメ。
代わりと言ってはナンだけど、ネットのレビューを見たらZZIIが想像以上にかっこよかったので、そっちに変更。足が長いのは多々あれど、ものすごくつま先含めてのバランスというのがおもしろい!

20160810_22424820160810_224239

ギミック的な派手さは控えめだけれど、これはデザインを楽しむものなのかな、と。
そこまで多くないけどZZっぽい意匠が効いてるし、そっちありきかと思えば、両サイドのバズーカがクレイバズーカ詰めたみたいだったり、ZII側も活かしているのがおもしろい。

20160810_223732

しかし、袖と手首がよく取れること取れること。
本体側の前腕には軸などはなく…

20160810_22381620160810_223807

PC-001(5)をそのまま押しこむだけ。それでがっちりはまればいいんだけれど、ゆるい。
一応前腕側の手甲とかみ合わせがあるけれど、そっちもゆるい。

うーん、珍しい。いったいどうしたというのだ、バンダイさん!

4月 24, 2016
tronmc

HGBFターンエーガンダムシン→ターンエーライザー

20160412_165301

おヒゲもひとまず一段落です。

20160412_162635

ターンエーガンダムシンですが、オーライザーの在庫()があったのを思い出して、イメージングビルダーズの作例を真似てターンエーライザーにしちゃいました。
ついでにダブルオーガンダムのGNドライブをアームを移植したりすれば「0∀0」っていう名前になっておもしろいんじゃ、とか考えたりもしましたが、大変なことになりそうなので撤回。

20160412_16364720160412_163715

オーライザーは、基本的に上記の作例にならって「白と青が逆転」するように塗りました。
(→作例制作のフクダカズヤ氏のツイートで触れられています)
とはいえ、こちらはターンエーシン本体をマニュアルに近い緑っぽい青で塗っており、なんとなくリゼル感が……
オーライザー中央の目立つところを黄色にして、本体の胸部との共通性を主張してみました(-_-;)

RIMG1009

これもまたフクダカズヤ氏のツイートにあるのですが、無改造でつけられますが、隙間は目立ちます。
こちらは作例のように立派なジョイント部加工をすることもなく、ただジョイントを削ってます(-_-;)

RIMG1010RIMG1011

オーライザー側も根元を削って無理やり短い軸をでっち上げ…

RIMG1012

ここまで密着。

20160412_16294820160412_162811

がっつり真上から覗きこまなきゃ違和感はないはず…

20160412_163208

なんとなくGセルフィッシュなポーズを取らせたくなってしました。
冒頭の画像でも3体並べましたが、「ライザー」にしたら、なんとなく∀とGセルフの間のような機体に思えてしまうから不思議なもんです。

20160412_164014

随分久しぶりに1品最後まで作りきったような気がします。
いや、実際そうか。
それはともかく、組んだだけでここまでのディテールのものができるなんて…ターンエーガンダムシン、本当に恐ろしいキットでございました。
プレバンもこういうのならば大歓迎なんだけどなぁ!

3月 1, 2016
tronmc

おひげちん(HGCC ∀)続き

DSC_0002

以前モデグラで載っていた「ガンダム配色」で塗ってみた。
センチネルを経て編み出された色のようだけど、ネット界隈でうまい人たちが使う「センチネル塗り」ともちょっと違う。
ちょっと前はセンチネル=パステルみたいな論調をよく見たけど、今は蛍光カラーを足すのが主流なのかな。

さておき、ターンエーにはあまりイメージが合わなそうなタイプの色だけど、あんまり違和感も無かったり。
ただ、自分の調色がうまくいったかは…。
もうちょい「明度を上げ」たいところ。
胸部のマルチパーパスサイロの装甲を青系でスミ入れしったら目立たないのなんの!これはちょっと濃いいよね。

DSC_0022

で、結局黒を入れることに。これでハッキリ致しました。
目の周辺はMGっぽく黒めのグレーで。
申し訳程度にロランくんも塗装(赤と青で塗りつぶしと線入れただけ)。

本体は無難にこんな感じで…。いつものことながらビームライフルがめんどくさい。

 

1月 25, 2016
tronmc

HGCC ∀ガンダムの後ハメ加工

20160120_010845

先月、ターンエーガンダムシンに興味を持ってプレバンを覗いたところ、つい数日前に2次の受付が終わったばかりで大層ヘコんだのでありますが、すぐに3次がはじまり、テンあげで立ち直ることができたおかげで、今日の僕があります。

ということで届いたのですが、後ハメの確認も兼ねてまずはおひげちんの方をやってみるのが味わい深いのではないかと思い、手を付け始めた次第。

RIMG0007 (2)RIMG0006 (2)

肘関節と前腕。
肘関節側のピン切るだけ。差し込んで下側で接着します。
グラつくということはないようだけど、一応真鍮線を入れてガイドに。真鍮線分、接着しろを稼げるかもしれない(誤差でしょう…)。

RIMG0985

真鍮線は、手首関節のポリキャップが入るピンを低めに切って、ピンバイスで穴開けて通しただけ。
2本くらいやろうかと思ったけど、意外と一本の方が安定したのであった。

RIMG0979

スネ。
スラスターベーン側のピンを短くし、本体は茶色いとこ切除でダボ穴をC字に。
写真右手の方向から、ダボ穴上にあるラインをガイドに沿ってスラスターベーンを差し込んでいくと、難なく位置が決まる。

RIMG0008 (2)RIMG0009 (2)

頭。
首のボールの受け穴含め、下側をゴリゴリ広げて、目・口のパーツを入れられるように。
若干不安だけど受け穴は再接着で再利用の方向。接着だけで弱かったら詰め物でもしてやればいいだろう、きっと。

20160120_011349

おヒゲさんの方はいいけど、シンさんの頭はちょっと合わせ目消すの怖いカモ(-_-;)

10月 2, 2015
tronmc

シリコンバリアーでのチッピングを試す

RIMG0957

HGUCのギラズールに塗装をしております。なんだこのカエル。

深緑が渋い機体だけど、もうちょいザクIIっぽい(いや、ザクIIでも色合いはいろいろあるけどさ)明るい緑にしてみたらどうだろう?地上版ギラズール…それを落ち延びた袖付き残党が末永く地上で使ってたら的なイメージにならないだろうか?という(書いてたら自分でもよくわかんなくなってきた)ことでやっており、ついでと言ってはなんだけど、シリコンバリアーでのチッピングを試してみた次第。

…と言っても、まだ剥がし作業はしていない。

していないけど、

RIMG0955

わぁ、スミ入れを兼ねたウォッシングして仮組みしてみたら、すでになんかいい感じに剥がれてるぞ!

RIMG0956

………いい感じどころかめちゃくちゃ剥がれてるんですけどぉぉぉぉぉ!

これはコントロールが難しそう。敗因はいろいろありそうだ。

1.手袋とかして、もっとこう…ふんわりタッチで触ってあげないといけなかった。
2.もしかして…塗り過ぎ?
3.剥がれて泣く部分があるなら全面に塗るなっつの。

とりあえず今後は3を意識するのが現実的かも。筆で塗っていくべきかな。
もしくは、エアブラシで全面にやるなら、砂吹きの要領がいいのかな?

5月 8, 2015
tronmc

体のバランスにテンションが上がる RG ダブルオーライザー

RIMG0838

RG ダブルオーライザーは、連休で仮組みのほとんどがおしまい。
思っていた通りのやむなし感がある部位もあるけれど、組んで見ていてテンション上がる箇所も意外とあって、本当にナーメテーター。

RIMG0842RIMG0846

ダブルオーライザーもいいけれど、ダブルオーガンダムの状態がかっこいい!テンション上がる!
あまり気に入っていないMGも、オーライザーなしならそんなに悪くないなぁと思うときもあるし、単体が良いのは別に珍しいことでもないのだけど…

RIMG0849RIMG0852

今回のRGは、ダブルオーガンダム史上最もドライブ、バックパックのない状態がかっこいいと思う!すごい!最高!
これが大正解といいうワケではないのだけれど、とてもうまくまとまった体型になってる。程よいボトムヘビー、
とかくバインダー等で印象が薄くなりがちなところなのだけれど、今回は00R形態でも消えない。

RIMG0854RIMG0856

説明書の組み立て順が足→胴体→腕→頭だったのだけれど、このあたり…胴体がついてから、腕がつくまでの間が一番テンションが上がった。
きちんと足の引き立つ胴体になっているなぁ、と。
またdisりになってしまうけれど、この胴体のバランスがMGでは不満だったので、余計テンション上がったのかも。

RIMG0864RIMG0866

おトルソ的なあたり。
今回は割と角ばっているイメージがするけど、実はやたら角ばってるのはこの肩口くらい。これが全体にカッチリしたイメージを与えるというのだから!

RIMG0867

しかも、この肩口は合わせ目があるという!
背中はLEDは入らないけれど、MGと同等のディテール。

RIMG0857RIMG0859

そしてこの短めでがっしりした腕!

RIMG0860RIMG0861

腕は、前腕の前側がライトグレーに。うーん、やっぱりこの配色がよくわからん。

 

RIMG0862RIMG0863

フレーム流用の都合、ヒジはレンズ部が関節の軸とならないのが、今までとの大きな違い。
前のコネクターはそんなにハマりますオーラもなし。色分けされてるのは嬉しいや!

RIMG0868RIMG0870

肩は分割、段落ちがあるけれど、エクシアのように色分けはなし。こういうところは分けてもよさそうなところなのにね。

RIMG0877RIMG0878

今回のRG版の真骨頂は、この後ろ姿じゃないかと思う。
いいケツしてますよ。下半身のガッチリ具合が如実にわかる。後ろは後ろで、前に突き出てこないから感じる体型の良さがあるように思う。
エクシアもこれくらい肩が小さかったら、設定画通りになってたかな?

RIMG0879

これがバックパック付けると案外普通なんだけどなー!^^;
おもりしろいもんです。

ページ:123456»

Recent Tweet

category