Browsing articles in "JEF UNITED"
11月 24, 2012
tronmc

残酷な歓喜の、残酷な方

2012年、最初のJ2プレーオフは6位の大分の優勝、昇格となった。
ジェフはたった一失点で、たった一試合を落とし、それで来年もJ2で戦うことになった。

思っていたよりもショックが大きい。本当に、残酷としか言いようがない。
ここで勝ってJ1に上がることができれば、それはもう、全てを手に入れると言っても過言ではなかったと思う。
今年一年の成果として。
そして最後の最後まで希望があった分だけ、負けた落胆も大きくなって返ってきた。
たった一試合、一点でここまで…

たしかに、プレーオフじゃなくても悔しいときは悔しいだろう。リーグ戦でも僅差ってことはありえるんだし。
もっと言えば、そもそも自動昇格していればこんな思いもしなくて済む。
そういう意味では、負けてしまった今では、これにだけが悪いのだからとひたすら嘆く必要もなく、もっといろんなところを振り返って、気にかけてもいいはず。
とはいえ、勝てば官軍で、一歩及ばない成績だったにも関わらず、一年でマズかったところも何もかもが吹っ飛びチャラになる…というのは言い過ぎだが、少なくとも後悔だけはしなくてよくなるはず。
そういうのが一発勝負で決まる、というのが今回のプレーオフの残酷なところ。
棚ぼたのようなチャンスでも、J1に戻る意味は小さくないので、残念だ。

試合自体は悪くなくて、サイドを有効に使ってチャンスメイクもできていたのになぁ。
最近深井があまり出ていなくて、しゃかりきなところが見られなくて寂しいけれど、谷澤もまたいい感じで。
兵働も効いていて、さらにはフリーキックも本当に惜しい。レンタルだけどいつまでなんだろう。来年どうなるのかな。
米倉が活躍しているのも嬉しかったな。
一点を取られて、最後はオーロイを入れてのパワープレイ。といっても、このパターンはあんまり上手くいっていないような…。トールハンマーに限らず、このチームのラストのバタバタっぷりはいつ見ても切ない。(どこもそうなのかな?)

プレーオフははもうしょうがないけれど、来年もなんとか食らいついて頑張っていってほしいな。
順位だけ見ると、なんだか中位が定位置みたいなところもあるから、「中位のメンタリティ」と言われないように上に行ってくれれば!

5月 17, 2012
tronmc

IS12T:Jリーグ順位表EX

IMG_0902

”あの”Jリーグ順位表がパゥワーアップしていた!

試合結果が見られるのが嬉しいのはもちろんだけれど、個人的にはゴールランキングがツボ。
favoriteの某チームは、FWの爆発力や攻撃面の思い切りが足りていない印象なので、得点ランキングに名前が入っているのを見ると安心するのだ。

田中佑昌と藤田が5点、深井が4点かぁ。
この間の町田戦がそれぞれ3点、2点、1点だったから…うーん、もうちょいコンスタントに取って欲しいなぁ。

などなど、WP7でも、よりJリーグに思慮を巡らせることが可能になったぞ!

5月 14, 2012
tronmc

6点も…。(2012 J2 第14節 町田×千葉)

6-1で勝利。6点とかなんだかジェフらしくない!
田中ハットおめ、そして藤田と深井も順調にお仕事。

それはいいんだけれど、6点も入れて、常に点差をつけながら戦っている試合とは思えなかったなぁ。
ジェフの割にはそんなにボールを支配していないし、得点も裏に抜けやすい前掛かりな相手だったからここまで点が取れたんじゃないの?という印象。
さらに、守備はなおマズくて、相手に簡単にクロスからのシュートを打たせる場面が多かった。それも、遠いならまだしも、けっこうゴールに近いところで。こんなんでいいの?というディフェンスだったなぁ。

そこらへんいくらかいいんだけれど勝てなかった今までと、まだまだなんだけれど勝っている現状。どっちがマシなのかねぇ、う~ん。

 

しかし、敵ながら平本は恐ろしかった!

3月 4, 2012
tronmc

2012年のちばぎんカップからオシム時代を懐古する

スカパー様でおこぼれにあずかり、2012年はちばぎんカップ視聴から開始。ありがたやありがたや。

ここ数年、ビルドアップのもっさり感が気になっていたけれど、動いてスピーディにしかけられるようになっていたので、おもしろかった。パスの「とりあえず」な感じもあんまりない。出場機会がなかったオーロイどころか、ゲッセルももういないので、背の高い人に、とりあえず競ってとけよ!と無茶振りすることもできないのだから、さもありなん、か。去年は楽をしすぎたのかもしれない。

ホント去年と変わらないな、というのは深井の奮闘っぷり。
新顔も増え、放送の画質もお世辞にも良いとは言えず、誰が誰だかわからない場面も多かった中、あの人のプレーは一目瞭然。ギリギリまで粘っていくボールキープの攻防と、思い切りの良いシュートは今年も効いていた。

動いてつなげる、というとやはりイビチャ・オシムの時代を思い出さざるを得ない。しかし、パッと見だが、改めてあの頃と決定的に違うな、と思うのは、サイドの使い方。あの頃のジェフのサイドは安全地帯というか、危ないときに預けられて、突破力もキープ力もあるもので、サイドからギッチり前まで運んで放り込むのが定石だった。
しかし、今は浅めから中に入れる方が有効で、ゴールライン近くまで持っていってもあんまりいいことがある気がしない。
これは今年からこうなったというわけではなく、オシム離れ以降の選手、監督、方針(戦術)の変化・入れ替わりが積み重なってきた結果だ。職人的なサイドプレイヤーがいなくなったこととか、昨年なんかだとオーロイ頼みで中盤を省略気味だったとか、言い訳・要員は山ほどある。
結局深井が目立ったり、コーナーキックが少なかった(そもそも時代錯誤かもしれないが)のはそういう部分が表れたのかもしれない。
しかしながら、今年のチームは、ここ数年と違って、かつてのように深いところまで持っていってチャンスを生み出すサッカーをやれるのではないかと思える。あくまでやろうと思えば、だが。サイドにとても強いプレイヤーがいるわけではないし、最前線でのプレッシャーのかけ方も違う。が、違うなりに補えるパスワークと動きを持っているように見える。要は今年は躍動感があって楽しみなんだ!

今となっては、流行った分だけ走力、スタミナベースのサッカー自体や、その対策(ドン引き等)も珍しいものではなくなり、むしろ日本ではよりリスキーな戦術になっているんじゃないかとも思うし、ジェフがそこに固執する必要は全くない。でもって望まない。ただ、全体が動いて、二列目、三列目から飛び出し波状攻撃をかますオシムサッカー時代的ロマンは、サイドをえぐってナンボのもんだと思うので、今年はちょっと妄想したくなっちゃうのだ。

7月 4, 2011
tronmc

オーロイは伊達じゃなかった(2011年7月現在)

昨年秋頃から、月初の土日にスカパーe2が全チャンネル見られることを知り、毎月毎月忘れたり思い出したりしながら、ジェフ千葉の試合をテレビで観るようになりました。

といっても、去年はほとんど見てません。
初のJ2で、昇格が至上命題という中、試合結果とエジさんコメントを見ているだけで十分な悲壮感が味わえました。
順位的に、上も下も見なければならないラインで、負けたらもちろん、勝っても悲壮という具合で、なんか目を背けざるを得ない、というか。

そんな中でも、オシムチルドレン復帰組を中心に選手や中身にもいくらかは関心があって、とくに佐藤勇人の大黒柱っぷりは感心したものでした。折れたら(勇人が出られなかったら)どうだろうねぇ、という感じもありましたが。
他方、もちろんそんなに安定感がないのに、中盤が命綱気味なチームにも見えて、オフに工藤、ヤザー、アレックス(一応、倉田も)と抜けたときにはどうするのこれ?と半ば諦め気味でした。

と、こちらも嫌でも開き直らざるを得なかった2011年シーズンですが…このチーム、なかなかおかしなことになってました。
Jリーグに関心がある方にはおなじみでしょう。バイキング寄りな欧州から来た新しい概念、トル・ホグネ・オーロイ!
身長204cmの、高すぎプレイヤーです。金色の長髪に口ひげ、あごひげをたくわえ、ほろ酔いしてそうなほんのりピンクな頬。兜をかぶせたらバイキングとして通用しそうなルックスもJリーグには新しい!
ポペスクオシム以来ガツンとしたネタに欠けていた感じがあるジェフですが、個人的に、こいつは久々に「きた!」というところです。

Continue reading »

8月 1, 2010
tronmc

拝啓、巻誠一郎様。

普段はほぼ書いていないカテゴリですが、『拝啓 巻誠一郎様』リンク集|今日も振り回されっぱなし・・・を拝見して、書いております。。

正直に言って、私はフクアリにいたとき、あまり巻選手を見ていませんでした。

学校教室のTゾーンというのをご存じでしょうか。教壇から見て、いくつかのセンター縦列、それと最後尾何列かの横列のことなのですが、そのゾーンは教師の視界に入りやすく、授業中居眠りをしにくい、当てられやすいと一部で言われております(苦笑)。

私はどうひねくれて育ってしまったのか、逆にそのTゾーンをあまり見ない人間になっていました。
ですので、フクアリでも、サイドとディフェンスラインばかり見ていました。
もっとも、私が見ていた頃はジェフのサイドが熱い頃でしたし、元々ディフェンスをやっていた人間だったので、ということもあります。
そんなこんなで、私がフクアリにいたときは巻選手は必ずそのピッチにいたのにも関わらず、ほとんど見ていませんでした。ごめんなさい!

しかし、フクアリで応援をしていて、良いときも悪いときも一番エモーショナルにさせてくれたのは、巻選手だったと思います。
一番盛り上がったのは、巻選手がゴールを決めたとき。
負けているときにすがるように何かを求めていたのは、巻選手に対してだったし、倒されたときに「大丈夫、立ってくれる」という期待の気持ちと、「巻でさえこんなに痛がっている…」と不安の気持ちがせめぎ合うのも、巻選手ならでは、でした。

また、ピッチの外でも本当にジェフのために尽力してくれたことは言うまでもなく感謝しています。
おかげさまで、ジェフ千葉が好きだと誰かに言って、誰か(有名な)選手いるの?と問われれば、迷わず「巻」と言えるようになりました!

そんなジェフファンにとっては、巻選手がジェフを離れるというのはアイデンティティ崩壊モノです。
しかし、ファンも現実を見ないといけないと思う次第。

自分が拠り所にしている「巻誠一郎」は、日本代表はおろか、最近あまり点も取らなくなり、出場機会さえ無くなっている!下手でも泥臭くても、若いからこれからこれから!と思い続けていた…ら、今回の報道でもう30歳も目前と知る!
アイデンティティを、そしてジェフ愛をスケープゴートにして巻選手を縛っていいはずがない…。もうそういうところまで来ているのだと知りました。

はっきり言って、移籍については期待しておりません。
巻選手は、生かしてもらえる女房役がいないと…と考えているからそう思うのですが、オシムさんの薦めなんだったら、そこもどうにかなるのでは……と祈るしかありません。ゴールも、成功も、ジェフへの帰還も…祈ることしかできません!
厳しい挑戦だと思いますが、どうか、どうか成し遂げてきて頂きたいと存じます。

またフクアリで、ダイナミックでパワフルな巻選手が見られることを信じております…!

7月 28, 2009
tronmc

エジさんktkr!

アレックス・ミラー監督の契約解除並びに江尻篤彦監督就任について

監督が江尻氏!
生え抜き、って言うの?Jリーグ始まって以降のいわゆる「ジェフユナイテッド」に在籍していた方が「ジェフユナイテッド」の監督をやる…そんな幸せな事態がやっとジェフにも訪れました。
しかしコーチに間瀬氏、ってぉぃ!指導者が和製オシムチルドレンやー!
選手はともかく、指導者でそういう存在が出てくるのは嬉しいなぁ。

もちろん、嬉しいだけの話ではなく、成績が悪いから監督交代が起こったのだから、結果を出して幸せを本当の幸せにして頂きたい所存。

Continue reading »

3月 2, 2009
tronmc

2009年のジェフには…

J1戦力分析:サッカー/7 ガ大阪/千葉 – 毎日jp(毎日新聞):
【J1戦力分析】千葉 少数精鋭のポリバレント軍団(サッカー) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース:

昨年は本当に奇跡的に残留できたのはよかったけど、もう残留争いはごめんですね。

さて、開幕を控えて戦力分析が出てきています。
都合で転居した関係から、ミラー体制になってからの試合を見たことがないので、そういう人間が言うのはなんですが、今年はあまり期待していません。。

ミラー監督は「優勝」と言ってますが、本当にそこまでいけるレベルなんだろうか…
FW以外は適宜な補強はできているとは思いますが、「これぞ!」っていうのはないですよね。
前オフのようなゴタゴタはなく主力は残っているので、「ベース」という部分はある程度あるんでしょうけど、その「ベース」自体が失礼ながらあまり期待できない。
ミラー体制になってからの昨シーズンの成績は悪くも無く、良くも無く、といったところでしょうか。残留が出来る成績にはなった半面、終盤は相手に研究、対策されていたのかズルズルと負けが続いて、結果「奇跡的な残留劇」というのができあがりました。そういう部分が「ベース」なわけですから、あまり期待できないんです。

ただ、今年は最初からミラー監督が見てくれるということで、オフの練習やキャンプで「ベース」の底上げが成されるものだと思っていたのですが、どうでしょう?
ちばぎんやTGを見ていない私にはわかりません。
しかし、それらの結果だけを見ていると、世の中そんなに上手くはいかないのだよ、というような感じに思えてしまいます。

ですので、今年のジェフには期待していません!
頼む!それを裏切ってくれ!

3月 16, 2008
tronmc

改めて。私はジェフユナイテッド市原・千葉を応援します。

随分久しぶりにここに来た。
半年、いや、それ以上のブランクがあった。

001

Continue reading »

3月 6, 2008
tronmc

浅い眠りに俺が泣いた!【サッカー編】

ハイ夢でした、ではもったいない夢を見たのでメモっとく。

枕の上で見た夢の話。

Continue reading »

ページ:12345678»

Recent Tweet

category