Browsing articles in "仮面ライダー"
9月 2, 2011
tronmc

終わったので振り返る「仮面ライダーオーズ」

オーズをどういう言う前に、まず前作のダブルが、おおよそ仮面ライダーらしくないほど、佇まいの良い作品だったということは書いておかないといけない。
例えば、末永くドル箱になるとか、愛玩されるものを作ることができたか、という側面で見ると、劇場で息長く活躍している電王や、それに登場するイマジンたちには敵わない。だが、アクション、ギミック、デザイン、ストーリー等々、とにかくどの分野においてもバランスが良い。オーズが終わった今、余計にそう感じる。

先に電王を例示したが、オーズもそれに近い。変身フォームの”性格”を生かし、ホモソーシャルで魅せる部分にそれが顕著だ。とくに後者はダブルの影響からか、「二人」を強調するものになっており、次作のフォーゼも同じ構造が予想される。同じような(サブカルの)世界だとタイガー&バニーが今のホットトピックだが、このあたりはなかなか堅実だ。

ただ、電王と違って意欲的な部分であり、ほころびを生んだ部分でもあるのが、オーズ(=その作中世界の仮面ライダー)及びその変身ガジェットであるオーメダルの出自について踏み込んだところ。
電王では、電王とゼロノス、そして時の列車だが、ここに触れないことで、概念ごと疑念をすっ飛ばしてしまえていた。強いて言えば、本編ではゼロノスと桜井侑斗(青年)絡みがあやしいが、最終的には「気にするな!」と言わんばかりの展開になっている。
そもそもオーズは、その部分に踏み込むことで話を回しているというか、その部分が巻き起こす騒動の話と言えるのだが、終盤それをきちんと落とし込むところに落としきれなかったという印象だ。序盤から中盤は、コンボ(フォーム)や派生形態など、ガジェットを使うとこうなりますよ、という表面的なところを使って話が作られており、まずまず安定していた。コンボが出尽くした終盤からはシステムの出自、性質を使って話が作られていったが、少なくとも自分は、きちんとした背景、方向性を感じられなかったし、よくわからないまま理論付けがされていたようにも感じる。

明るく楽しむ娯楽としては、最後はグリードもメダルも片付いたし、アンクといっしょにタジャドルでヨカッタネ、というところなのだが、終盤のめまぐるしさ、簡単に言うとワイリーステージ感のハンパなさは否めず、それを踏まえるといい終わり方ではなかった。もっとも、いい終わり方をすると、悪者(ドクター真木)のセリフ通りになってしまうので、オーズは美しく終わってはいけないのだろう(苦笑)。
ひょっとすると、この少しモヤッとするような終わりは、視聴者の意識にきっちり幕を引かないためのものなのかもしれない。事実、映画版はここまで一貫してパラレル進行ながら、本編ではメダル壊滅、という状態でMOVIE大戦が待っており、そこらへん細かいことで騒がないためにも、ゴチャゴチャで終わるくらいがちょうどいいのかもしれない。

しかしながら、飽きない仕掛けには事欠かなかった一作ではないだろうか。最たるものはコンボ、派生形態の豊富さで、当初は出るたびにスケジュール等(違う要因とはいえ、以前響鬼の件があっただけに…)、製作側は大丈夫か?とビクビクしていたが、今となっては何の不安感もない。ダブルの下支えもあるとは思うが、本作も玩具ではかなりの結果を出しているようなので、フォーゼにも、オーズに負けないリッチな作りを期待したい。

関係ないけど、作中の物量に対して、商品ラインナップとしてのセルメダル玩具が最後まで圧倒的に足りない印象。ガンバライドでも使えなくなるので望みは薄いと思うが、もうちょい放出してくれないもんかなぁ。

6月 1, 2011
tronmc

フィギュアーツタジャドルの顔を分解して目力アップ

10000002401000000239

だいぶ手に入りやすくなってきましたフィギュアーツのタジャドルコンボでございます。
顔(バイザー)の赤が濃く、中身が目立たない感じがしたので、塗り直そうと分解したら…あら不思議!バイザーはたいして赤くないのね!
でもって、バイザー側に目や口の面が付いちゃってます。

ちなみに、分解は接着が強いのでかなりの荒療治。右端の黒いパーツを縦に割っています。
外見に支障こそ出ませんが、オススメしません。
関係ないところでバイザーにヒビ入れちゃったりしてるし…。

10000002371000000236

本当のお顔たるべき中間のバーツが赤く染まっており、さらには裏面に複眼モールド+銀塗装が。

10000002341000000231

とりあえず中間パーツの表の赤と裏の銀をシンナーでこそぎ落とし、裏にホログラムフィニッシュを貼ってみましたが、あんまりパッとしません。
バイザー自体があんまり透明度が高くないみたいです。

1000000223

最終的には、口の部分をマスキングして、中間パーツにクリアオレンジを吹き付け、アイキャッチのような色合いにしちゃいました。だいぶ目力アップ!でも面の都合上、どうしても目のフチの赤味が濃くなっちゃうんですよね~。。どうしてこうなった!(構造的に)

5月 29, 2011
tronmc

追加ネタバレ批評 映画:レッツゴー仮面ライダー

事前情報でも勘違いできるレベルだからこれはおおっぴらに書いてもいいよなぁ…。

ショッカーグリードだよショッカーグリード!

アンクが40年前の世界でセルメダルを落としたことで誕生し、1号、2号以降のライダーのいない世界を作る元凶となった存在。
これの誕生に関与したセルメダルって、実質的にはたった一枚。
というか、ショッカー・コアメダルがこの一枚のセルメダルを取り込み、ショッカーグリードになりました。

つまり、セルメダルを入手する以前に、ショッカーはショッカー・コアを所持していたんですよ!

別にそれ自体はいいんです。というか、こうして書いているといいように思えます。その組織力、科学力で多方面の研究をしていて、その一環として、中世ほどの時代から存在するオーメダルに関して研究していて、ショッカー・コアをってことでもおかしくはないですよね。
でも実際はそういう描写は一切ないわけで、降って出てきたような話なわけです。

これが、アンクが落としたセルメダルを元に研究をし、ショッカー・コアを開発した…という話ならば、ショッカーの科学力や努力を感じられると思います。そうすれば、自ずと敵としての強大さのイメージも高まりますし、元来ショッカーを出自とする仮面ライダー自体にも箔が付くというものです。
本来のイメージ・考え方とは異なるかもしれませんが、オーズ(TV)の仮面ライダー1000回記念のエピソードにおいても、前向きさはともかく、ショッカーは苦汁をなめつつも頑張る存在として描かれたわけです。

小さいことですが、そういう整合性を取るというだけでもだいぶブランドイメージは上がると思うんですけどねぇ…

5月 17, 2011
tronmc

映画:オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー(ネタバレ有)

10000000901000000094

映画の話も去年からだいぶたまってるけど、とりあえず最近のを。

この映画、何に驚いたって仮面ライダーGが出ないこと…じゃなくて、パンフの大きさに驚いたよ。B4?
とはいえ、中身が濃いかというとそうでもない。全ライダーの振り返りの場面写真+テキストがあって2割増しお得か?というくらい。オーズのタトバ~シャウタ、タマシーのコンボ、昭和・平成のライダー群の全身写真が一挙横並び(とはいえライダーによって大きさが異なり、とくにシンの小ささは同情を禁じ得ない)になっている図に横長のサイズが生かされているが、逆にサイズの恩恵はそれだけのような気もしないでもない。

というか、中身はともかく表紙にツッコミを入れよう

Continue reading »

5月 12, 2011
tronmc

バンダイがいい仕事した!—S.H.フィギュアーツ NEW電王 トリロジーVer.

10000001381000000137

装着変身からの切り替わりの時期に登場したこともあってか、S.H.フィギュアーツ展開初期に限定品として発売されたNEW電王。
自分のおもちゃ趣味に走るきっかけの一つとなった一体で、このキャラクターがアクションフィギュアとして在ることに非常に満足していたものです。
しかし一つだけ、とても大きな不満がありました。
劇中で見られる、NEW電王独特の、伸ばした片足に重心をかけ、もう片方の足を少し曲げるというちょっとお行儀の悪いポーズ(笑)がとりづらいことです。劇中ということで言えば、相撲のまわしを掴むようなベルト掴みが難しいことも気になっていました。

Continue reading »

2月 18, 2011
tronmc

(フィギュアーツ)オーズ、分解!

RIMG0440

ガリッ、ガリッ、パコーン!……ってそれバースやないかい!w

幼児誌オリジナル形態の「タカパンバ」(タカ・パンダ・バッタ)が、色と胸のサークル内の意匠以外はタトバと同じらしいということで、んじゃ胸の意匠を作ってリペイントしてみよう、と思い胴体部を分解してみました。

RIMG0441

軽くストーブで暖めながら少しずつドライバーを入れてはぎ取りました。
下から攻めてバッタもろともはがしております。
 

RIMG0442

その後、はがしたバッタとトラを分離。この写真は裏側です。ここはダボなので、本体からはがしてしまえば簡単でした。

RIMG0443

これまた裏側。なんとなーく後ろのデカい丸付きのパーツもはがしてみたり。なにげにここにも体のメダル色のラインが入るので地味に塗り分けが必要です。

プラの部分はいいのですが、腕等の軟質素材の部分は色落としとか塗装とかどうすればいいのかな~、とまったり考えております。
それはともかくメインは胸部分の彫刻ですからね。どこまでやれるかな?腕試し!

2月 5, 2011
tronmc

S.H.フィギュアーツオーズ…もといアンク!?

S.H.フィギュアーツのオーズが発売されましたが、本体を差し置いて初回特典のアンクが楽しすぎてしょうがありません。
スタンドにディスプレイできるように3mm径の穴が開いているので……

RIMG0416

figma関節にもジャストフィット!使えるバカだと思われたのか、平沢さんちのお姉さんが乗っ取られたようです。

RIMG0427

こちらは…さすがのアンクも団長には…?逆にアンクが乗っ取られたんじゃないかと思われますw

RIMG0426

GNドライブの代わりにグリードをエネルギーにすることもできそうです。

 

RIMG0419RIMG0420

本体ですか?ええと、持ち手がDXトライドベンダーにぴったりだし、OCCより乗せやすいなんてありがたいところはあるけど、メダジャリバーの保持が微妙だったり。ほんとそんくらい。

RIMG0422

そういえば展開/非展開問わずトラクローはパーティングラインが目立ちますね。

ホントに本体そっちのけでアンクで遊んでばっかりいますゴメンナサイ。プレイバリューが高い証拠ですかね?
ただのオマケと思いきや、こんなにハマるとは思ってもいませんでした。

1月 30, 2011
tronmc

DXタジャスピナーで「♪タ~ジャ~ドル~」

RIMG0412

メダルセット01、02ときて、またまたやってまいました(-_-;)
劇場版(MOVIE大戦CORE)にて既に登場している、たぶん中間強化フォーム的な存在、仮面ライダーオーズアポロガイストタジャドルコンボの固有特殊ガジェット、タジャスピナーを一週間遅れでゲット。
テレビでは本日放送分から登場かな?劇場版ではこのアイテムは登場していないのに登場前週から登場ということで、説明書等で察しはつけど、具体的にどういうアクションで使われるのかは厳密にはわからない一品です。

体調が良くなかったので先週の現場争奪戦は降りたのですが、運良くネット通販で買えました。定価だけど、寒い中何時間も並ぶ苦労よりは…ねぇ?w

メダルのサイズから察……することができる方はある程度頑張ってたり運があったりする方だと思うのでなんなのですが……察することができると思いますし、また、子供玩具ですから、それほど大きくはありません。
普通の武器ならそれはそれでいいのですが、これ、(デンカメンソードじゃないけど)つり革みたいなグリップで保持するので、いい大人にはちょっと厳しいものがあります。グリップの幅は7.5cm弱。私の場合は少しキツいけど四つの指がやっと収まる程度。きっと本当は親指の付け根までグリップを持っていくんでしょうけど、骨の都合上ムリですorz

RIMG0411

カパッと開いてメダルが7枚入ります。このお皿が高速回転するのですが、これにオーズドライバーに付属のオースキャナをあてると、本来「キーン!」という感じのメダルスキャン音が高速で重なり、「カキコキコキコキコキコキーン!」というサウンド体験を味わえます。これはなかなか爽快です。(別にこいつが無くてもできることですが、それを言ったら…ねぇ?w)
あとは真ん中にお約束の終端装置的回路があるようで、それを読ませると”ギガスキャン”発動。

……っていう最大の遊びどころであろうこの一連の動作、この玩具に電池を入れなくても成立するんですよね…。
単4電池2本がありますが、必殺技音、攻撃音を対応するボタンで流す等、単体完結の動作ばかりなので、現状ではあんまり電池の必要性を感じないんですよね。しかも、必殺技音、攻撃音ですから、ドカーン、ボーン、みたいな類を繰り返すのでおもしろくない以前にムダにうるさい…というあたりも電池要らない感に拍車をかけております。

RIMG0414

で、結局は一番の楽しみは付属のメダルを使った新しいコンボ音声だったり。
そこに重点を置いちゃうと、メダルセットよりはコストパフォーマンスが悪いような気もしてしまいます(^_^;)
が、これからの放送でバンバン使ってもらって、持ってる/遊べる楽しさを提示して頂ければ!ていうかして!w

9月 7, 2010
tronmc

DXオーズドライバー、アクセルドライバーのベルトを延長入れ替えするの巻

DSCF4250  

なんとなく(爆)ベルトの入れ替えをして腹が太くても入るようにしてみたぜ!
(実際は製品サイズだと入らないけど延長すると余るので微妙なんですがw)
工作はプラスドライバーとキリがあれば簡単にできますw

DSCF4245

アクセルドライバーのバックル接続部をネジで外すとこんな感じになっております。オーズドライバーもいっしょ。
穴さえ開ければ楽勝なワケです。
ディケイドライバーは縦棒が通ってたのでカシメが必要でしたが、だいぶ楽になりました。

DSCF4246

穴開けてさきっちょの幅を調整してはめると、こんな感じ。

DSCF4247DSCF4248 

で、両方やるとこうなります。元のベルトの本来前に来る部分を後ろに回した感じですね。
写真はアクセルドライバーのドライバーを外した状態。

DSCF4249 

メカニック感ははないけど(そもそも製品のもないしね…)、そこそこの質感になったかな?

 DSCF4252 DSCF4251

オーズドライバーも同様に加工しました。
スキャナホルダーは製品だと付属のベルトに固定されていますが、これまたネジを外せばどうにでもなりますw
ベルト入れ替えは「ライダーが付ける」というのをガン無視して、こうやって現実のオサレ(死語)を盛り込んで作れるのが楽しいですよ!(爆)
ちなみにどちらのベルトも古着屋さんで買ったものです…w

ダブルドライバーは未だに合う感じのものが見つかってないので追々…。

しかしオーズドライバーはすごいですね。
メダルにICが入るのは想定範囲内かな?と思いましたが、まさかオースキャナが本当にそれをスキャンするものだとは!子供もおもちゃのレベルを越えてます!

8月 13, 2010
tronmc

S.H.フィギュアーツ:仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム

RIMG0031

せっかく諦めてたのに、なぜか数日前に尼の予約が再開されてたのでポチっちゃいましたw
とりあえずガラ子と戦わせました(何故…

RIMG0032 RIMG0033

斜めとかから見るとさして気にならないのですが、真正面からマジマジと見るとコレジャナイというか…スカル以上の「お前グレイか!?」感。
あとは…アレですね。意外とデザインがのっぺりに見えるんですよね。とくに右側。
でも普通のWサイクロンジョーカーでもそれは同じで、とくにスミ入れやモールドがどうこうってことはないんだけど…う~ん、なんでかなぁ。

RIMG0039

さしあたり、適当にポーズつけて飾っておく分には気にならないんでよしとしますか…。
……ファングジョーカー買った方がよかったかなw

ページ:1234567»

Recent Tweet

category