Browsing articles in "ライフ:暮らし"
5月 1, 2017
tronmc

「まぜそば塩バターコーン」の刺激にやられた…

偶然もあるかもしれないけれど、新しい刺激が味わえた。
盛岡の二郎系の一店舗、「踊ろうサンダーバード」さんで食べた「まぜそば 塩バターコーン」がすごかった。

2017-05-01-11-42-35

こちらのお店はほのかに甘みを感じる極太麺がうまいのだが、それに塩っ気のあるバター風味のタレが絡み、麺とタレで……ほんわりとしてしまう。
二郎系と聞いて思い浮かべるようなジャンキーさとは縁遠い世界……何を食べに来たんだろう……

と思いきや。

よーくかき混ぜて、にんにくが行き渡ると様相が一変。

刻み生にんにくが効く!

辛い!

ブラックペッパーのせいもあるのかもしれない、でもたぶんにんにくの方が強い。
唐辛子の系統とは違う辛さが舌に焼き付く。
もしにんにくだけならもう食べるのを止めてしまうような辛さだ。

だがしかし、それでも食べる手が止まらない。
明らかに主軸はにんにくの辛味、旨味なのだが、ほんわかとした塩バターのタレが縁の下で支えている。
それがたっぷり絡む極太麺で食べられる幸せ!小麦粉はメディアであるとは誰が言った言葉か。ジェーン・スーだ。あれはきっとこういうことだったのだ。

今まで何度かこのお店で食べているけれど、他のメニューを食べている限りは、にんにくにこんなに辛味を感じることはなかったので、まぜそばなので汁に浸りづらく、温まらなかったせいもあるだろうが、仕込みや材料の面でたまたまそういうタイミングだっただけなのかもしれない。

しかし、生の辛さを正面から受けて、それでも全く止まらなかった、これは初めての体験でとても新鮮だった。
いつもは背脂や豚も合わせた複合的ジャンキーだけど、今回は確実ににんにくが主役。塩バターコーンの衣装を来たにんにく姉さんが主役。
いつもと違って豚は脇役。箸休め。でも、だからこそ、豚増ししたらより主役の迫力を感じられるかも。
あと、後々やたらに背脂の味が思い出されて中毒症状が出たりしない。これは大事なことかもしれない(笑)。

2017-05-01-11-42-24

確実に賛否両論ありそうだけれど、にんにくジャンキーには是非味わって欲しい一品。
ということで、にんにく側の写真をもう一枚載せておしまい。

3月 28, 2016
tronmc

栃木でおいしく頂いたもの(※但し…)

先週栃木に行った際にとても気に入った食品が2つあるのだけれど………

全く栃木関係なかった!

20160322_211024

一つはとうがらし梅茶。
ホテルのアメニティとして置いてあった。

梅こぶ茶は調味料にも使われるくらいなので、喫茶の世界の存在なのかメシの世界の住人なのか、どっちともいえないホンワカ感があった。
が、これは唐辛子がきっちり効いてピリ辛なので、アメニティだと思ってゆるい気持ちで喫茶すると、メシの世界に投げ出されいたような感覚に襲われ、俺はガッツリスープ飲んでたんだ!という気分に。

でも、具が欲しくなるというより、何か食べてるときに飲みたい感じ。
付属のわかめスープをこれに置き換えて焼きそばバゴーンを食えたりしたら最高だね。

 

もう一つは、器に開けた写真で申し訳ない…

20160322_210938

梅ザーサイ。
下りの上河内SAで食べた餃子定食につけ合わせでついてきて、食事が終わったら迷わずSAのおみやげコーナーで購入。

ただでさえあのバリバリ食感がたまらないザーサイに、旨味の効いたカツオ梅!
うまくないはずがない!

梅干しみたいに「酸っぱいの?どんだけ酸っぱいの?」という妙な緊張感もない、適度な酸味。
ザーサイはピリ辛なもの、アブラっぽいっものが多く、それはそれで好きなんだけど、これはさっぱり食べられるから、いつでもOK。
刻んでご飯にまぜておにぎりでも作って御覧なさい。
メシに食って、おやつに食って、小腹が減ったら食って…一日中食ってられるよ!

 

あ、気に入った食品っていうか気に入った梅グルメだったな!HAHAHA!
さーてポチるぞー!

10月 22, 2013
tronmc

横浜土産、ラムボール

ということで、横浜は喜久屋のラムボール。GalaxyNote3の13Mで試し撮り。

20131021_193646

酒系スイーツが苦手な方にも!…ということは全くないようだが、このテもきっちり守備範囲な自分はとてもおいしく頂いた。
お酒っぽさは抑えめな方だけれど、そこがお上品。チョコは甘さ控えめで、レーズンが映える。
あんまり冷やさない方が好みだった。

10月 28, 2012
tronmc

郷愁の、萩の月

20121028-220427.jpg

転勤族の家庭で、幼い頃何年か仙台に住んでいた。
そこを離れてもしばらくの間、仙台は自分が住んだ中で一番の都会だった。
だから、成長に伴って世界が広がるという流れの中では、ある意味最高到達点だった。また、離れてからもそれ以上はなく、つまりはおおよそ逆行だったため、懐古の情と共に憧憬が深まった。
もっとも、ただ都会だから良かったのではない。そこでの暮らしが充実していたことも大きい。

余談。
都会でも住宅地は地味だ。幼いので自力での移動手段は歩きか自転車しかなく、地味な範囲から抜け出すには大人の手を借りる必要があった。それもまた…といってもこちらは主観的な意味だが、成長(大人になること)によって世界は広がるのだということを信じる要因になった。でも現実はそうではなかった。

右肩上がりに揚々とした日々を送る中で、そしてそれを失っていく中で、仙台で暮らしている、及び暮らしていた証拠として祭り上げた物がある。土産物のお菓子、仙台銘菓「萩の月」だ。
饅頭の形をしたカスタードクリームを包んだカステラというのは、幼い味覚にも非常にわかりやすい味と体裁だった。加えて、土産物という公共的なイメージ。自他共に認めることのできる、仙台らしき物とすることができた。

今考えると、なんて急ごしらえな概念だろう、とは思う。
当時はまだあんこを快く思っていなかったので、伊達絵巻や白松がモナカではだめだった。笹かまぼこもスーパーに売ってるじゃないか、と。
成長して味覚が肥え、そういうものの良さを新たに覚えつつ、萩の月にもさらに良さを感じるようになっていった。そうして徐々にアップデートをしつつ、特別な物という認識は今でも消えない。
模造品を口にする機会もあったが、その度に萩の月が唯一の存在だという認識も深まっていった。

そんな萩の月を頂き、久しぶりに口にした。

カステラ生地はしっとりしていて、非常にきめ細かさを感じられる。カスタードクリームはきめ細かくなりつつも、幾分か生地に残るカステラらしさに合わせるかのように、細かく粒が立ち、柔らかすぎず、固すぎない。
よくあるカスタードクリームのような甘さが表層を撫でていくような感じはなく、ずっしりとまでは言わないが、適度な重さのコクがある甘みがたまらない。

部屋で一人で頬張ると、郷愁の念もこみ上げる。
ただし、大事なお菓子に無用な塩味をつけないように、気をつけて、気をつけて食べないといけないのだ。

9月 5, 2012
tronmc

ガリガリ君 コーンポタージュ味

ガリガリ君だけど、氷ではなくガリガリはしない。


確かにコーンポタージュといえばコーンポタージュなんだけど、コーンの甘みが強調された味。クリーミィなところがあって、そこがポタージュだな、と。
また、本物のコーンの粒が入っていて、妙にリアリティがあるのがおもしろい。

まずくはない。むしろイロモノとしてはおいしい方なのでは。どこかの町おこし商品としてあってもおかしくはないかも。

食べられないということはないし、罰ゲームでもない。
ただ、ほとんど倍の値段だし、すすんで買って食べようとは思わないかな。
でも、よく味わえるような味ではなく、独特なところがあるので、すごくハマってしまう人もいるんじゃないかと思う。
そういう意味では、一度トライして欲しい味。興味のある方は是非!

3月 8, 2012
tronmc

はちみつ如きで恥じるな危険

はじめてのことなのでこうして書くのだが、「元祖にんにくや」というファミレスでハニートーストを食べた。
かかっているはちみつが足りなくなったら、かけ足すので呼んでくれとのことだったが、他の席でそれをやっている店員さんがなぜか「♪ぶんぶんぶーん はちがとぶー」と歌っている!
それを見たら、なんだか恥ずかしくなってしまい、間違ってもはちみつをかけられないよう、一生懸命アイスをはちみつのないところにも延ばして完食。声をかけられないとやらないシステムなのか、相当要りませんオーラが出ていたのかはわからないが、お店からの干渉は無くのりきった。

しかしながら、振り返って考えると、何がそんなに恥ずかしかったのだろうか。「いや、恥ずかしいことなどない!」という話ではなく、恥ずかしさの質、種類について疑問に思った。なんかモヤモヤするので「店員」、「お客さん」(自分たち)、「他の客」と分けて考えてみたのだが、結論から言うと、それはただの自意識過剰なんだと思う。

RIMG1607

まず、「大衆の前で歌わされるなんて、店員さんかわいそう」と同情のような気持ちが浮かんだ。だが、メイド喫茶でやることとに近い気がして(と言いつつメイド喫茶に行ったことはないのが今回の元凶たる不勉強か!?、適当にググっていたら、それはめちゃくちゃ余計なお世話なのだ、と知った。仕事なんだから。(マニュアルなどに書いてあるのなら余計に!)

(例):元メイド喫茶店員だけどなんか質問ある? 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww:

だから、他の客からの同情の視線も意味を持たない。また、「なんだこいつら」はほとんど冗談。そもそも本件と関係無い。

また、自分たちは他の客から見られている、という意識も出る。だが、先に歌を歌われたテーブルの人のことを思い出そうとすると、ぼんやりとしか覚えていないことに気付く。店員についても同じだ。人を見てはおらず、現象を見ていたのだ。もっとも、自分に注意力がないとか、逆にあちらに目をひく要素がない、なんてことを考慮するとミもフタもないし、本当に見られて困る身(指名手配されている、とか)だったら、それはそれで大事なことでもある。なので、こういうのは幾分か被害妄想的なのだろう。

それに付随して気が付いたことなのだが、「(他の人に)見られている」というのは、自分たちの世界に没入できていない/していないということではないだろうか。

本件、どういう現象なのかググらずにはいられなかったのだが、そのとき、Youtubeに公開されたいくつかの動画を目にした。公開されているものとはいえ、プライベートなもののようなのでリンクは控えるが、ざっくり言うと、家族でファミレスで食事しましたよ!っていう様子をが撮影、編集されたもの。
結婚披露宴で流れそうな、ホームビデオとしては上手な編集の動画(ニコ動なんかもそうだけど、気軽なようでいて難しいっていうか…やれる人、うらやましいね!)で、それがYoutubeでオープンに見られるっていうんだから、これを作った人は、そもそもファミレスで「他の客」がいたって気になるまいよ。偶然その場に誰が居合わせようと、よっぽどでない限り気になるまいよ。同様に、自分のように偶然その動画に辿り着いたヤツがいても。結果論だが、ファミレスに止まらず、Youtubeという場で、場所・時間を拡張して、なおも平気ですよ、という解釈になるわけで、その動画の存在、及び作った人の(少なくともプライベートに関する)考え方と価値観は、この記事と、それを書いた野郎とは明らかに異なる。ひょっとすると、リンクを控えるのも、「やるだけムダ」な行為なのかもしれない。

おかしいのは自分の考え方だと思う。その動画の作り手さんの方がまとも。ファミレスといい、ビデオといい、サービスや製品をどれも真っ当な感じに使いこなしていて、スマートだ。それは尊敬に値する。
ただ、自分は「ネットに顔を載せるなんて!」(要は個人情報を晒すなんて!であり、そういう商売でない限り、顔もそれにあたる)というような考えで生きてきたので、違う考え方なんだなぁ、俺にはできないなぁ、と。
是非とかじゃなくて、それだけ。本質的にはそれだけ。
なんだけれど、翻すと、俺この人みたいにスマートな使い方できないわ!ということになる。
そのスマートさっていうのは、目的のために手段を行使するということ。
プライバシーも問題がないとは言えないよ。だから、Youtubeも最適な選択肢とは言えないよ。ファミレスでご飯食べるのも金かかるよ、ビデオカメラも安くないよ、でも家族の笑顔のためだもん!動画を見ていると、そっち側の人たちは、そういう価値観が第一なんだって伝わってくる。その価値観の前には、「他の客」なんてどうでもいい、もしくは映ってすらいない。家族のための世界であり、家族が世界なのだ。
シマらないな。”World is for their family and Family is the world.” とでも書けばシマるだろうか。回りくどくなったが、これが「没入」だ。

この動画の話は美談だが、例えば内輪で騒ぎ散らかしてくる、なんて迷惑なパターンでも、自分たちの世界だし、ファミレスはツールに過ぎないし、これまた「没入」だろう。だから、すごく広い意味だけれど、周りを(顧)みないこと=没入、と言えるだろう。
(…って、こうして捉えると考えるまでもない簡単な話だなぁ)
そのように迷惑なことも起こりうるのだから、没入することに対しては、良いとも悪いとも言えない。
ただ、あのときの自分はそういう状態になかったんだな、と思うだけだ。
それにも意味が必要なら…そうだなぁ、あの動画を作らしめた力や環境は、意識してる、してないに関わらず「家族のため」というスジが通っているから生まれたものなんだと思う。強いものなんだ。それに対して自分はどうだったか?糖分が欲しいという欲求の元におっぱじめたにも関わらず、雑念に因りそれを中途半端にしか遂行してこなかったワケだ。ブレまくりやん!と。そういうことじゃないだろうか。

そういうことで、次世代を担う若者たちに次の言葉を託す…。

本日の結論:信じる者は救われる。ブレてるヤツはリア充になれへんで!w

2月 12, 2012
tronmc

男子ガッツリ相棒パン

RIMG1582RIMG1583

ドラマ「相棒」とのコラボ商品としてヤマザキパンより発売されている「紅茶&紅茶」。売れているらしいが、たしかにこれはとんでもない。

全くもって新しい商品というわけではなく、同社の「マロン&マロン」を踏襲(または流用とも)した一品。なので、大枠はそちらと同じ。
「紅茶」という標記に違わないテイストかというと、美食アカデミーのあの人あたりがケチをつけそうだが、パンの適度な肉厚感、期待を上回るクリームの充填っぷりは、男の夢として川越スマイルをもらうに足るはずだ。(ネタが古い)

RIMG1586

つまるところ、とにかくコスパもよくボリューミー、ホイップを摂取しつつ空腹を満たすにはかなり良い選択肢と言える。俺のiPhoneと比べてみるか?こんなにデカいんだぜ?イェーイ!(いや、見た目は普通じゃね?)
だがちょっと待て。これは「相棒」、しかも時期としてはSeason10のコラボ商品だぞ?

RIMG1584

右京さん(水谷豊)とそんくん(及川光博)の特命係は、こんな「男子よガッツリ食いなっせ」なイメージなのか!?もっとこう、スマートな感じじゃないの!?亀山くんならともかく!どうも腑に落ちないので、自分なりにではあるが、作中と照らし合わせてこのコラボパンがこんなにボリューミーになった意味を考えてみた。

 

1.本来彼らが背負うべきものを表している
パッケージに夜景にてあしらわれている東京。本来は、今の特命係の二人は、顔認証システムによってこの都市を神のごとくに監視すべく選ばれた二人だった。スマートな見た目の裏で、彼らはそんな壮大な理想を反故にした過去を背負っている。このパンのボリュームはそんな彼らの正義・責任の大きさを表したものではないだろうか。実は小野田さんを悼んでもいるのかも。官房長ーーーっ!

2.実は神戸尊の本質を表している
クールで二枚目なシティボーイ(死語)のように見えて、感情表現がオーバーだったり、そこそこ横柄に右京さんに対抗してみせたり。そんな神戸君の人間味溢れる様が反映されているに違いない!

3.本当は大河内監察官イメージ
「紅茶×紅茶」「紅茶&紅茶」ということで、同じ性質のものの組み合わせ。相棒で同じ性質、といえば大河内監察官(神保悟志)。聡明だが、野心的で食いきれないイメージはこのパンにピッタリだ。
懇意な神戸君の卒業で今後が注目されるだけに、このパンの売上げには彼の今後の出番を占うという裏の意味があるんだ、きっと!

 

甘党にとっては、一度に2個、3個食べるとこの世の栄華を極めたような気持ちになれるであろう素晴らしさがある、満足度の高い菓子パンだが、こうやって壮大な背景を想像すると、一個でも胃袋がガツンと満たされる思いだ。
規格外のホイップに溺れつつも、しっかりパンも食べ、一個で最大限に満足、満腹感を味わう。見た目はともかく、その賢さは特命係らしいかもしれない。

12月 29, 2011
tronmc

2011年もありがとうございました

20111231-205620.jpg

今年も一年お世話になりました。ありがとうございました。
いろいろご迷惑もおかけし、お詫び致します。

今年は去年と比べて評価できる変化が産み出せなかったと感じていますが、来年はズバッといけるよう、より一層努力する次第です。よろしくお願いします!

11月 14, 2011
tronmc

俺はそれと向き合わない

ミヤネ屋Mr.サンデーを一瞬見たら、TPPで医療が営利追求に傾くんじゃない?というようなことを流していた。ドラマ「獣医ドリトル」で國村隼がやってた獣医みたいに、安易に安楽死判定する医者が増えやしないかな。そうすると死生観も結構変わりやしないかねぇー…。

それは君のものじゃない (‘A`)無気力人間T氏のさわやか日記:

便乗して随想。

Continue reading »

9月 27, 2011
tronmc

「考える秋」

考えるエミリア
ファンタシースターポータブル2インフィニティの何がいいって、この考えるエミリアの絵がいい。
すごくニュートラルに、フラットに、考えている、悩んでいるっていうアクションを表していると思う。個人的に物思いに耽ることも多いので、思わず感情移入してしまう「絵」。

猛暑もどこかに行き、すっかり秋めいてきたけど、個人的には「考える秋」になりそう。
いろいろ勉強したことをアウトプットしないのももったいない反面、こうしてブログをやっていてもさっぱりやってない事実がある。
これはあれだ!マメさが足りないんだ!だからモテないんだ!じゃなくて…ある程度まとまった、体系だったページを作ろうと思えば頑張れるんじゃないかな?というか頑張ろうという気力だけは湧いている今日この頃。

そのために、ページ機能でなんとかならないだろうか?と、久しぶりにWordPressのダッシュボードとにらめっこをしたのですが、既にサイト(=ここ)がある状態だとあんまり簡単には使い易いサイトは作れないような雰囲気がプンプン。

知識や経験の上書きに伴ってアップデートできるマニュアルのような形で作りたいから、余分な要素(タグ打ち等。更新時の可読性に難がある)は省きたいのでCMSでいきたいのだけれど、う~ん…。

経験値という面でも、新しく何かCMSを入れるのも手。だけど、それはそれでまたサイトデザインを用意しないといけないから、本来やるべきこととは離れそうだし…と悩んでいますが、ま、プラグインやテンプレートタグも含めてゆっくりググって考えてみます。

XOOPSとかって最近どうなってんのかな。

蛇足ですが、タグ打ちも検討しまして、その副産物として、昔のサイトで作った至極くだらないものを引っ張り出してみました。どこかにしれっと追加してあるよ!w

 

[2011/09/27追記]WordPressのカスタム投稿タイプを使うとよいぞよ、というお告げを受信したよ!神様ありがとう!

ページ:1234»

Recent Tweet

category