Browsing articles in "ゲーム"
1月 7, 2013
tronmc

あけました(2013年)

あけましておめでとうございます。
昨年はスランプというか、すごく調子悪い一年でしたが、時間の経過と共に調子も上がってきているので、またいろいろやれるんじゃないかと思っております。

●プレステ3、YLoDのその後

差し当たりヤフオクで展開している修理屋さんにお願いして、一時は無事回復したものの、再発。実質3週間くらいの延命だったけれど、エクバでξがやれたので満足。
元々のハンダを再びくっつけての修理なので、再発するのはやむを得ないと思っていたけれど、こんなに早くなるとは。冬場はどうしても冷えるし、旧型だから余計に熱を持つしで、負担が大きいからだろう、仕方ないのだ。
そんなこんなで、新しいものを買う方向で検討中。龍が如く、戦国BASARA等ほんの少しの積みはあるけれど、基本的にエクバとHODのみなので、ゲーム機としては無ければ無いでいいんだけれど、Blu-rayプレイヤーは欲しい。

●貯まっていく録画ディスク

プレステ3が壊れてBlu-rayが見られないことで、正月はさっぱり録画したものを消化できなかった。備忘録として書いておく。アニメばっかりだ。最近ドラマ見なくなってきたなぁ。

・アウトレイジ
ビヨンドはともかくとして。
・劇場版仮面ライダーW AtoZ~
・涼宮ハルヒの消失
映画館で見たけれど、見直したい。とくにハルヒは尺が長いため、終盤トイレに行きたくなりつつ見ていたので、ぜひ落ち着いて見たい。
・猫物語(黒)
・劇場版マクロスF サヨナラノツバサ
要過去作予習。

●映画館

去年は映画館に足を運んで見たのはSPEC天だけだったけれど、今年はがんばって花咲くいろはHSHを見に行きます型小旅行を企んでいるのと、SPECも結が劇場らしいので、二回は足を運ぶだろうと思われる。前年よりランクアップするみたいでなぜか今から良い気分。
相棒のイタミン映画も気になる。

●ドキッ!バンナムだらけのなんとやら

去年一年を振り返って、新作のパッケージゲーム買ったのってPSPだけじゃないか、と気付く。
・まどマギP
・俺妹P続
・虹ロボ再世篇
あとはとらドラポータブルもやったなぁ。バンナム尽くし。
まどマギPだけはまだクリアできていないけれど、最近やっとやる根気が出てきたので、なんとかなるだろう。

●モバゲー

ナイトガンダムのゲームをポチポチとやりはじめて、ついでにアイドルマスターもやっている。どちらも今のところ無課金。
アイマスは、ユーザー同士の対戦で負けるとゲーム内通貨を取られるのだけれど、課金しておらず日も浅いので強いデッキを作れず、どんどん挑まれては負け、通貨ばっかり減っていく。減るとカードのレベルを上げて強くすることもできないので、余計負ける。
てな悪循環になっており、たまらずググる。すると、わざと負ける編成にしている殴られ屋さんというありがたい有志の方がおり、その人に勝って稼ぎましょうとのこと。これでだいぶやりやすくなったので、まだまだのんびりやれそう。
ナイトガンダムも通貨が足りず、カードの強化がさっぱりできない。対戦で儲かる感じでもない。なので、ゲームとしてはちょっと行き詰まっているけれど、レア度の高いカードはいわゆるキラカードのデザインになっており、ガチャ(カードダス)を回してそれが出るだけで十分。無課金でもイベントをこなせばレアが出るガチャ(カードダス)を回すことができるから、やるたびに楽しくてしょうがない。
でも、ソーシャルゲームはものすごい時間泥棒なので、やるタイミングや時間のかけ方には注意しないといけないなぁ。
IS12T(Windows Phone)が非対応であることについて、今までは「いらないし、できようがどうが関係ないや」と思っていたけれど、今は「できるようにせいやー、たぶんそうならないだろうけれどできるようにせいやー」と思うようになった。

●RG

次のバンダイのリアルグレードのプラモデルはデスティニーガンダムだとか。
SEED DestinyのHD版に合わせたようだけれど、それだったらまずインパルスを出して欲しかったなぁと思っている。
MG積んどるのに何言っとるんじゃ、と自分でも思うのだけれど、RGは最初のガンダムでコアファイターの格納が可能になっていて、これを生かして、インパルスのコアスプレンダーもやってもらえたら嬉しい。

12月 24, 2012
tronmc

ロックマンのために。USBスーファミコントローラ!

IMG_0962

PCでゲームをするときは、普段はXbox360のUSBパッドか、互換の使い道のないホリパッドEXを使っているけれど、ストリートファイター×メガマンでは十字キーがアナログスティックに割り振られてしまうので、この際十字キーしかないコントローラーを調達。

バッファローのスーファミそっくりのヤツにしたのだけれど、いまどきのコンソールのコントローラよりかなり操作性が良くて笑ってしまった。もちろん、今はこんなパッドじゃできないゲームばかりなのは百も承知だけれど、ことロックマンに関しては、これがかなり良い。

3DSでのVC配信で4,5,6を遊んでいて、Wiiの2にも改めて手を付けて、さらにXBLAでDLした9もやり直したり…と最近とにかくロックマンばかり遊んでいて、コントローラも各ハードの分だけ使っている。

一番触っているのはタイトルが多い3DS。これはボタンが小さくてちょっと大変。方向キーは誤入力が出やすく感じる。小ささゆえ、どうしても押すとき接地する指の腹が上目になるので、普通の感覚で触ると押せていなかったりすることがある。また、折りたたみらしくキーストロークが浅い。なので通常のものより極端な運指になることが多い。4つボタンも間隔が小さいからまぁまぁ難儀。
気に入ってはいないけど、そんなに悪いわけでもなく、ロックマンは十分にやれている。

Wiiリモコン。これも3DS同様十字キーが小さめだけれど、キーストロークが深い…というかキーが高く出張っているから、そんなに力を入れなくても動かせる。1、2ボタンも出張りは同様だれけど、残念ながらスーファミ以降に慣れていると、横一直線のキー配置は厄介に感じてしまう。そもそもロックマンがリリースされたファミコンはそういう配置だというのに。でも、3DSよりは断然良い。
ただ、横持ちゲームパッドとしてはあんまり褒められたような形状ではない。Xbox系並みに厚いものをホールドしているのに、キーが小さいというのはちょっとアンバランス。ゲームキューブもそんな感じなんだよな。

そんな中でも、唯一大きな十字キーで好感が持てるのは、Wiiのクラシックコントローラ。無印を使っている。ちょっと形状がユニークで、初めて使ったときには奥行きの部分の味わったことのないまんまる感に少し戸惑った。けれども十字キーは、よくやってくれた!の一言。触感は柔らかめだけど、大きいは正義。
短所は4つボタン。触感、クリックが硬め。若干角が立つ感じもして、あまり連射したくないタイプだ。

そして9、10を遊んでいるXbox360。これはもう十字キーがいわずもがなだけれど、自分は世間が言うほど悪くは思っていない。他のハードと違うのは、角で操作する感覚が強いこと。十字キーなのに、アナログスティックのように外周をぐるぐる回すような感じ。角は適度に丸まっているから痛いということもない。
これについては、もうこのハードは7年くらいになるのか?ということでそこそこな期間使っているので、必要以上に慣れてしまっているからこういう評価になっているのかも。それにしても、ロックマンにはなんら問題はない。
4つボタンは押すと角が埋まって、本体との段差がかなり小さくなるけれど、真ん中は盛り上がっていて、これも他のハードとはひと味違うさわり心地。ボタン自体の大きさも気持ち小さめ。
操作のやりづらさはないけれど、独特なのは事実で、ロックマンみたいなゲームをやると、多少アウェーな感じはしちゃうんだな。そもそもハード自体が持つラインナップのイメージもあるとは思うけれど…。

最後に、今回用意したスーファミパッド。感触は最悪なはずなのに、十字キーが抜きんでて操作しやすい。
クリック感も触感も硬い方で、さらにけっこうエッジが指にひっかかる。なので、動きが激しい動的なゲームで長時間使えば間違いなく疲れる。けれど、この負荷は逆に「押している感じ」がしっかり感じられて良い。もう少しマイルドでもいいけど。
一般的な話をすれば、十字に限っては指触りなんかは断然プレステ系の方が良いし、疲れない。だけど、ガシガシ2Dアクションゲームをやるなら、きちっと指にフィードバックがあるこれを選ぶ。
今はロックマンの話だけど、さらにスピーディーな立ち回りが必要となるロックマンXだったら、さらにこれが役に立つと思う。さすがスーファミで生まれたシリーズだ。
余計なグリップや指置き場がなく、裏面が平らな本体形状も良い。そして、無駄な肉付けがない分、軽い!
4つボタンも跳ね返りが心地よいし、Wiiのクラシックコントローラもこうだったらな、と思うところだ。
今はロックマン用としてはこれがベスト。

マゾヒスティック全開でスーファミコントローラー超イイネサイコー、という書き方になっているが、もちろん硬ければなんでも良いわけではない。
上でもホリパッドEXと書いているが、ハード問わず互換コントローラでは硬い上にストロークが浅いとか、やたらギシギシミシミシして滑りが悪いといった、さらにマゾヒスティックな仕様のものも少なくない。
いくらか買っているけれど仲良くなれないものも多い。そういうものは少なくないのに、各々の純正コントローラには大きな不満を抱かずにいられるのは幸せなことだけど、なんとも不思議なことのようにも思える。

ところで、なんで任天堂ハードの十字キーはあんなに小さいのが当たり前になってしまったのだろう?
お子様用、女性用、とかっていう問題って言われても、今では詭弁くさく思えてしまうんだよなぁ。

12月 5, 2012
tronmc

YLoD発症!

今年ようやく(?)稼働率が上がったPS3だが、頑張ったせいかYLoDが発症。

Xbox360の旧モデルで起こるRRoDと同じように基盤マターらしい。(どちらもハンダ?)
360は保証が延長された3年のうちに起こったけど、こっちは4年長。ただ、片方は公式に認知している問題で、もう一方はユーザーの推測レベルの話なので、どちらが良いとも悪いとも言えない。

さしあたり、後面排気口からドライヤーで温める応急書で、入っていたディスクは取り出すことができた。一回ではできなかったけれど、何回かチャレンジしたら成功。
その後少し普通に動かして調子を見たけれど、そんなに長くない時間で再発。

最近はPS2機能は使っていないので、新型に買い換えるのも手かもしれないな、とは思っているけれど、すぐすぐポンと買える懐具合ではないし、それでも旧型は持て余すことになるので、公式サポートを切り捨てて、ヤフオクあたりで見つかる業者に修理を頼んでみようかな、とも思っている。

クスィーがくるエクバや龍が如くをやろうかな、って矢先で、しかも何かと物入りな年末年始も近く、一番嫌な時期に壊れてくれたもんだ!と思う次第。

11月 29, 2012
tronmc

Xbox360:SE版コントローラは仕様が違う?

IMG_0955

【11/30追記】
一日経った29日、おかしな挙動に逆戻りしました。不具合(?)は解消されていないということに。

11/27のアップデート後、不具合(?)は解消して、通常のプレイ&チャージキットとワイヤレスコントローラSEでの充電が問題なくできるようになった。本当にOSの問題?

箱。
去年ワイヤレスコントローラSEを購入し、ワイヤレスコントローラーとプレイ&チャージパックが都合二つになったのだけれど、よくわからないのが、プレイ&チャージキットの互換性。(もっとも、ワイヤレスコントローラSEをそのセットのまま使っていれば何も問題ないのだけれど)
ちなみに古い方のものは、発売記念パック同梱品と、別途オプションで買ったもの。どちらも発売時に買ったので、相当年月が経っている(そろそろ7年?早いなぁ!)。便宜上「旧」をつけて表記する。SEはSE。
本体はS 250GB。発売時に買ったもの。

互換性と言っても、挙動がおかしいのは、旧プレイ&チャージキットのケーブルで、SEを充電する場合のみ。

●結論

SE付属のプレイ&チャージケーブルで旧コントローラもSEコントローラも充電できるので、それ一本あればOK。何の問題もない。
(ところで、充電しかしないんだから、プレイ&チャージケーブルって名前はややこしくないですか)
このエントリでごちゃごちゃ言うのは、SE付属のケーブルを梱包から出すのが面倒くさくて旧ケーブルで充電したら具合が悪い、という話。SE自体には何の問題もない。

●去年はなんとか充電できていた

昨年購入した当初は、SEコントローラは旧ケーブルでも充電はできた。ただし、何度か抜き差しをしないと充電が始まらず、ケーブルとコントローラのかみ合わせが悪いのかな、と思っていた。
去年の年末くらいだったか、その後しばらくして、一時期SEコントローラを使わなくなった。レースゲームを中心に遊んでいて、繊細な操作をするにはアナログスティックのゴムがすり減った旧版の方が手に馴染んでいたからだ。
(繊細な操作と言っても客観的に見たら全然繊細じゃないと思う)

●今年は、通電するが、充電されない

で、春だったか夏だったか…今年に入って同様にSEコントローラと旧ケーブルで使い始めると、なんと、充電されない。
が、無反応でもない。そのままシイタケを押しても本体が起動しないSE(=バッテリーがすっからかん)を、本体と旧ケーブルでつないでシイタケを押すと、本体もコントローラも起動する。ところが、なぜか旧ケーブルのランプは緑。つまり充電完了時のランプだ。このとき、かみ合わせの問題は発生しない。
SEを旧ケーブルでつないだまま本体の電源を切ると、本来行われるスリープでの充電が行われない。ランプは少しの間緑だが、赤にならずに消える。また、いくらか時間をおいても、本体起動中に、本体から旧ケーブルを抜く、旧ケーブルからSEを外す等して接続を切ると、SEは動かなくなる。
使わない期間の間に本体周りで変わったのは、システムアップデートくらい。OSとはいえそんな挙動まで変わるか?

●バッテリーは全く同じ仕様らしい

旧コントローラに旧プレイ&チャージキット付属バッテリーを装着し、旧ケーブルで充電して使っていた。これは昔も今も当然問題ない。
その旧バッテリーを充電された状態でSEに付けると、当然だけどケーブル接続なしで動く。 充電はやっぱりダメ。
SE付属のバッテリーを旧コントローラに装着すると、充電が可能だったし、無線での動作も可能だった。
なので、バッテリー自体には問題や差異はなく、ケーブルとコントローラの相性っぽい。

●まとめ

・なぜ「通電はするが充電されない」(なおかつ状態は充電完了)という現象が起こるのか。
・なぜ去年と今年で挙動が違うのか。
・ていうかそもそもコイツラ同じ(仕様)じゃないのか。
→物がないし集める気も無いので検証しないが、これはSEだから起こる現象なのか、それともコントローラやケーブル自体に製造時期や、その他要因で満足する動作をしないくらいの違いがあるのか(SEと同様に動かないものが通常のコントローラでもあるのか)どうか。SEは同梱だが、 通常は別売りだからヤバいのでは。

ワイヤレスヘッドセット(非Bluetooth)が過去に仕様変更したらしい(色が変わったとき?)のだけれど、そのときに初期型の修理を断られたことがあり、そういうことになったりするのだろうか、と一応まとめた次第。

10月 18, 2012
tronmc

3DSVC・ロックマン4で20年前を思い出す

ロックマン4が3DSのバーチャルコンソールで配信されたので、ダウンロードし、遊んでいる。
このソフトをやるのは約20年ぶりだ。

たしか、初めて自分で買ったファミコンソフト。
初めて我が家にやってきたロックマンシリーズ。
テレビゲームに本気になったのも初めてかもしれない。

昔は、4より前の過去作は手元に置いてやったことがなく、部分的にしかやったことがない。
今でも、全部Wiiのバーチャルコンソールでダウンロードしたが、クリアできずにいる。同じようなものを積みゲーにするのもなんだし、4以降の物はWiiで買うのを控えていたが、今回はハードも違うしまぁいいか、と。
それと、今は昔より腕が落ちているのかどうか、確かめたかった。
1~3ができないのは、昔より腕が落ちているからかもしれない。けれど、そもそも昔きちんとやれていないのだから、比べようがない。4は確実に自力で全部やっていたので、4ができないようであれば、やっぱり腕が落ちているのだろう、と。

3DSの小さいボタンで、ニューロックバスターをチャージしながら動き回るのはなかなか指にきたけれど、正味一時間半くらいで、8大ボスを倒すことができている。
昔も一時間前後だったと思うので、ブランクを加味すれば上出来な方ではないかと思う。
リングマンを倒すのに少々苦労したが、それ以外はさほどつっかかることもなくクリアでき、そんなに腕は落ちていないのだな、ということがわかった。
20年も経っても、同じようにことが運べるのは嬉しい。最近のゲームはそうはいかないもの!

また、想像以上に進め方を覚えていた。
やればやるほど攻略法(というほどたいしたものじゃないが…)がスルスルと思い出されて、自分でも驚いた。記憶は、アイテムがどこにあるか、このトラップはこう抜ける、この先どんな仕掛けが待っているか、といった情報から、当時どこここにどう苦しんだか、得意だったか、といった想い出まで、けっこう多岐に渡り細かいところまで及んでいて、よく覚えていたな…と我ながら感心してしまった。
あるとすら思わなかった財宝を掘り起こしたような気分で、素直に嬉しい。

その一方で、おそらく、この記憶は約20年前にあった事柄の中で、一番鮮明に、具体的に覚えている事柄だな、という実感もあり、それに寂しさを覚えるのも否定できない。
20年も経つと、現実的にもう会えない人、見られない景色もある。
今回のことから、そういうことも連想するのだが、それらがおぼろげ、不鮮明だから、余計に辛い。
(時事なんかはからっきし覚えていなくて、そういうのは痛くも痒くもない)

ただ、今度のことは、ロックマン4というソフトに改めて触れたからこそ、思い出せたこと。
歯抜けのパズルの空いたスペースに、想い出を、記憶を並べていく…ということができたから、
鮮明に思い出せただけで、それは他の想い出と比べて、ガイドやアドバンテージがあるだけなのかもしれない。
どういう形にせよ思い出せること自体が貴重だ、というのも事実だが。

こういう体験を呼び戻す鍵は人によって様々。その側面だけでも、昔のゲームを復刻して今のゲーム機でも遊べるようにするのは、有意義な事業だと思う。
ただ、レゲーをやってひたすら懐古するばかりでは、後々今という時間を思い出す鍵を作り出せなくなるかもしれない。
だから、レゲーやるにも昔とは違う体験が残るように取り組むことや、新しく今の自分に合うゲームを見つけることができれば、ゲームライフはより豊かになるのではないかと思う。

「記憶はいつか遠い順から 想い出に変わってしまうよ」
という、当然、正論なのだが、どこか間抜けな歌詞で始まる水樹奈々の「リプレイマシン」がPSP版の「想い出にかわる君」のオープニングでは差し替えられ、消滅しているのに消沈した日と、過去作移植と噂される、セガ「2×5」ディザーの概要が発表される日の、間の日のできごとだった。

9月 7, 2012
tronmc

積みXBLA

ここ最近、Deal of WeekでXBLAタイトルの値引きがある度に「やってないのあるしなぁ」と漫然と購入を控えることがよくある。
しかし、実際にはどのくらいやっていないのがあるか、あんまり把握していなかったりする。
思い立ったが吉日ということで、この際どれくらいやり残しているものがあるのかリストアップしてみた。対象は完全版のもののみ。体験版状態のものは、ついでにお掃除!

●積み状態のもの
・Carcassonne
・Dash of Destructions
・DEATH BY CUBE
・Feeding Frenzy
・Feeding Frenzy2
・KOF SKY STAGE
・LUMINES LIVE!
・Marble Blast Ultra
・Portal:Still Alive
・Super Meat Boy
・トラブルウィチーズねお
・Undertow
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ2

…13タイトルも…。我ながら少し呆れた!
次世代機のウワサも飛び交う中だけど、1年2年は余裕で遊べそうな数だ(汗)。

●やりこみが必要なもの
・ボンバーマンLive
・UNO
・UNO RUSH
・斑鳩
・トリガーハートエグゼリカ
・餓狼MoW

これは、ある程度手をつけたり、挫折気味なもの。
これらはこれらで、十分に時間が要りそう。プラス一年とか?

ま、まぁ、これらで時間を潰しているうちに、パッケージタイトルが安くなったりして、いいかもしれないね!(滝汗)

7月 7, 2012
tronmc

ゲームの勘所がわからない:アイドルマスター編

長らく、アイドルマスター(1作目)はギャルゲー、つまりはよくある二次元女子と交流したり、それとの物語を紐解くゲームと勘違いしていた。
だが、あれは正確には二次元女子を使った対戦ツールだったらしい。

妹がやると言ってやらぬ360のアイドルマスターをやること多少、この間やっと対人戦を経験した。
お互いTwitterタグをLiveの自己紹介で晒していたため、そのとき対戦した方といくらかやり取りができたのだが、それでわかったのは、自分がネットで見聞きして覚えたアイドルマスターの攻略法は、極めてテンプレ的であり、ただ「クリア」をするためのものだということ。
自分が把握したやり方では、クリアに差し支えないものの、いまいちプレイしている割に伸びないパラメーターがあったのは、対戦をして、その上でゲームを進めていくというやり方とは違っていたからなのだ。

むしろ、そのためにアイドルマスターはわかりにくいパラメーター構造を取っていたのではないか。
クリアも一興であると同様に、対戦も一興。だが、対戦があること即ち、そのゲームにはそれなりの懐があるということではないだろうか。よっぽどのクソゲーでない限り。
その懐があったから、アイドルマスターはアーケードゲームであったし、XboxLiveに親和性のある、キラータイトルになったのだろう。

そう考えると、2が発表されたときにファンが騒いだ気持ちもわかる。
ネット対戦がないこと、一部のキャラがライバル的な立ち位置になり、プレイアブルではなくなること(竜宮小町)、男性アイドルグループの出現。
これらは、当時アイドルマスターをただのギャルゲー…二次元女子と交流するゲームとして見ていた自分にとっては、それほど驚くことにあたらず、むしろギャルゲー、そして物語の進展という文脈からすれば、あり得る展開だと思っていた。当時の炎上を冷ややかに眺めていた自分が恥ずかしい。そういうことじゃなかったんだ!と言ってやりたい。

ところが、360版はしばらくネガキャンされていたもの、PS3への移植の際は歓迎されていたように思う。ついでに言えば、もうそこそこの人気コンテンツ、屋台骨になっているような気配すらある。これはどういうことなのだろう?
一作目が好きだった人は360の時点でどこかに行ってしまったのか?もう慣れてしまったのか?対戦は諦めてしまったのか?
また、一作目から離れていく気配は本当はPSP版一作目(なんとかサンとかムーンとかってやつ)からあったのではないか?そこはどうだったのだろう?

ともかく、「アイドルマスター」は今はもうすっかりギャルゲー系と言ってコンテンツと言って差し支えないだろうし、それを嘆くような向きも、ネットの空気ではあまり感じられない。そんなもんか。
今一作目をやっている身としては寂しい反面、自分は出会うのが遅すぎたんだから、それもしょうがないのだ。

 

関連してラブプラスのことも書こうと思っていたが、十分な長文になってしまったので、またの機会としたい。

6月 6, 2012
tronmc

VF5FSが来たぞ~

image

↑再びこいつの出番!(バーチャだけはどうしてもスティックないとできない)

いよいよバーチャファイター5ファイナルショーダウン(VF5FS)の家庭版が配信!スティックあるので360で購入。(PS3に変換するアダプタとかってあるのかな?)
格闘ゲームの中では一番勝手がわかっている(比較的、だぞ比較的)シリーズなので、迷うことなし。

360版での前作「ライブアリーナ(LA)」は、実績解除が難しいクエストモードでスルメのように遊べたのだれけど、今回はそのモードがないのが残念。
ライセンスチャレンジは趣が異なるし、スペシャル組手は継続要素がないようなのでなんとも。今回はオンライン対戦重視な感じかな。

そんなこんなで殴られオンラインに旅立つわけです…

5月 1, 2012
tronmc

PSO2CBTを終えて

レベル12で終了。序盤の序盤しか触れなかったが、まずまず楽しめた。
過去作と比べてもぶっちぎりでソロに向いていない感じがあるが、初めてのネットオンリー作なので致し方ないか(360のイルミナスは…ねぇ?)

気になったのは、アクション動作の他のプレイヤーとの同期が、恒常的にズレていたこと。接続障害が改善された後もこれは続いた。
これが気になるのは戦闘時で、他のプレイヤーが、あさっての方向や、変な距離でのアクションをして戦っていることが多いのだ。単純な移動とタコ殴りが主の旧PSOレベルであればこれでも問題ないのだが、できることが増えている中ではちょっと物足りない印象。
直近のPSPο2iもけっこう連携がおもしろかっただけに、残念。

マルチパーティーエリアはともかく、通常のパーティープレイではなんとかしてほしいなぁ。
この部分でゲームとしての深みも変わってくると思うので、注意深く見ていきたいところだ。

4月 20, 2012
tronmc

はじめてのPSO2(CBT)

先に書いたようにやる気あんのか、という動作環境だが、PSO2のCBTを始めた。
そんな具合でも、さすがにグラフィックはそこそこいいし、動きもなかなかにスムーズ。PSUを基準としても、GCでアホほどに遊んだPSOep1&2がXbox版だと別もんレベルじゃねぇか~、というくらいには感動できた。

とりあえずハンターとレンジャーを作って、チュートリアルで基本操作は覚えた(んだよな?チュートリアルで足りるよな?)。アクションについては、ほぼPSPo2に近い感じだが、ジャンプ等順当にやれることも増えていて、それにともなって使うボタンも多くなっている。
ただし、回避アクションが無制限に実行可能なので、戦闘中に歩きを使う機会は減りそうだ。少なくとも、歩きをすることで「一生懸命避けてるなー」と思えなくなりそう。片手でスティックをぐりぐりしながらのそれは、貴重なテキストチャットの打鍵時間だっただけに(待て)、残念だ。今はいろいろとボイスチャットの手段もあるので対したことではないだろうが、野良には大変か?
それはともかく、心なしか戦闘に関するゲームスピードが早めな気がするし、やれコンボだ、やれキャンセルルートだ、という話も盛り上がりそうなので、遠からず忙しい操作が要求されるゲームになりそうだ。

ソロってたのでパーティーやチームといったネットワーク周りの話は知らないが、ソロなのにうっかり他人と鉢合わせしてしまう、マルチパーティーエリアというのはおもしろそうだ。より流動的にフラフラ野良ができるのであればありがたいが、どうなることやら。
ま、もうちょいやってみます。

ページ:«1234567...31»

Recent Tweet

category