Browsing articles in "ニンテンドーDS/3DS"
10月 18, 2012
tronmc

3DSVC・ロックマン4で20年前を思い出す

ロックマン4が3DSのバーチャルコンソールで配信されたので、ダウンロードし、遊んでいる。
このソフトをやるのは約20年ぶりだ。

たしか、初めて自分で買ったファミコンソフト。
初めて我が家にやってきたロックマンシリーズ。
テレビゲームに本気になったのも初めてかもしれない。

昔は、4より前の過去作は手元に置いてやったことがなく、部分的にしかやったことがない。
今でも、全部Wiiのバーチャルコンソールでダウンロードしたが、クリアできずにいる。同じようなものを積みゲーにするのもなんだし、4以降の物はWiiで買うのを控えていたが、今回はハードも違うしまぁいいか、と。
それと、今は昔より腕が落ちているのかどうか、確かめたかった。
1~3ができないのは、昔より腕が落ちているからかもしれない。けれど、そもそも昔きちんとやれていないのだから、比べようがない。4は確実に自力で全部やっていたので、4ができないようであれば、やっぱり腕が落ちているのだろう、と。

3DSの小さいボタンで、ニューロックバスターをチャージしながら動き回るのはなかなか指にきたけれど、正味一時間半くらいで、8大ボスを倒すことができている。
昔も一時間前後だったと思うので、ブランクを加味すれば上出来な方ではないかと思う。
リングマンを倒すのに少々苦労したが、それ以外はさほどつっかかることもなくクリアでき、そんなに腕は落ちていないのだな、ということがわかった。
20年も経っても、同じようにことが運べるのは嬉しい。最近のゲームはそうはいかないもの!

また、想像以上に進め方を覚えていた。
やればやるほど攻略法(というほどたいしたものじゃないが…)がスルスルと思い出されて、自分でも驚いた。記憶は、アイテムがどこにあるか、このトラップはこう抜ける、この先どんな仕掛けが待っているか、といった情報から、当時どこここにどう苦しんだか、得意だったか、といった想い出まで、けっこう多岐に渡り細かいところまで及んでいて、よく覚えていたな…と我ながら感心してしまった。
あるとすら思わなかった財宝を掘り起こしたような気分で、素直に嬉しい。

その一方で、おそらく、この記憶は約20年前にあった事柄の中で、一番鮮明に、具体的に覚えている事柄だな、という実感もあり、それに寂しさを覚えるのも否定できない。
20年も経つと、現実的にもう会えない人、見られない景色もある。
今回のことから、そういうことも連想するのだが、それらがおぼろげ、不鮮明だから、余計に辛い。
(時事なんかはからっきし覚えていなくて、そういうのは痛くも痒くもない)

ただ、今度のことは、ロックマン4というソフトに改めて触れたからこそ、思い出せたこと。
歯抜けのパズルの空いたスペースに、想い出を、記憶を並べていく…ということができたから、
鮮明に思い出せただけで、それは他の想い出と比べて、ガイドやアドバンテージがあるだけなのかもしれない。
どういう形にせよ思い出せること自体が貴重だ、というのも事実だが。

こういう体験を呼び戻す鍵は人によって様々。その側面だけでも、昔のゲームを復刻して今のゲーム機でも遊べるようにするのは、有意義な事業だと思う。
ただ、レゲーをやってひたすら懐古するばかりでは、後々今という時間を思い出す鍵を作り出せなくなるかもしれない。
だから、レゲーやるにも昔とは違う体験が残るように取り組むことや、新しく今の自分に合うゲームを見つけることができれば、ゲームライフはより豊かになるのではないかと思う。

「記憶はいつか遠い順から 想い出に変わってしまうよ」
という、当然、正論なのだが、どこか間抜けな歌詞で始まる水樹奈々の「リプレイマシン」がPSP版の「想い出にかわる君」のオープニングでは差し替えられ、消滅しているのに消沈した日と、過去作移植と噂される、セガ「2×5」ディザーの概要が発表される日の、間の日のできごとだった。

1月 11, 2012
tronmc

スッペルマリオツリーディーラン

タイトルコールがそう言っているように聞こえる。そこくらい普通の発音でいいんじゃないのか?w

自主的にマリオのゲームをやっている。64以降ロクにチェックしていないし、関心もなかったので、自分でも「気が狂ったか!?」と思っている。なぜかやたらおもしろい。騒ぐほどではないけれど、おもしろい。

3Dアクションというと、プレイヤーキャラの後ろをカメラが追いかけてくる構図のものが多いが、これはプレイヤーキャラ(マリオ)ではなく、エリア、シーンに対してカメラが設定されている傾向。同じステージでも、場面場面でカメラワークがコロコロ変わる。
ステージの構造・仕掛けと併せて、カメラワークもコースデザインの一要素となっている感じ。作るの大変だったろうな…。プレイヤーとしても都度それについていくのは簡単ではないのだけれど、それがアクションゲームとしての、ほどよい緊張感を生んでいる。

3Dアクションというのは、理不尽な結果の起こりやすいジャンルだと思う。モデリングやカメラの都合によって、ソフト側が(仕様ではあるけれど)不快な動作をすることがあるのはもちろん、距離感が掴みにくい、動ける位置(座標)が広すぎる(多すぎる)といった理由により、自由度が高い反面、ファミコン世代の言う「攻略」という概念が通じにくい。厳密なアナログスティックの位置や動かし方は十字キーとは違って、テキストでは伝えられない。遊びやすいゲームを指向すると、大雑把でも通じるフィールドデザインと、実質別のゲームに差し替えられる仕掛けの頻出という方向に行きがち。
そうやって、ムービー+QTE…なんてあたりまで突き詰めるのも一概に悪いことではないと思うけれど、スーパーマリオ3Dランドは、そうじゃなくて、フィールドを歩き回ることや、チョコチョコ位置を調整して動いていく方に指向していると思う。
反面、普通の3Dアクションよりも操作にはいくらか緻密さが求められる。だがその分、ミスをしたときは納得してミスを受け入れられる。だからミスをしたとき「しょうがない」とはならず、「悔しい!」と思えるようになっているし、テキトーではなく、適切なリアクションをしようという意識が出て、ここちよい緊張感につながる。

とにかくデザイン性が強いので、自分が工夫していく、という部分は若干弱い。たぶんそういう思考だと「遊ばされている」方向に捉えてしまう向きもあるかもしれないが、そんな目くじらを立てる”叩きどころ”もあんまりないし、これはこれでいいのかな、と思っている。

1月 5, 2012
tronmc

ポケモンキーボードを活用できてないワケ

新色(クロ)が出るタイミングが(値段から見て)微妙絶妙な感じがした、いわゆるポケモンキーボード。
私も昨年の五月末に買って、使い始めて半年が過ぎたのですが、ぶっちゃけあまり有効に使えていない(;´д⊂

個人的ながらも、これはポケモンキーボードに限らず、現状iPadとBTキーボードを使う場合確実に起こる問題なので、小手先の解決策はないと思われるのだけれど…普段はWebブラウザで調べ物をしながら書き物をするのが当たり前になっていて、そのときはまずポインティングデバイスに触らないのだけれど、iPadではそうはいかない…というのを克服できていないので、そう感じるのだろう。

ネックなのは、以下の二点。
・アプリのタスク切り替えができない(脱獄してればできるアプリがあるんだっけか…?)
・ブラウザのタブ操作ができない

アプリケーションとブラウザのタスク切り替えをキーボードで行うのはもちろんだけれど、PCだとブラウザもほぼキーボードで扱っていて、マウスはリンクのクリックにしか使ってない=ほとんどハードキーとして使用していることに気付いた。ブラウザはFirefoxなので、キャレットブラウズを覚えたら本格的にキーボードのみで動けるかもしれない!
実はキーボードで文字が打てるかどうかより、ブラウザが使えるかどうかの方が自分には問題なのかもしれない。(変なヤツだな…)

なぜにブラウザが頻繁に必要かといえば、自分の言葉や知識にすぐ疑いを持ったり、自信をなくして、つい検索してしまうから。自分自身もうちょっと賢ければ、ブラウザはそんなに必要なくなって、こういう問題も起こらないんだろうけど、それは一朝一夕にはどうにもならないね。いっそ書くときはネット切るか(笑)

そんなポケモンキーボードだけど、悪いことばかりではなくて、良いこともある。
これまたポケモンキーボードオンリーな話ではないのだけれど、アイソレーションのキーボードがすごく自分に合うな、という発見ができた。
打鍵スピードが速くなって「俺こんなに打てたの!?」というくらいだし、指への負担も少ない。クソほどに爪の長さを気にしなくて済むのも反則的に良い。
文書入力を改善するには、iPadがどうこうの前にキーボードをどうにかしなさい、って話みたいだ。

結論:きっちり入力画面とにらめっこできるなら、とても良いものみたいです(^_^;)

12月 22, 2011
tronmc

はじめてのNEWラブプラス体験版

HNI_0031HNI_0029

RTCありきのゲームで起動制限30回は大変じゃ、と思ったけど、体験版はジャイロセンサーでポリゴンモデルの写真を撮るモードしかないみたいなので、それほど心配することはなさそうだ。
でも、旧作をやった身としては、新しいデフォ容姿とポリゴンモデルに慣れる機会という意味で「体験版」という意味はあるのかな、と思った。

HNI_0050HNI_0049

別人な感じで最初は戸惑ったもん。バーチャファイター3がバーチャファイター4になった感じ。顔のラインも細くなってて、あれっ、っていう。生え際が見えるのも技術的進歩ながらも、ちょっと心の準備が…!っていう。
撮った写真はSDカードに書き出し可能。本来は3DSに写るモノとはいえ、今のご時世に外部で見ると少し物足りないサイズや画質なのは否定できない。
撮影の際にはエフェクトを選択することができるが、前もって選択する方式なのは現実的。中には被写界深度がどうとか、HDRが云々という素人にはキツい名前のエフェクトもあり、それが意味するところを勉強しておきなさい、というメッセージを得られるのも体験版として有意義なのでは。

HNI_0041

旧作では指でマイクを叩いたり、ガイアメモリを鳴らしていればなんとかなった音声認識については、この体験版ではそれほど容易にごまかせないようだと感じた。
ゲーム側は「『イイネ』と言ってテンションを上げよう」、「カノジョの名前を呼ぼう」などと要求する(そうしろというTipsを出してくる)が、さすがに恥ずかしいので「かぐらちゃ~ん!かぐらちゃ~ん!」と叫んでいたら認識してなにやら動いていたので、やっぱりそれほど心配することはなさそうだ。

8月 3, 2011
tronmc

3DS値下げによる、任天堂からの「ありがた迷惑」動画

DSC_0001

先頃ニンテンドー3DSの値下げが発表された。いろいろ大変なようだけど、一番これはどうかな?と思ったのは、Wiiや3DSの公式な動画(ニンテンドーチャンネル、eショップ)サービスにて配信されている謝罪文の動画。

内容は任天堂公式に掲載されているものと同じようなもので、音は無く、ただテキストがスクロールされるだけ。3Dでもない。
機能的に無理なのだろうと邪推してしまうが、ブラウザを積んでるんだしそこにリンクして読ませるとかするほうが何倍も有意義というような内容だ。
3DSのeショップに至っては、商品紹介やお知らせ欄に任意スクロールでの閲覧が可能なテキスト埋め込みエリアがあるだけに、余計におかしく感じてしまう。

わざわざ独自のサービス上で、3~4分という少なくない時間を拘束してしまっていい内容ではないと感じた。同じような体裁のテキストを垂れ流すこともさることながら、無音なので自然と注意も視覚に向くから厄介だ。
一応はユーザーがそれを選ばなければ見られないもので、見る、見ないの選択、責任はユーザー側にある。くだらないと感じたら途中でやめることもできるし、情報自体が初見の人には有用で、鑑賞に堪えるものかもしれない。そういう意味では、数分の中で、何か専用サービスの動画ならでは特別なものを期待して最後までお付き合いするか?というリアル寄りな二択ゲームとも言えるが、そんなゲームがおもしろいなら3DSなんて必要ないはずだ。

任天堂の「伝えたい」気持ちの強さゆえのことだと解釈しておきたいところだが、それにしてもありがた迷惑と言わざるを得ない(^_^;)

視聴しながら、コンテンツとしての残念感は、(2ちゃんねる的だが)まさに「葬式」と言うにふさわしいと感じた。
読み上げでもされたら、それはそれで怖いかもしれないが、メディアとしては、聞き流せるからその方がまだマシだ。
今回の値下げはそれほど任天堂にとってはとんでもない事態と言えそうだが、だからと言って許容していいものではないだろう。大変なことがあったら、こういうものを流せばいいとされたら嫌だ。
Wii、3DS、それぞれの場(配信サービス)にふさわしい内容かどうかも悩ましいところだが、まずは今後こういう変な伝え方が使われないよう、祈るばかりだ。

そして、値下げで普及して、すれ違い通信が田舎でもバンバンできることも祈る!

5月 30, 2011
tronmc

ポケモン打つべし。

やるって言ってたあれはどうなった?書くって言ってたあれはどうなった?
今やろうと思ってたところだよ!……とは言えませんが、覚えてるもんは(ぉぃ)順次やってきますやれよクレームはウェルカムで。

その代わり、やった暁には言い訳をたっぷりと追加してエントリにしようと思います。
で、その一環として、とりあえず、こんなの買ってみました。

1000000156

目下、ブログだの物書きだのなんだのをやるにあたって問題にしているのが文字入力環境。脱W-ZERO3のせいもあると思いますが、昨年末あたりからムダに腐心しております。このブログの更新頻度が低いのも、書くのに時間がかかってるから、というのが少なからず。
問題は別のところにあり、無駄なこと書き過ぎかという視点もありますが、それも一朝一夕には変わらないし、こんなブログでそんなん云々言ってるのもナンセンス。とにかく打つべし!打つべし!
ということでタイピング練習します。

Continue reading »

3月 4, 2011
tronmc

ニンテンドー”らしくない!”3DS(3DSファーストインプレッション)

RIMG0561

考えてみると、今持っているLiteを買ったのは何年前だったか。出てあまり経ってない品薄の頃、たまたま居合わせた家電量販店で販売のお知らせがあったので、即座に列に入って購入したのは覚えている。
考えたらなんだか遠い昔のような気がして、無線LANもWEPなのでつないでないし、そろそろ換えどき?ということで本体のみ購入でございます。

昨年母にDSiLLを贈ったのだけれど、そのときは電源スイッチのボタン化、ボリュームボタンのデジタル化になんだか違うハードのようだ、と驚いたけれど、今回の3DSはまた違った驚きがあった。

なんだか、任天堂の携帯ゲーム機らしくないんだ!
何がっていうと、大きく二つ。

一つは画面、グラフィック周り。
3D表示については、思ったよりも自然に、且つキレイに見られると感じた。
この裸眼3D表示なのだが、先んじてドコモのLYNX 3D、ソフトバンクのガラパゴス003SH等実装されたスマートフォンが出ていて、それはお世辞にもキレイなものではなかった。LYNX 3Dのは寄り目が必要なような感覚があって、見ていて酔いそうなものだった。003SH(現在出ている005SHも同じだが)はそれよりは見られる3Dだが、解像度は良くなかった。2D表示にすると非常にキレイな画面が体感できたので、本当に残念極まりなかったものだ。
それが3DSときたら、きちんと見られる絵ヅラ、解像度で裸眼3Dを実現している!テクノロジでこんな時代の最先端みたいなことをするのはなんだか任天堂らしくない!

もう一つは、音。
代を重ねるごとにもちろん改善はされているものの、任天堂の携帯ゲーム機というと、音質や音色が2世代くらい前じゃないのか、というのが定番の感覚があった。ゲームは十分なクオリティでも、音が残念。移植ものだったりすると、そういうところが露骨が出ていた。
DSなんかはちょうどPSPという対抗馬が出てきて、グラフィックはもちろんだが、音についてもわかりやすく水を空けられていた。
…が、3DSは内蔵スピーカーの音も良く、内蔵ソフトで体感した限りだが、使っている音も悪くない。PSPにひけをとらない…いや、内蔵スピーカーならこちらの方がいいかもしれない。とにかく、こんなところも任天堂らしくない!

ここまでらしくないんだったら、ぜひともらしくないゲームもですね…。
まだ専用ソフトを買ってません。ローンチのはちょっちょ押しが弱いですかね。。何かおもしろいの、ないかなぁ…。

6月 24, 2010
tronmc

河童マナカ捕獲w

DSCF4054

最近飽きてきて放置してたので、買うかどうか悩んでいたラブプラス+ですが、唐突に「飽きているからこそのカンフル剤ぞ!」と思い買っちゃいました。

岩手県のご当地カプセルは遠野の河童です。題材としては渋いとこついたなー、という感じですが、他に差別化できるものないもんなぁ、岩手w
にしてもこの衣装はけしからんですな!

+ではDS本体時計を維持したまま、ソフト固有で日時をズラせるようで、さっそく都合良きように改変させて頂きました!
本格的にやるのはこれからなので、また後で印象等書きたいと思います。

4月 20, 2010
tronmc

うさマナカストラップをてにいれた!

DSCF3740

グッスマのラブプラス キャラクターチャームコレクション うさマナカをゲット。
わかる人にはわかる一方、知らない人にはそんなに痛いアイテムに見えないであろう(たぶんね、たぶん!)おもしろい一品です。コナミもグッスマもGJです。
本気で「彼女」にしてる人も、「彼女のフィギュアストラップ」とかヘンだろうし、イメージキャラクター的な感じで良いのでは。
でもねんどろいども出るんだよね。「彼女のディフォルメフィギュアが出る」って事実は本気の方々にはいかがなもんなんだろう、とふと思ったりすることも…。

今回はマナカだけあればよし!しかし念のため複数買いしようと思ってあみあみで購入。3個買った!(ぉぃ)
尼では一個しか買えないようだったので…。送料別ですが割引があったので定価からあんまり足は出ず満足。
ていうか尼の値段見たら吹いたwwwそしてつい買った分の伝票見直してしまったw
マナカ1770円、ネネとリンコが2000円…。微妙な価格差がマナカ哀れ。
未だ衰え知らずとでも言うべきか?ラブプラス恐るべし…。

転売はしませんよ!3個欲しくて買ったんだから!

 

12月 27, 2009
tronmc

マナカに電話をかけてみた!(資料集特別企画)

DSCF3256

木曜日だったかな?Amazonさんから予約してたマナカのもとが届きました。
(今回はAmazonにしちゃー遅かった。地元の店でも火曜日には売っていたのを見ていて、それでも発送メールが来てなかった。そこで買っちゃえば良かったかも)

で、とりあえずぱらぱら~っと軽く中身を見てみたら、(最初のページなんだけど)マナカと電話、という企画が載っていました。資料集のどこかのページに電話番号があるとのことなので、それを探して本読みもそこそこに電話!

したらこれがまた……良い!とても良い!

音質としては、(キチガイだろうけど)オーディオに通したら音割れするくらいだったので、ソースレベルで悪くしてあるみたいなんだけど、少しくぐもった感じが電話機で聞くと電話してるっぽく聞こえて、情感たっぷり。
また、音質は悪くても…という部分でさらに感動したのが、息づかいが聞こえること。ゲームでは聞けない部分だし、やっぱりこれも情感があるよね。プライベートで、心を込めて電話をしてるんだな、っていう…。

お話の中身としては、発売直後のフィーバー時からゲームをやりこんでいる紳士には初志を思い出させてくれるような、初々しいことをしゃべってくれました。なかなかツボをついて感動的なセリフもあって、泣けるで!という感じ。もちろん一方的にセリフが流れてくるだけですが、相手(こちら側)が話していることを想定しているような間も取ってあり、そこにどういう言葉が適切か考えると、こちらにも初々しい感じが求められる…そういう意味で、初志を思い出させてくれる感じです。
電話として自然かっていわれるとちょっとわかりませんが、案外電話って何でもありますからね~…。

通話料負担のみでこういうバックグラウンドやサイドストリー的に補完的なコンテンツが体験できるのはいいですね。尺は1分半強で、ゲーム内の通常イベントよりは長め。そういう意味でも補完的で良いと思います。こういうものを聞いてしまうと、ますますゲームがやめられなくなります(-_-;)

ページ:123»

Recent Tweet

category