6月 3, 2005
tronmc

ミニコンポ:「X-B8」 Hi-MD/CDチューナーアンプシステム


icon
icon

■本気で「聞ける」ミニコンポ

正直言って、今まで一体型のミニコンポって微妙だった。
なかなかデザインが良くて、オールマイティに「音の良さ」を体感できるモノが無かったのだ。

だが、やっとそんな気持ちを満足させてくれるモノが出た!
それがこのオンキヨーのFR-Bシリーズ、「X-B8」だ。

iconicon


icon
icon


オンキヨーのFRシリーズは1998年に登場し、昨年にはシリーズ累計生産台数100万台を突破したベストセラーシリーズ。一体型ミニコンポでよくある「多機能さ」に無駄にこだわったコンポではない。

・品質、音の良さ
・操作性、デザインのシンプルさ
・拡張性の高さ(音声出入力があればなんでも繋がる!)

この3点にこだわって作られているコンポだ。

たしかに音はヘタなミニコンポよりいい。がしかし、今までは得意/不得意の分野がハッキリしすぎるコンポでもあったため、たとえば変化の激しいJ-POPなどを聞くには多少心許ない面もあった。

しかし今回発売されたこの「X-B8」は文字通りオールマイティに音が良いコンポに仕上がっている。
この良さに直結しているのは、新しいスピーカー素材「New A-OMF」の採用だ。
このメーカーで現行で使われている旧素材、「OMF」「A-OMF」のモノも聞いてみたが、それらと比べても格段に良い。芯が強く且つ繊細で、かといって過度の硬さもない、そんな快い音が聞けるのだ。

■ハード面でも充実

新しいスピーカー素材の採用以外にも大きな特徴がある。
それはHi-MDオーディオへの対応だ。
従来のMDより長い時間の録音はもちろんだが、CDと同じ音質のまま録音ができる「リニアPCM」形式での録音ができるようになったのはとてもうれしい。これでレンタルCDなどもいい音のまま録音・保存ができるようになったというワケだ。
(ただし、ソニー製コンポのようにパソコンと繋いでの録音、データストレージ使用には対応していない)

また、RIDockと呼ばれる、iPod接続アダプタDS-A1(W)iconにも完全対応。iPodをあたかもコンポ内のシステムであるかのように使うことができる。

もちろんテープ、CD-R、DVDといった機器ももちろん接続可能。繋げれば、対応メディアに死角無し、だ。

■良い音楽生活を!

この通り、「X-B8」は間違いなく価格以上の価値が得られるミニコンポだ。
是非このコンポで、音楽を聞くことの楽しみ、気持ちよさを味わってほしい。
そして何より、良質な音楽によって、感慨深い思い出の1ページがつづられることを願う。


X-B8(B) 黒色モデルをe-onkyoで購入icon
X-B8(W) 白色モデルをe-onkyoで購入icon
RIDock DS-A1(W)をe-onkyoで購入icon

Leave a comment

Recent Tweet

category