5月 30, 2009
tronmc

ebayの情報商材について思うこと

私は英語をある程度なら読めます。が、日本語のようにスラスラと…とはいきません。
認識力とでも言いましょうか。
例えばGoogleの検索結果を見たとき、それが日本語のものであれば、単語、文体等パッと見で認識できて、その検索結果にクリックすべきかどうかをすぐに判断できます。
しかし、英語の場合そういうことができないレベルです。腰を据えて一語一語読んでいかないとわかりません。

そういうこともあり、英語のサービスに対しては、Googleで日本語で解説されたものがないかどうか探すことが少なくありません。オンラインサービスですとか、フリーソフトですとか。

私はebayで「売り」も「買い」もやっていますが、その中で出会うサービスなども上記と同様Google様にお伺いを立てることがあります。

しかし、大抵の場合あまり有用な情報にたどり着けません。
ebayの情報っていうのは「情報商材」として囲われている場合が多いようで…。

ビジネスレベルでやる人ならそれでいいのでしょうけど、私の場合「ホビー」でして、日本で売られていないゲームやガジェットを買って喜んだり、日本じゃたいした値段で買い取ってもらえそうにない品物がちょっと高く売れると喜ぶ…という感じなので、お金を出してまでやりたくはありません。
別に嫌儲じゃありません。
「より多くの利益を上げるための技」であれば、情報商材として売られてもいいと思いますが、基礎や技術のレベルまで丸め込まれて、公にならざるものとなるのはもったいないなぁ、と思います。

そうは思いますが思ったところでどうにもなりません。お金を出したくない人間は出したくない人間なりにコツコツ調べてやっていこうと思います。

Leave a comment

Recent Tweet

category